TBSのドラフト特番に出演した2選手がハムから指名されるという、まさに「お母さんありがとう祭り」(笑)。しかし、ファイターズにとって伊藤大海と五十幡の指名は大きい。

伊藤は背番号「11」を背負ってクローザーを務めてほしいが、こちらの思惑通りになるのかは不明。。。。あくまでもこっちの希望ですが、本人もクローザーを狙っている様子。もうやるしかねぇべ!

続いて、五十幡亮汰。サニブラウンを破った逸話は、飼っていた犬よりも速かったらしい大塁やピノと呼ばれた村田よりも期待値は高い。西川と中島以外の走力がかなり劣っていたチームは、ようやく走力のある選手を獲得してくれた。あとは走塁コーチを置いて、チーム全体で走力をアップしてもらいたいところ。

こちらも「お母さんありがとう!」に出演。もう泣ける。。。。いや完全に泣いた。背負うものが大きいほど、なんだかやってくれそうな気がする。それに、西川が抜けると外野のポジションも一枠空く。こういったタイミングは大事。浅間あたりは危機感を持って来季プレーしてほしい。

3位は上武大の古川。大学生No.1捕手のフレコミ。一番の強みは打力。右投げ左打ちなので、宇佐美を軽く乗り越えてほしい存在。伸び悩みの清水も一気に抜き去るような打撃を見たいもの。解説者の里崎さんが常々言っている「捕手は打ってナンボ」。高橋信二(2004年・26本・84打点)以来の打てる捕手に育ってほしいところ。

4位は、西川の後輩でもある細川。リードオフマン候補。高校では外野からショートにコンバート。このポジションはレギュラーが確定していないので、2~3年でレギュラー奪取が目標か。

5位は、道産子の根本。サウスポーなので、堀や福田クラスの中継ぎ候補か。できれば先発として育ってほしいが、映像をまったく見ていないのでなんとも。。。。

6位も道産子の今川。社会人野球を代表する右の長距離砲。ポジションは違うが、横尾と競合する。今川が育つと、横尾の戦力外が近づく感じ。こちらは長打だけではなく走力もあるらしい。尚更いい!


↓コチラはファイターズ公式の情報

1位          伊藤 大海(いとう ひろみ)
生年月日(出身地)   1997年8月31日(北海道)
ポジション       投手
投・打         右投・左打
身長・体重       176cm・82kg
所属(出身校)     苫小牧駒澤大学(駒大苫小牧高校)
寸評「北海道出身者では球団史上初のドラフト最上位指名で鹿部町の出身。最速155キロを誇る大学生NO.1右腕で、多彩な変化球も自在に操る本格派。2018年から2年連続で侍ジャパン大学代表に選出された実績を持ち、先発とクローザーの適性も併せ持つ。1年目から投手陣を支える起爆剤として期待が大きい即戦力で、気迫あふれるスタイルでスター性も抜群だ」 


2位          五十幡 亮汰(いそばた りょうた)
生年月日(出身地)   1998年11月27日(埼玉県)
ポジション       外野手
投・打         右投・左打
身長・体重       171cm・67kg
所属(出身校)     中央大学(佐野日大高校)
寸評「驚異の脚力を誇り他の追随を許さないアマ球界NO.1のスピードスター。走塁、快足を生かした守備範囲の広さは、プロでもトップクラスのレベルに位置する。中学時代には陸上の全国大会で短距離2冠を達成し、当時は第一人者のサニブラウン選手を破った逸話も持つ。打撃もレベルアップし、機動力を生かした戦術のキーマンになれる存在だ」

3位          古川 裕大(ふるかわ ゆうだい)
生年月日(出身地)   1998年6月19日(福岡県)
ポジション       捕手
投・打         右投・左打
身長・体重       182cm・88kg
所属(出身校)     上武大学(久留米商業高校)
寸評「強肩強打の大学生NO.1捕手で、即戦力として評価が高い逸材だ。一番の強みは、抜群のセンスを生かした高い打撃力を有している。送球も含めた守備も高いレベルにあり、大学日本代表にも選出されるなど実績と経験も十分。1年目から1軍での活躍を見込め、レギュラー争いに割って入る可能性がある」

4位          細川 凌平(ほそかわ りょうへい)
生年月日(出身地)   2002年4月25日(京都府)
ポジション       内野手
投・打         右投・左打
身長・体重       174cm・75kg
所属(出身校)     智辯和歌山高校
寸評「名門・智辯和歌山高校で1年生から定位置を奪取し、不動のリードオフマンとしてけん引した。50メートル走5秒台とされる快足を駆使した積極的な走塁は強みの一つ。軽快なフットワークを生かした守備に加えて打撃も広角に打ち分ける技術を持ち、総合力は高い。主将を務めたキャプテンシーを含めた人間性、意識の高さも魅力だ」

5位          根本 悠楓(ねもと はるか)
生年月日(出身地)   2003年3月31日(北海道)
ポジション       投手
投・打         左投・左打
身長・体重       173cm・78kg
所属(出身校)     苫小牧中央高校
寸評「北海道NO.1左腕で、最速は146キロの本格派。スライダーとカーブ、ツーシームを織り交ぜた投球スタイルは完成度が高い。北海道・白老町立白翔中学校時代には全国中学軟式野球大会決勝で完全試合の快挙を達成。北海道勢では2校目の全国制覇へとけん引し、U15日本代表入りを果たすなど輝かしい球歴を持つ逸材だ」

6位          今川 優馬(いまがわ ゆうま)
生年月日(出身地)   1997年1月25日(北海道)
ポジション       外野手
投・打         右投・右打
身長・体重       177cm・87kg
所属(出身校)     JFE東日本(東海大四高校-東海大北海道キャンパス)
寸評「社会人野球を代表する右の長距離砲。大学時代にプロ志望届を提出したものの指名漏れ。入社1年目の2019年の都市対抗野球で若獅子賞を獲得するなど、さらなる進化を遂げた。豪快なフルスイングに、俊足と強肩で走守も非凡。数々の逆境を乗り越えてきた不屈の精神力に裏打ちされた勝負強さも、大きな魅力だ」




 にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村