1 :名無しのトゥミコロクル 00:00 ID:fightersmatome
01
9回、最後の打者を三振に仕留め、捕手のヒメネスとハイタッチで喜ぶダルビッシュ







02
レンジャーズのダルビッシュが11日(日本時間12日)、マーリンズ戦に先発して9回116球を投げ切り、6安打10三振3四球で今季7勝目をメジャー初完投初完封で飾った。

 メジャー3季目で自身初の快挙。昨年4月2日のアストロズ戦では9回2死まで完全投球を続けたが、あと1人の場面で中前打を許し、8回2/3を1安打無失点で降板。今年5月9日のレッドソックス戦でも無失点に抑えながら9回2死でマウンドを降りていた。

 ダルビッシュは9回2死、最後の打者をスライダーで空振り三振に仕留めると、ガッツポーズで喜びを表現。チームの連敗を止め、試合後には「いつかはでき ると思っていたけど、できて良かった。8回で代わるのかなと思ったけど、監督にいくぞと言われた。中継ぎを休ませられて良かった」とコメントした。

 1、2回に先頭打者を歩かせるなど、3者連続三振に斬った8回以外は毎回走者を出したが、ピンチらしいピンチはなし。四球と暴投で無死二塁とした1回以外は二塁すら踏ませなかった。序盤は150キロ台の速球、中盤からは変化球を交えてマーリンズ打線を手玉に取った。

 8回には、9番ヘチャバリアを変化球で空振り、イエリッチは速球で見逃し、ルーカスはカットボールで空振りと3者連続三振に仕留める圧巻の投球。9回、最後の打者となったジョーンズへの2球目で96マイル(約154キロ)を記録するなど、最後まで球威は衰えなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140612-00000093-spnannex-base


とっくの昔にしてるものかと思い意外でしたが、よかおめ!!


日本と違って球数制限など起用法が厳しい為か、改めて完封する大変さを実感



過去に2度、完全試合のオマケ付きで達成出来た可能性もあったわけですが、これもまたダルビッシュらしい感じもします



ダルの活躍を目にする度に、日ハムにいた頃を遠い昔に感じてしまう・・・

03


大谷がダルビッシュ超えや!という記事を朝に更新しましたが


追いつくどころかダルも相当なスピードで成長を続けてますね