1 :名無しのエゾリューション 00:00 ID:fightersmatome
1325






47

大谷 熊本で12日先発、開幕3連勝へ平常心「いつも通り投げたい」

開幕3連勝を狙う日本ハム・大谷は、12日のソフトバンク戦(熊本)に先発する。

 ブルペンで約40球を投げ込んで「状態は良くも悪くもない。力のある打者が多いので気をつけたい」。開幕戦白星に、前回登板の4日のオリックス戦(京セ ラドーム)は7回2失点、11奪三振の快投を見せた。「天候が悪いかもしれないが、いつも通り投げたい」と平常心を誓った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150412-00000074-spnannex-base


33

栗山監督「(12日)はきょう以上に元気にやる」中田も「次に必ず取り返したい」

◇パ・リーグ 日本ハム2―4ソフトバンク(2015年4月11日 鹿児島)

 自慢の守備が乱れては勝てない。日本ハム・中田翔内野手(25)が11日、ソフトバンク戦で同点の7回に痛恨のタイムリーエラー。これが決勝点となり、 今季ワーストの3失策を記録したチームは、そのまま敗れた。2012年に栗山英樹監督(53)が就任してから最多となっていた連勝も7でストップ。12日 の同戦(熊本)では大谷翔平投手(20)が先発する。

 球場からバスに乗り込む直前、中田は痛恨のミスを振り返った。悔しさを押し殺し、口を開いた。「やってはいけないことをやってしまった。何とか捕りた かった。上沢が頑張っていたのに申し訳ない」。立て続けにやってはいけないミスが起こった。主砲として、チームの顔として敗戦の責任を背負い込んだ。

 1―1の7回、上沢が先頭・中村に四球を与えると、続く本多が試みたバントを捕手・近藤が二塁封殺を狙うも悪送球。無死一、二塁とピンチが広がると、一 塁を守る中田も柳田の平凡な一ゴロを捕り損なった。一塁ミットを差し出したが、無情にも打球はその下を通過し、「場面が場面だった。体に当ててでも止めな きゃいけなかった」。この痛恨のタイムリーエラーが決勝点となった。

 連勝も7でストップした。栗山監督は「これ(失策)をプラスにできるようにしなければならない。(近藤の悪送球は)攻め続けた結果だから」と淡々と振り 返った。指揮官はオフに幕末の志士で、鹿児島の英雄・西郷隆盛の言葉がまとめられた「南洲翁遺訓(なんしゅうおういくん)」を読破した。その中にこんな一 節がある。「幾度か辛酸を経て、志初めて堅し」。人の志というものは、何度も失敗や苦しみを味わって初めて定まるという。指揮官は「あす(12日)はきょ う以上に元気にやる」と言い、中田も「次に必ず取り返したい」と固く誓った。連勝は止まったが、戦いは始まったばかり。この日の悔しさはを必ず勝利に変え なければならない。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150412-00000028-spnannex-base





それでは、今日もよろしくお願いします!

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい
2aff563b

※今季よりコメント欄での規制対象について今までよりも厳しく対応させて頂きます。

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。
悪質だと判断した場合はコメント書き込みの規制措置も取らせて頂きます。

また、そのようなコメントには構わず一切干渉せずスルーでお願い致します。

実況記事についてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございます。予めご了承下さい。
通報する場合はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。