1 :名無しのトゥミコロクル 00:00 ID:fightersmatome
日本の宝ですわ
名称未設定 1









先に飛び込んできたテニスの錦織圭選手が日本人初となる四大大会・決勝進出という大ニュース
140906-8901-ns-big

テニスの四大大会最終戦、全米オープンは、6日、男子シングルスの準決勝が行われ、錦織圭選手がセルビアの 世界ランキング1位、ノバク・ジョコビッチ選手にセットカウント3対1で勝って決勝進出を決めました。四大大会のシングルスで日本選手が決勝に進むのは初 めての快挙です。


世界ランキング11位の錦織選手は、四大大会の男子シングルスで日本選手として81年ぶりにベスト4に勝ち上がり、準決勝は5年連続の決勝進出を目指したジョコビッチ選手との顔合わせになりました。
錦 織選手は、立ち上がりで相手のサーブが甘くなったころを攻め、第1セットを6-4で取りましたが、第2セットは1-6で落としました。第3セットは錦織選 手が正確なショットで粘り強く攻め、タイブレークの末、7-6で取ってセットカウント2対1とリードしました。


そして、第4セットは錦織選手が勝負どころ でのサービスエースとコートの両サイドを突く正確なショットでジョコビッチ選手との打ち合いを制して6-3で取り、セットカウント3対1で決勝進出を果た しました。


四大大会のシングルスで日本選手が決勝に進むのは男女を通じて初めての快挙です。

http://www.nikkansports.com/sports/news/f-sp-tp0-20140907-1362852.html



早くも日米で錦織フィーバーが起きてるとの事



あのイチローも錦織を絶賛
38

イチローも錦織を絶賛「きょうは俺のことなんかどうでもいい」

米大リーグ、ヤンキースのイチロー外野手も全米オープンテニス男子シングルスで日本選手として史上初めて4大大会の決勝進出を決めた錦織圭(24=日清食品)を絶賛した。

 第1シードのノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)との準決勝を「ああ、見ましたよ」と話し、日本の歴史を塗り替えた24歳の若武者に「いやぁ、すごいね。きょうはもう俺のことなんかどうでもいい。圧倒している。気持ちいい」と興奮気味にほめちぎった。

 イチローはこの日、ニューヨークで行われたロイヤルズ戦の5回に代打で出場し、2打数2安打1打点の活躍でヤンキースの勝利に貢献した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140907-00000086-spnannex-base



それから松岡修造氏のHPに一時アクセスが殺到してパンク状態だったとか
20120704215948
全米オープンテニス男子シングルスで錦織圭(24=日清食品)が日本選手として史上初めて4大大会の決勝に進出。これを受け、スポーツキャスターの松岡修造氏(46)のオフィシャルホームページが“パンク状態”に陥っている。

  錦織が準決勝で世界ランキング1位のノバク・ジョコビッチ(27=セルビア)を下し、決勝進出を決めたのが午前4時5分。歴史的快挙はインターネットやテ レビのニュースで広まったが、錦織の才能を見出した松岡氏のホームページにもユーザーが殺到し、午前9時の時点でもアクセスしにくい状態が続いていた。


サーバー諦めんなよ!とか言われてて草


錦織選手には優勝という最高の結末を期待したいですね




そして野球界でも大谷がプロ史上初となる10勝&10本塁打の快挙を達成
12
チームにとっては厳しいシーンが多かった試合にあっても、いくつかは確実に光が差した瞬間がありました。4点を追う4回1死。「5番・指名打者」でスタメ ン出場した大谷選手が放った打球は、弾丸ライナーでバックスクリーンに直撃しました。2試合ぶりの10号ソロ。8月26日のホークス戦(ヤフオク)では投 手として10勝を挙げており、80年のプロ野球史上初めて、同一シーズンに「2ケタ勝利」「2ケタ本塁打」を記録した選手となりました。日本にプロ野球が誕生する前の1918年、あのベーブ・ルースが達成して以来といわれる快挙でもあります。

チームが敗れたこともあって、試合後は淡々とした表情を浮かべながら「まだまだなので」と話した大谷選手。ベーブ・ルースの残した「シーズン13勝11本 塁打」は“目標”ではなく、もはやひとつの“目安”でさえあります。栗山監督は「何歳だとか高卒何年目とか、そんな基準では見ていない。それに、誰かと比 較するような選手でもない」と言い切ります。ただ、20歳の2年目であることは純然たる事実。となれば、これから伸びしろがないわけがなく、誰も踏み入れ ていない場所に到達する可能性に期待が膨らむのは当然のことでしょう。

投手としては、今後間隔を詰めても残り試合での登板機会は大きく変わりません。ならば、先発の間隔を空けて打者として試合に出られれば、チームに貢献する 機会は必然と増えることになります。ペナントレースの順位が固まりつつある中、「これからも一戦一戦しっかりと頑張りたい」と話す大谷選手が、順位争いと は一味違う野球の面白さを見せてくれるに違いありません。
http://www.fighters.co.jp/gamelive/hero/2014090701/



さすがに錦織選手のニュースに埋もれがちでしたが、野球ファンにとってはとんでもない記録達成です



そもそも比較対象が100年前のベーブ・ルースという時点で感覚がおかC


まだシーズン途中、このまま記録を更新してほしいですね




若干24歳と20歳という若き二人の活躍に、スポーツファンの一人として一日ウキウキだった模様


やっぱりスポーツ最高や!!!





日ハムは負けた?知らん