1 :名無しのトゥミコロクル00:00 ID:fightersmatome
6058d66e-s

ハム栗山監督V奪回へ料理男子に変身!?








V奪回のキーワードは「料理男子」への変身だ。日本ハム栗山英樹監 督(53)が、来季へ向けてユニークな自己改革に乗り出すことになった。14日に千葉・鎌ケ谷で2軍の新任コーチ3人と記者会見に出席した。毎オフに野球 につながるように異分野を体験中で、今オフは過ごし方をモデルチェンジ。日頃からの読書のほかに、挑戦するのは男の手料理。「気分転換もあるけれど、今年はちゃんと料理をやってみようと思っているんだ」と大まじめだ。

 生活の中心軸である野球に生かすための秘策だった。現役引退後に5年間、料理番組に出演。6月には球団、日本ハム本社の協力で「料理教室」を開いたほどの腕前だが、極める必要があると感じたようだ。


 栗山監督 オレ、かたくり粉ばかりを使っちゃうんだよね。あんかけみたいなのが好きなのはあるけれど…。何にでもとろみが、つけばいいと思ってさ。それじゃダメだよね。野球と一緒だと思ってさ。


 来季は小谷野、大引の主力野手2人のFA移籍が決定的で、戦力構想が一変する。投手と野手ともに若手主体への流れに、さらに拍車がかかる。画一的 な戦略や用兵ではなく、変化が必須と判断。食材に応じ、バラエティーに富んだ一品を生み出す。その料理の創意工夫を野球に投影。選手を生かす新スタイル構築のヒントが生まれるとのアイデアだ。昨オフはキノコ栽培の名人、クマの権威らに弟子入りし感性を磨いた。今季は「料理男子」へ。まずはオフに台所に立 ち、来季は主戦場のグラウンドで腕をふるう。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141115-1396519.html



まーた意味深発言が飛び出してしまったのか・・・




シーズンオフなのに選手よりも話題が多い件




栗の樹ファーム訪れたら手料理が食べられるかもしれませんね




>何にでもとろみが付ければいい。野球と同じだと思ってさ。



うーん言いたいことはわかるような・・・わからんような・・・







なお昨年、キノコ栽培の名人とクマの権威に弟子入りした時の発言
キノコ栽培の名人、クマの権威、ビニールハウス作りにたけた農家らを訪問するオフを過ごしているとい う。チーム作り、大谷ら若手選手育成のヒントを探っているが、現状では成果十分だと力説。「感性を磨かないとね。もう1回、人間力を鍛える」とほくそ笑ん だ。

 既成概念にとらわれないアイデアマンは水面下で、動き回っていた。北海道で住まいを構える「栗の樹ファーム」を前線基地に、破天荒に来季の巻き返し策を練っていた。野球につなげられるかは難しそうだが、驚異的なトリビアを詰め込み、転化させていた。


 (1)「キノコ博士に会ったりしてるよ。キノコの種って暖かいと育つと思っていたけれど1度、しばれさせる(北海道の方言=凍らせる)んだ。選手も1回、そうやってしたら成長するかもしれない」


 (2)「クマに会わないためには行動を知り尽くさないといけない。フン。においが大事なんだよ。危険から回避するにはね。野球も似ているところがあるよね」


 (3)「オレも1回、つぶしているけれどビニールハウスの雪かきは、横(側面)をやったらつぶれる。知らないでしょ。上の方からグシャッとね。野球も一緒だよね」


http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20131222-1234579.html



ワイにはもう理解できないンゴ