2012年03月11日

いよいよ決戦!

一年の締めくくり、日本リーグプレーオフ最終日がまいりました。対戦相手は大同特殊鋼。

これまでの借りを全部返す勢いでかちに行きましょう。

勝利への執念、ファイト、オーソル!

では、会場でお会いしましょう。

fight_osol at 12:04|PermalinkComments(0)

2012年03月04日

リーグ終了と対戦相手決定!

シーズンが終わり、プレーオフの組み合わせも決定!
一番面白い組み合わせになりましたね。
大崎と湧永は一勝一敗。車体と大同は一分けと一つの勝敗。
このプレーオフは今まで以上に目が離せない3戦になりそうです。

「首位通過出来なければ優勝は難しい」との言葉がありますが、
昨年のこともありますので、
今年こそは、リーグ首位通過での優勝を決めてもらいましょう。

そして、ファン感でのビールかけ!を見せてもらいましょう。

今期最後! 勝利への執念!
みせておくれよ!

では、プレーオフ会場でお会いしましょう。





fight_osol at 22:59|PermalinkComments(0)

2011年12月25日

総合が終わりました。

時期的にクリスマスシーズンな総合。
今期は、昨年のうっぷんをはらすような車体の勝利で終了しました。
ツイッターでも書いたのですが、決勝ではキーパーの差で車体が勝つであろうと予測しました。
キーパー三人体制で望んだ車体の決勝は、三人のキーパーが持ち味を出し切って、
勝利をもぎ取ったような気がします。
正直、今、ゴールマウスについては車体がもっとも堅いでしょう。

大崎の準決勝は、大崎の勝利の方程式からするならば
1)小沢をまったく生かせなかった。これは、小沢自身がポジション的に速攻以外の部分で動けていなかった。
2)ポスト森へのパスワークがよくなかった。
この二つが大きかったと思います。

もちろん、それを生かせないように車体のディフェンスが組み立てているのですが。

それはともかく、車体が「勝ち」を覚え、日本のハンドボール界が「どこが勝つかわからない」状態が増えることは、
大崎ファンという視点ではなく、ハンドボールファンという視点で見るならば、
これほど面白いことはありません。面白い試合が増えるということなのですから。

では、しばらくハンドボール観戦はお休みです。

みなさん、よいお年を♪





fight_osol at 18:05|PermalinkComments(0)

2011年12月23日

総合がおもしろくなってまいりました♪

さて、いよい総合もあと二日ですが、面白い展開になってまいりました。
大崎は順当ですが、車体との対戦。これは最終戦を睨んでの重大な一戦になりますね。
大同と対戦するのは・・・日体大ですか。まさかの4強湧永の敗北!
すでにリーグでも4位が堅いだけに、この敗北は大きいですね。

ということで、男子の2戦は、適当にツイッターにてつぶやきますので、お楽しみに♪

fight_osol at 22:24|PermalinkComments(0)

2011年12月18日

細かくみていくと・・・

決戦の2試合だけで計算すると・・・

大崎が勝てば文句なく
1位大崎、2位大同、3位車体

大崎が引き分けると、大同が負けない限り
1位大崎、2位大同、3位車体
大同が負けると
1位大崎、2位車体、3位大同

大崎が負けると大崎に首位なし!
大同が勝てば
1位大同、2位車体、3位大崎
大同が引き分ければ
1位車体、2位大同、3位大崎
大同が負ければ
1位車体、2位大崎、3位大同

大同が首位になるのは、
大崎負け、大同勝ちのみ。

車体が首位になるのは、
大崎に勝ち、大同が引分けか負け。

大崎が首位になるのは、
車体に勝つか、引き分けるか。

プレーオフの対戦は4位は湧永でほぼ確定なので、
湧永の今期の対戦成績をみると、
1)対大崎一勝一敗、2)対大同二敗、3)対車体一勝一敗
となると、

車体が首位通過した場合、

車体対湧永(リーグ一勝一敗)
大崎対大同(リーグ大崎ニ勝)
で、大崎が勝てば
大崎対〇〇(車体なら二敗、湧永なら一勝一敗)

二敗した車体にチャレンジャーとして臨む感じですか。

大同が首位通過した場合

大同対湧永(リーグ一勝一敗)
大崎対車体(リーグ二敗)

車体を破っての挑戦といった感じですか。

大崎が首位通過した場合、

大崎対湧永(リーグ一勝一敗)
大同対車体(リーグ一勝一分)

これはわからんですな。

一番面白いのはやはり、大崎首位通過でしょうか。

さて、どうなる、プレーオフ!


fight_osol at 10:41|PermalinkComments(0)