1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)08:21:37 ID:254
52
日本ハムの大谷翔平投手(20)が1日、栗山監督からカミナリを落とされた。
名護キャンプ初日のシートノック中の投内連係で、何度もボールを捕りそこね、
5度の守備機会のうち、実に3度の“お手玉”。
見かねた指揮官から、練習後に「パカヤロー」と叱られた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00000252-sph-base





2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)09:34:01 ID:reO
パカヤロー?

3: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)09:36:09 ID:iNc
パカヤロー?

5: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)10:58:39 ID:WpF
パカヤロー?

4: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)10:57:43 ID:Lkc
期待を込めた「パカヤロー」

ちょっと何言ってるか分かんないですね


7: 名無しさん@おーぷん 2015/02/02(月)11:09:00 ID:qa4
アルパカか何か?

以下、記事全文
20150201_11
ブルペン入り前から『パカヤロー』と言われているようではダメ

1年前同様、キャンプ初日の叱責となったが、今年はなぜか「バカヤロー」が「パカヤロー」に。この違い、なんなのか? 実はここに、二刀流3年目の「進化」が潜んでいるようなのだ。

 この日、大谷はブルペンに入った。本人が「軽くもなく、強くもなくといった感じ」と振り返った64球は、前半をクイックの練習、後半をセットポジション でのフォーム確認に費やした。自分のやりたい作業を考えながらこなす姿に、厚沢投手コーチは「去年の今頃に比べたら、格段にいい」と目を細めた。シート ノックでの“お手玉”も、あえて素早く打球を処理しようとして犯した、いわば積極的なミスだった。

 栗山監督「(ブルペンでの)球が悪いわけではない。(投内連係も)翔平が試合でもっと厳しいプレーを想像して(その結果としてミスして)いるならあり。正確なプレーのスピードを上げる方が大事。ブルペン入り前から『パカヤロー』と言われているようではダメ」

 多少おふざけ気味の「パカヤロー」は、底知れぬ潜在能力を認めているからこその指揮官なりのゲキだ。

 開幕投手最有力の二刀流は、全体メニュー後も、約40分間のマシン打撃やランニングなどで体をいじめた。キャンプ序盤は投手、野手の練習を1日おきに行う。大谷は「去年の数字より上にいきたい。前進することに意味があると思う」と向上心を忘れない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150201-00000252-sph-base

まーた栗山監督の迷言が増えてしまったのか


よくわからんけど、一応褒め言葉らしいのでキャンプの滑り出しは順調ってことで(適当)






ウレタンのボールで至近距離からノックを受ける日本ハム大谷
16
楽しそう











転載元http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1422832897/