1 :名無しのトゥミコロクル00:00 ID:fightersmatome
06
大幅減俸を受け入れた、日本ハム武田久









 日本ハムの前守護神・武田久投 手(36)が異例の大幅減俸を受け入れ、来季も現役続行することが21日、分かった。今季の推定年俸2億4000万円から1億6000万円減の8000万 円プラス出来高払いで、球団と合意した。CSで旋風を巻き起こした世代交代の波と闘い、リーグを代表する中継ぎのスペシャリストが来季、復権をかける。


 最多セーブ3度、最優秀中継ぎ1度のタイトルホルダーが、プライドをかなぐり捨て、進退を決めた。チームが2年ぶりAクラス、日本シリーズ進出ま であと1歩だった今季。わずか9試合登板にとどまった。昨季まで守護神に君臨したが、4月にインフルエンザ発症などもあり不振。当時「以前のように抑えら れなくなった」とも、漏らした。


 球団側とシーズン終盤に水面下で会談。一時は引き際との考えもよぎったが2軍で出直しを期し、再起への手応えを得た。「来季もやれる。やりたいと思った」との意思を伝え、大減俸を受ける覚悟を申し入れた。球団も功労者であり、来季も戦力として見込めることから、その思いを尊重。減額制限(年俸1億 円以上は40%)を超える条件を提示した。信頼が厚い栗山監督の「武田久は、まだまだ力になってくれる」との評価と、強い希望もあり合意へと至った。


 武田久はCSへの同行を辞退し、この日までフェニックスリーグ中の若手とともに鍛錬を積んだ。「野球をやりたいという気持ちがある。もう1度、抑えをできるように勝負したい」。実績を度外視して13年目の来季へかける。


 ◆大幅ダウン 自由契約などによる移籍ではなく、同一球団に所属したままで年俸が1億5000万円以上ダウンした選手は過去6人だけ。最近では昨 年の小笠原(巨人)が3億6000万円下がった。野球協約で年俸1億円を超える選手は40%を超えて減額されることはないと定められているが、選手が同意 すれば制限を超えた減額は可能。




大減俸はしゃーないけど、復活目指して頑張ってほC




稲葉&金子誠の引退、そして次々に発表される戦力外


大将自身も今年の大不振により引退説が囁かれていた中、現役続行を希望してくれて良かったですわ




まだFA選手達の動向もわからない中、これ以上ベテランがいなくなるのは勘弁





若手選手の成長が著しいですが、ベテランの力もやっぱり必要だとCSを見て改めて感じましたね




7月には自らの覚悟も話していた大将

4ca841fd-s

f38ae82b-s


新装開店楽しみにしてるで!