1 :名無しのエゾリューション 00:00 ID:fightersmatome
2094






1_1

糸井2世・岡、派手なガッツポーズでサヨナラ勝ちの原動力

日本ハムの糸井2世こと、岡大海外野手(23)が24日、今季初のサヨナラ勝ちへの原動力となった。オリックス戦(札幌D)に「8番・中堅」で先発出場。 1点を追う8回1死二塁では、7回まで1安打投球の右腕・東明から中前へ同点打を放った。「前の2打席ではバント失敗もあった。なんとかしたかった。打席 に送ってもらったことに感謝です」。一塁ベースでは普段見せない派手なガッツポーズも決まった。

 1点ビハインドの5回2死一、三塁では川端の右中間へ抜けそうな打球へ一直線。ランニングキャッチを決めた。「オリックスは5連勝中だった。そういう意味でも勝てて良かった」と、5カードぶりの初戦白星を喜んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150424-00000302-sph-base

4_1
Q.劇的なサヨナラ勝ち
「いろんなことが1試合の中で起こった。うまくいかないこともあるけど、それを活かせるかどうか、ということ。こういう試合を勢いに変えられればとは思う。ただ、明日になったらまたひとつひとつやっていくしかないからね」

Q.吉川選手が7回1失点
「無駄なフォアボールがあるように見えるけど、ボールは良くなっている。いろんな思いで見ていた。これが最低限、という目で見られる。信頼しているんでね」

Q.岡選手が同点打
「失敗はある。でも、きちんと整理できているか。そういう意味でも返してくれてうれしかった。ああいうことが大事」

Q.レアード選手が舞台を作りました
「レアードらしい。レアードしかあそこには打てないよね」

Q.鍵谷選手が完ぺきな火消し
「自分の特徴を活かせる場所。大きいし自信にもなる。素晴らしかった」

Q.カードの初戦を取りました
「取れたのはうれしいけど、もう、明日のことしか考えない」


それでは、今日もよろしくお願いします!

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい
2aff563b
※今季よりコメント欄での規制対象について今までよりも厳しく対応させて頂きます。

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。
悪質だと判断した場合はコメント書き込みの規制措置も取らせて頂きます。

また、そのようなコメントには構わず一切干渉せずスルーでお願い致します。

実況記事についてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございます。予めご了承下さい。
通報する場合はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。