世の中は金持ち中心に動く。

1割の人間が9割の富を独占している現実。


と、本の帯にキャッチコピーが付いていた


「働きたくないけどお金は欲しい」を読んでみました。






タイトルから察するに、著者はニートさんかな?

って思っていたんだけど、成功された投資家さんだったのですね。

それも、まだ30代になったばかりのお若い方。



まだ投資をされていない人に、お勧めです。

不労所得を得たい人、労働者から資本家なりたい人には

一歩踏み出す機会になるかもしれません。


すでに投資をしている自分にとっても、”仮想通貨の本当の正体”

について、書かれている箇所は参考になりました。



しかし、株式投資初心者に


”たまごは厳選した一つの籠に全部盛れ”

というのは違和感が・・・



初心者のうちは厳選するって難しいですよ

私は分散投資を勧めますけどね。


いくつか買っていくうちに、こういう売買って

覚えていくと思うんですけどね。


特にお勉強して厳選したはずの、新興小型株に集中投資して

失敗した場合・・・

目も当てられません。


それなら大した利益は出ずとも、優待に力を入れている

街でよく見かける小売業や外食産業の株から

始めたほうがいいと思いますね。


で、慣れてきたら、キャピタルゲインを狙えそうな株を買うと。


もちろん株式投資で一番大事なのは、退場しないことですが。



SNSですぐに情報が伝わる時代

ツイッターなどで発信される情報に振り回されてはダメです。


その情報を誰がどんな意図を持って発言しているか、

その発言によって誰が得して誰が損をするか、

そういうところまで見ないといけないということですね。