今冬はスキー場が、じつに十数年ぶり新設されたと

話題になっておるようです。


「峰山高原リゾート ホワイトピーク」が12月16日にオープンしました!


大規模ではないですが、スキー人口も減少の一途だし

こういうコンパクトなゲレンデのほうが良いのでは

ないでしょうか?

しかし、兵庫県北部・・・関西地方の雪って・・・

水分量が多いんですよね・・・


たくさん来日している外国人観光客も、視野に入れてるようですが・・・

キメ細かい、さらさら雪を期待する外人さん(日本人も)は、

信州や北海道に行くんではないでしょうか。



このスキー場に限らず、かつてのスキーブームを起こそうと

どこも必死みたいですね。


バブル「私をスキーに連れてって」今年で30周年 JR東、ブーム再来狙う


JR東とか、ずいぶん昔の映画まで引っ張り出してきて・・・

私はこういうタイプの商業広告映画が本当に嫌いで・・・

(原田さんは割りと好きですけど。)

おまけに声質が好きではないユーミンの歌がBGMって

嫌いなモンにとっちゃ、まず見ない映画ですね。


それに、この映画より前からスキー人気は在ったから

スキー場も混んでいたし、リフトも待つのが当然という

状況だったと記憶してます。


シュプール号が運行を止めた時点で、もう客は戻っては

こないのだと認識すべきでしょうね。


シニア世代、バブル世代は行くかな?

だけど、一番来てほしい若者世代はどうでしょう?

あの当時は無かった、娯楽が今はたくさんあるし

寒い冬にわざわざ出かけるかね?


上記の映画がヒットしたころは必須アイテムだった、

車を持ってない人も多くなったね。


スキー場とは逆に近場の温泉スパとか、ホント若者で混んでますよ。

ラウンドワンもそうだけど、こういう娯楽施設で

ぬくぬくと一日過ごしている、彼ら・彼女らを

スキー場まで連れ出すのは大変だと思うな。


でも、一番大きな理由は・・・インターネットの普及でしょうね、

バブル当時は、片鱗さえなかったツールが、娯楽そのものを

大きく変えてしまいました。


80年代末期は、アナログ全盛期☆

巷では、こういうモノが多く出回っておりました^^↓

dT1hSFIw


いまや殆ど見かけませんね、使える電話も探さないと無いという・・・


時代は大きく変わったんです。


まあ、パウダースノー目当ての外国人客に、期待したほうが良さそうですね。

欧米諸国に比べると、デフレで宿代リフト代もかなり廉価みたいですし。