1 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:26:56 ID:hok
6VwWkyy

BOpgioE

iE6rjEl

EOlH4Tw
小惑星探査機「はやぶさ2」を搭載したH2Aロケット26号機が3日午後1時22分4秒、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられた。探査機は午後 3時過ぎに予定の軌道に投入され、打ち上げは成功した。小惑星の地下の物質を初めて採取し地球に持ち帰る計画で、生命の起源に迫る成果が期待される。平成 32年末の帰還を目指す。

 はやぶさ2は、小惑星の物質を初めて採取し4年前に帰還した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ」の後継機。今回は有機物や水が存在するとみられる別の小惑星「1999JU3」に向かう。

 小惑星は四十数億年前の太陽系初期の姿をとどめているが、地表の物質は宇宙線を浴びて変質している。このため、はやぶさ2は新開発の装置を使って人工的にクレーターを作り、変質していない地下の物質の採取・回収を目指す。

 生命の材料となった有機物や地球の海水は、小惑星の衝突によって地球に運ばれたとされる。採取した物質を分析すれば、生命の起源や太陽系の歴史を解明する手掛かりが得られる。

 探査機は来年末に地球の引力を利用して加速し、30年夏に小惑星に到着。1年半にわたり探査し、採取した微小な物質を帰還カプセルに入れて持ち帰る。6年間の航行距離は約52億キロに及ぶ。

 初代はやぶさはエンジンなどで故障が多発し帰還が危ぶまれた。このため性能向上や故障防止など多くの改良を行ったほか、日本とドイツの探査ロボット計4機も搭載し着陸を目指す。

 H2Aは20回連続の成功となり、成功率は96・1%に向上し信頼性を高めた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141203-00000534-san-sctch






6 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:32:03 ID:iOA
いってらっしゃい!



7 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:32:32 ID:8Vk
無事に帰ってこいよ~



9 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:43:06 ID:Ej5
絶頂



10 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:44:00 ID:a9o
やったぜ。



11 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:44:28 ID:Kv9
(安堵)
やったぜ。




12 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:47:09 ID:0RW
ふぅ…



13 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:48:03 ID:vbM
ノックでも打ち上げは難易度高いからな
55



14 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:53:37 ID:8nc
グッバイハヤブッサ
フォーエバーハヤブッサ




15 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)14:14:24 ID:9o1
やったぜ。



16 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)14:16:28 ID:J84
帰ってくるのは何年になるだろうな
予定通りに行かんだろうし




4 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:28:43 ID:Ar0
やったぜ
無事に帰ってくるとしたら2020年12月
そのころはどうなってるやろうなあ……




8 :名無しさん@おーぷん 2014/12/03(水)13:34:53 ID:bdR
>>4
長い旅やなあ(シミジミ

ちゃんと帰ってくるんやで~!
















転載元http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1417580816/