1 :名無しのトゥミコロクル00:00 ID:fightersmatome
真っ先にベンチ飛び出して喜んでたのが代わった大引だった
19






 日本ハムの稲葉が終盤8回に勝ち越し打を放った。

 7回に3―3と同点に追いつかれた日本ハムは直後の8回、相手の失策とミランダの敬遠気味の四球で1死一、二塁とするとオリックス4番手・馬原から代打・稲葉が中前適時打を放って勝ち越しに成功。

 今季限りで現役引退を表明しているベテランの意地の一振りがチームをファイナルステージ進出へと近づけた。

 しかし、その裏にオリックス・T―岡田の逆転3ランが飛び出し、チームは逆転負け。殊勲の一打とはならなかった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141012-00000100-spnannex-base





いや~、もちろん負けて悔しいです


この瞬間、勝ったと思いましたけどね(小声)



でもCSという舞台でこんな劇的なシーンが見れただけで感動しましたわ




大引は持病の悪化で満身創痍の状態だったと思います


ヒーローインタビューでの涙を思い出しますが、稲葉のタイムリーほんま嬉しかったんやろなぁ




苦しいかもしれないけど、最後までキャプテン頼むで!!




※稲葉がタイムリー打った瞬間の大引の様子
35

43

49

00

02



画面から外れるくらいジャンプしてるけど、腰は大丈夫ですかね(困惑)
53