エスコンフィールドで初めて行われた紅白戦で、怪我が心配された江越が満塁弾を放った。打撃練習中の投球で右手首にボールが直撃したが、病院にも行かずに強行出場。

「ヒビでも見つかったら2軍に落とされるから行きたくない」と語った江越は、「試合は気合」と患部にサポーターを巻いて出場していたらしい。

昭和のど根性スタイルが良いか、悪いかの判断は迷うところだが、心意気的には支持したい。開幕スタメンが手の届くとろこにあるなら多少の無理も仕方ない。怪我に強いところを見せるのもアリだ。

なんせ江越は阪神時代に「ロマン砲」と呼ばれていたのだ。今年の開幕は一世一代のチャンスなのだから。なんか、こーゆー空気の選手が目立たないと、今年のファイターズが上昇することもないだろう。

いやー、やっぱりシーズンが近づくと試合が見たくてたまらない。がんばれ!北海道日本ハムファイターズ!






 にほんブログ村 野球ブログ 北海道日本ハムファイターズへ
にほんブログ村