1 :名無しのトゥミコロクル 00:00 ID:fightersmatome
03








昨日ノーヒットノーランリレーという偉業付きで24年ぶりの勝ち越しを決めた侍ジャパン
141115_2
前日に続き、東京ドームで行われた2014SUZUKI日米野球の第3戦。今大会2連勝中の勢いそのままにこの日も優位に試合を進めた侍ジャパン が、4対0でMLBオールスターチームを下して3連勝。先発・則本昂大(東北楽天)から、西勇輝(オリックス)、牧田和久(埼玉西武)、西野勇士(千葉 ロッテ)の継投で、見事、MLBオールスター打線をノーヒットに抑え込み、日米野球では1990年以来24年ぶりとなる勝ち越しを決めた。

 先発・則本が流れを作った。初回に2番・カノ、3番・ロンゴリアから2つの三振を奪う立ち上がりを見せると、シーズン中と変わらぬ気迫を前面に押 し出した投球でMLBオールスター打線を圧倒。この日は投球の5割近くを占めるストレートが抜群の威力を発揮。前日まで、日本投手陣がMLBオールスター からなかなかストレートで空振りを取れずにいたが、この日の則本は奪った三振6つのうち、3つをストレートで奪取(いずれも空振り)。5回60球を投げ、 「人生最高のピッチングができた」と、走者ひとりも許さないパーフェクト投球でマウンドを下りた。


 則本のあとを受けた2番手の西は、2四死球で6回、7回と走者を背負ったが、計4奪三振で後続を抑えて2回無失点。さらに3番手の牧田も2つの四 球を与えながらも1回を無安打無失点に抑えると、最後は第1戦でも抑え役を任された西野が最終回を3人で締め、ノーヒットノーランリレーを完結させた。

http://www.japan-baseball.jp/jp/news/press/20141115_6.html




侍ジャパンが活躍するのは嬉しいけど、MLBオールスターにも意地を見せてほしいですね




本日の先発はタイガース・藤浪晋太郎対ヤンキース・カプアーノ

20141115_3






なお本日は19時30分より侍ジャパン21U代表の決勝戦が行われますので
19時頃に決勝戦専用の実況記事も更新いたします







※侍ジャパンVSMLBオールスターの試合実況はコチラから!
unnamed