1 :名無しのトゥミコロクル 00:00 ID:fightersmatome
1318








負ければ終わり!勝てば逆王手で希望を繋ぐ運命の第5戦




大谷に全てを託そう

21

大谷は練習中になぜかガッツポーズ

土俵際に追い込まれる敗戦を見届け、栗山監督は口を真一文字に結び、ベンチで立ち尽くした。3戦目に4本塁打を含む12安打で12点を奪った打線が一転して、4安打で2点のみ。王手をかけられた。「ホークスはそんなに簡単に勝たせてくれる相手ではない」と声を絞り出した。

 負けるか引き分けで終わりの第5戦には、今季チーム最多の11勝を挙げている大谷がマウンドへ上がる。最終Sは野手に専念する方針だったが、指揮官は 「いろんなことを考えてきて、(登板は)状況次第だった。判断を下すのは難しかった」と説明した。本人には11日の試合後に通達。「勝負をかけたつもり。 翔平がどんな投球をするか本当に楽しみ。信じていくしかない」とチームの命運を20歳の右腕に託した。

 この日欠場した大谷は、ブルペンでの投球練習などで調整し、決戦に備えた。今季、野手で出場してから中1日でマウンドに上がったケースはないが「そんな に気にすることではない」と問題はなさそうだ。11日のオリックスとの第1S初戦で6回3失点で勝利を挙げてから中7日での登板。「大事な試合。まずは しっかり試合を作って、いい流れを持ってこられればいい」と意気込んだ。

 今季ソフトバンクとは4戦で1勝2敗、防御率3・52と相性は決してよくない。ただ、シーズン最後の対戦となった8月26日には、7回1失点で10勝目を挙げた。「悪いイメージで終わっていないので、そこはいいかなと思う」と力強かった。

 過去、球団でプレーオフ、CSで2勝を挙げた投手は07、08年のダルビッシュのみ。大一番で白星を挙げれば、偉大な先輩に肩を並べる。若き二刀流エースが、真価を発揮する時が来た。(後藤 亮太)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141018-00000329-sph-base




※この記事のコメント欄で試合実況中です!

unnamed