2017年は、2016年度に続いて、証券口座に入金は

してません。

つまり、2015年秋から、追加で資金は投入してないことに

なります。


昨年は、近年で本当に相場が良かった年だったのだな~、

と思うのと同時に

資産増加は、まさに 資本(金)が資本(金)を

生んでくれたようなものです。



労働収入を投資に回したくない自分としては

一応は好サイクルが作れたかな、と思ってます。



実際、労働収入だけでは、一市民の私が

不労所得というもので、こんなに増やすのは無理と

いうものです。



その「不労所得」で、大きく資産を増やしている人たち…

富裕層の、そのまた上の超富裕層と呼ばれる人々、

こちらにも載ってますが…



超富裕層ってどんな人!?超富裕層の職業や生活の実態に迫る


>彼らのほとんどは、「不労所得」で年収を得ていますし、その年収額も日本円で軽く億を超えている場合がほとんどです。


>資本主義の原理原則である、「資本(金)が資本(金)を生む」という法則に忠実に大金を生み出して得ているのが超富裕層と言っても良いでしょう。



では、普通の人が、最終的に超富裕層を目指すにはどうすれば良いのでしょうか?


>まず、超富裕層どころか富裕層や準富裕層を目指すなら、雇われ人、つまりサラリーマンをやっていたらかぎりなく不可能でしょう。


>超富裕層のような資産家階級になるには、労働対価のみで年収を得る「労働者階級」ではとても無理です。


>要は、いかにして「不労所得」を増やしていくか?にかかっています。


>なので、最初は貯蓄に努めて貯金額を増やし、それを元手に有効な投資で金融資産を増やしていくのが最も現実的でしょう。



やはり、投資で資産を増やして行くしかなさそうです。