1 :名無しのトゥミコロクル 00:00 ID:fightersmatome
1898
練習中、バットを使ってストレッチをする栗山監督



日本ハム栗山英樹監督(52)が怒り心頭で、強い親心のあまりの過激発言を繰り出した。

7日、ほっともっと神戸で練習を実施。やり玉に挙げたのは、6日の教育リーグ・ヤクルト戦で4回1安打無失点も、6四死球と乱調だった吉川光夫投手 (25)。開幕投手に決めたことを通達している期待の大黒柱候補だけに、一夜明けても腹の虫が治まらない様子。吉川が今回の関西遠征には同行していないた め、ストレスのやり場に困ってか「会ったら(お小言を)言って、殴りたいくらいだよ」ともちろんジョークで、愛のムチを入れていた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140307-00000055-nksports-base


久しぶりの過激発言きましたね

とはいえ、昨年のシーズン中に比べればまだ可愛いものかと・・・


吉川選手もまだまだ本調子
とはいえない様子
これ以上監督をヒートアップさせないよう頑張ってもらいたい
11111

ハム吉川、宝刀スライダー解禁も6四死球

日本ハムの開幕投手に決定している吉川光夫投手(25)に制球力の課題が残った。6日、教育リーグ・ヤクルト戦(戸田)に先発。4回1安打無失点も 6四死球と乱れた。春季キャンプの実戦では封印してきた宝刀・スライダーを解禁。「全球種、うまく使いながら投げられた」と、本番モード全開で臨んだが、 無失点に抑えるのが精いっぱいだった。

風のように荒れた。2回1死一塁。四球を与えた直後だった。暴投で一塁走者は二塁へ進塁。さらに四球でピンチを広げた。何とか失点は防ぎ「0点で 抑えられたのは良かった」と安堵(あんど)した。この日、周辺地域は風速8メートルを観測。左翼方向に強烈な突風が吹き荒れた。「この環境の中でも、自分 の球を投げられなければいけない」と言い訳しなかったが、納得の投球にはほど遠かった。

それでも悪条件の中で踏ん張った。「栗山監督が四球を出しても腕を振り続けることが大事と言っていた。それを信じるしかない」と怖がらずに、指揮官との約束を貫いた。
結果を伝え聞いた栗山監督は「言い訳無用」と、さらなる進化を要求。
今後も実戦を通して調整していく予定。吉川が大舞台に向けて、着 実にステップアップしていく。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140307-1266886.html


吉川「栗山監督が四球を出しても腕を振り続けることが大事と言っていた!それを信じるしかない!!」



そう信じて投げてみた結果



栗山監督「言い訳無用」



聞く耳持たずで草生える