1 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:44:44 ID:b9z
22
日本ハムが編成部門に「外国人補強」を敢行することが19日、分かった。来年1月1日付でチーム統轄本部に「国際業務担当」のポストを新設。
米マイナーリーグでプレー経験を持つキース・ワーマン氏(25)を採用することが決まった。助っ人選手の発掘、獲得などを含めた球界とのパイプ構築が狙い。
5月中旬に研修生として来日して約1カ月間在籍した際に、有能ぶりを発揮したことから白羽の矢を立てた。日本球界でプレー経験がない異色の外国人フロントマンが誕生する。

 ワーマン氏が日本球界のシステムを勉強したいとの希望をかなえ、日本ハムが受け入れ先になったことが縁だった。優秀で知られる米バージニア大出身。「カレッジ・ワールドシリーズ」に2年連続出場の快挙を達成したチームで名内野手として鳴らしていた。
12年にドラフト外でマリナーズ入団。翌年に退団し転身先を模索し、球団の運営、編成の仕事を第2の人生にすると志しており、わずかな在籍中の働きぶりを評価して招へいに動いた。
「国際業務担当」の肩書で、米国内で日本ハムの主に編成に関わる職務に従事する。(後略)

http://www.nikkansports.com/baseball/news/p-bb-tp0-20141220-1411409.html




2 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:46:58 ID:Sh4
日ハムはスカウトまで若いのか



3 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:47:35 ID:b9z
球団の業務提携先のパドレスに「出向」するような形で活動。そのためパ軍本拠地のサンディエゴに拠点を置き、米球界の情報収集などを行う。また大リーグ各球団との交渉、折衝などの際の窓口を務めてもらう予定だ。
例年のオフ、シーズン中の外国人選手獲得を迅速かつ円滑に進めるキーマンとして期待される。また球団が契約している2人の駐米スカウトと連携して、新たな補強スタイルの形成などを目指す。
特命コーチとしてパ軍へ派遣するOB金子誠氏(39)のサポート役も担う予定。斬新なフロント改革で新風を吹かせる、重要なピースになる。
以上>>1で略した部分より。

外国人選手がスカウト・コーチになるケースはあるけど、フロントに入るのは珍しいね。




4 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:49:10 ID:2e5
ハムはフロントまで独自路線やな
木田がGMになったり




5 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:50:58 ID:GlV
25歳か 凄いな



7 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:57:01 ID:b9z
・山田GM
大毎オリオンズ→下着メーカー営業→スカウト→GM

・大渕スカウト部長
早稲田→日本IBM→教員→スカウト→スカウト部長

・木田GM補佐
巨人→檻→メジャー→燕→公→独立石川→GM補佐

割とフロント陣がバラエティー豊か。




8 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)17:58:50 ID:X0e
>>7
監督も元プロだがキャスターやら大学教授だしなあ




9 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)18:00:42 ID:2e5
>>8
阿井も元高校野球の監督やなかったっけ?




11 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)18:13:53 ID:b9z
外国人補強の成功失敗でパリーグは順位変動があるし、良い取り組みだとは思う。

25歳か・・・すごいな。

>研修生として来日して約1カ月間在籍した際に、有能ぶりを発揮したことから白羽の矢を立てた。


一体何したんやろうか・・・




12 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)20:16:32 ID:xy9
この路線が上手いこといったら
過去のぐう聖もまた仕事で雇われるかもわからんね




10 :名無しさん@おーぷん 2014/12/20(土)18:04:40 ID:IWn
位置付け的にはフロントと駐米スカウトの間。アメリカでの支局長的なポジションなんやろうな。

25歳の若者が1ヶ月の研修で有能と判断され、メジャー経験もないのにスカウトを束ね、他球団と交渉をするのか・・・夢があるな。













転載元http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1419065083/