1 :名無しのトゥミコロクル 00:00 ID:fightersmatome
04







二刀流で話題の日本ハム・大谷翔平投手(19)が、25日の交流戦・DeNA戦(横浜)に先発する。横浜スタジアムはプロ野球公式戦で最も多く160キロを記録した球場で、史上初の163キロが飛び出すかどうかが、大いに注目される。

大谷は現在、3試合連続で160キロをマークしており、これは162キロのクルーン(元巨人)、161キロの由規(ヤクルト)に次ぎ、160キロの林昌勇(元ヤクルト)、マシソン(巨人)と並んで歴代3位タイの記録。

球速の出やすい球場といえば、由規、林昌勇が160キロ超を記録した神宮球場というのが球界では定説だったが、実際に160キロを出した数で言えば、ク ルーンが20度以上も記録した横浜スタジアムがダントツで、マシソンが2012年、13年と2年連続で160キロを記録したのもこの球場だった。

DeNA・進藤作戦コーチは「大谷は(スピードガンの甘い)ハマスタ(横浜スタジアム)なら163キロが出ると思う」と話している。

この日の大谷はブルペンで軽めの調整。「まず自分のことをしっかりやりたい。次の1試合をしっかり考えて投げたい」と話すと、2試合連続で右ふくらはぎに違和感を訴えている患部については「大丈夫です」と言葉少なにチームバスに乗り込んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140624-00000038-tospoweb-base



表向きの発言「球速は関係ないし7勝目を目指して自分のピッチングしてほしいやで~」



本音「163キロ見たい」




はい、自分はこんな心情です
こんな記事を読んでしまった以上、今日ずっと気にしてしまいますね



それから先発転向した山口との投げ合い、キューバの至宝・グリエルとの直接対決など見所満載!




あとは雨さえ降らなければ・・・




本人も準備は万全のようです
繰り返されるアクシデントに秘策あり-。日本ハム大谷翔平投 手(19)が23日、こむら返り対策を講じていることを明かした。投手として2試合続けて、右ふくらはぎをつって降板。首脳陣には足がつったら即降板とい う新ルールも策定された。適用を回避するため、先発予定の明日25日DeNA戦(横浜)へ、着手したのは体質改善だった。

大谷 前日(22日)からウオーター・ローディングをやっています。水を摂ったり、あと炭水化物も摂ったり。できることは、やっています。

この日は、2軍本拠地の千葉・鎌ケ谷で上沢とともに休日返上で調整した。楽しみにするキューバの至宝、グリエルとの初対戦には「僕が勉強できることもある と思う」と待ち望む。長い回を投げれば、必然的に対戦回数も重ねられるだけに「1イニング1イニング、頑張っていくしかない」。対策が功を奏するか-。結 果で示してみせる。

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20140624-1322862.html



軽快な動きで練習に臨む日本ハム大谷
03
これはライト大谷ですわ