1: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 21:35:42.25 ID:6lBeM0str
prm1504250002-p2
 
松坂vsイチロー
藤川vsカブレラ
とか試合展開に関係なく純粋に勝負だけで盛り上がったよな
投手どうしのライバル対決でも川上vs上原とかあったし
今はなんでこういうのが少ないんや

【最近のプロ野球って名勝負やライバル対決が少なくないか? 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 20:26:26.34 ID:y7r7qmCk0
スクリーンショット 2018-12-14 20.47.45
 
巨人・阿部慎之助内野手(39)が14日、北海道遠征の際に立ち寄る札幌市内の居酒屋「ろばた焼き 大助」を貸し切り、90人のファンを招いてトークショーを行った。   
今季を振り返り、捕手に復帰する来季への意気込みなど、約1時間、軽妙なトークで楽しませた。話題は2016年に巨人からトレードで日本ハムに移籍した後輩、大田泰示外野手(28)にも及んだ。   
ドラフト1位で巨人に入団するも伸び悩んだが、日本ハム移籍後はレギュラーの座をつかみ、今季も打率・274、14本塁打、59打点と急成長。かつてグアム自主トレに同行させたこともある後輩の活躍を「泰示はハムに来てよかった。うち(巨人)にいたときは悲壮感しかなかった。彼は今、野球の楽しさを見つけたと思う。本当によかった」と喜んだ。  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00000546-sanspo-base

【阿部慎之助「大田は巨人では悲壮感しかなかった。ハムに行けてよかった」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 13:00:54.92 ID:G8PEqCeq0
スクリーンショット 2018-12-14 14.06.59
 
【MLB】大谷と「交流できる」権利が最高額の180万円で落札 駆け込み入札相次ぎ高騰

エンゼルスの大谷翔平投手と「交流できる」権利が、オークションにかけられ、同僚のマイク・トラウトを抜き最高額となる1万5900ドル(約180万円4153円)で落札された。オークション終了間際には駆け込み入札が殺到し、終了時間が延長される事態となった。
同オークションはラスベガスで行われたウインターミーティング会場で各球団が行うもので、ジャッキー・ロビンソン・ファウンデーションとニグロリーグ・ミュージアムを支援するために開催された。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181214-00266067-fullcount-base
最終的にトラウトを超えたもよう

  【大谷と「交流できる」権利が最高額の180万円で落札 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/13(木) 22:02:46.11 ID:IAcOaNcb0
スクリーンショット 2018-12-14 3.05.34
 
 アンケートは10月8-29日に開催された教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参加した12球団の265人が対象。252人が回答し、平均年齢は23・5歳、平均在籍年数は3・6年だった。 

 「引退後にやってみたい仕事」は昨年7位の「一般企業で会社員」(15・1%)が最も多く、「大学・社会人の指導者」(12・3%)、「社会人・クラブチームで現役続行」(11・5%)、「高校野球の指導者」(11・1%)、「海外球団で現役続行」(8・7%)と続いた。「プロ野球の指導者」は6位(8・3%)で、初めて5位以内に入らなかった。2013年から昨年まで5年間は、「高校野球の指導者」が1位だった。   
「引退後の生活に不安をもっているか」は156人(61・9%)が「不安がある」と回答。年齢が上がるにつれて、不安要素は「進路」よりも「収入」の割合が高くなった。NPBの担当者は「指導者として声がかかっても、いつまでやれるかという不安から選ばない選手が多く、より現実的になったのではないか」と分析した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000543-sanspo-base 

【プロ野球選手の引退後の希望職業、初めて「一般企業で会社員」が1位に 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/14(金) 08:41:39.15 ID:HZ1GFE5a0
スクリーンショット 2018-12-14 10.08.45
 
日本ハムを自由契約となったニック・マルティネス投手(28)に対し、メッツがマイナー契約のオファーを出していることが分かった。
 今季10勝を挙げた右腕は日本ハムとも交渉中で残留が基本線とみられる一方で、メジャー復帰への選択肢も残しており、現在も複数の米球団と接触を続けている。
今季ナ・リーグ東地区4位に終わったメッツはオフに元代理人のブロディ・バンワガネンGMが就任。ローテーション投手の補強を目指し、メジャーでも通算68試合の先発経験があるマルティネスに白羽の矢を立てた。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/12/14/kiji/20181213s00001173326000c.html 

【日ハム自由契約のマルティネス、メッツがマイナー契約オファー 】の続きを読む