1 :名無しのエゾリューション 00:00 ID:fightersmatome
22




57

プレミア12で侍打線を牽引する中田と筒香 強い信頼関係が生む「相乗効果」

14日の米国戦に10-2で快勝し、世界野球「プレミア12」の1次ラウンド4連勝で首位突破を決めた侍ジャパン日本代表。原動力となっているのは、大会 打率4割2分9厘の5番・筒香嘉智外野手、5割3分3厘の6番・中田翔内野手だ。筒香は米国戦で3打席連続タイムリー。中田も決勝3ランを放ち、すべてV 打を放っている最近3試合で計11打点と圧巻の活躍を見せてきた。

  この2人、強固な信頼関係で結ばれている。普段はそれぞれ日本ハム、DeNAの主砲として活躍しているが、侍ジャパンではグラウンド内で行動を共にするこ とが多く、練習中に談笑する場面も目立つ。13日には希望選手のみで練習が行われたが、ともに好調ながら揃って参加。フリー打撃を行っただけでなく、外野 部分で2人並んで走りこむなど汗を流した。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00010007-fullcount-base



39

1位突破ダ~ン!中田、3戦連続V打で米打ち負かした/プレミア12

プレミア12、1次ラウンドB組(14日、米国2-10日本、台湾・桃園)世界ランキング1位の日本は、同2位の米国を10-2で破って開幕から4連勝を 飾り、B組1位で決勝トーナメント進出を決めた。日本は同点に追いついた六回、中田翔内野手(26)=日本ハム=が勝ち越し3ラン。絶好調の“恐怖の6 番”が3試合連続のV打をマークした。七回には松田宣浩内野手(32)=ソフトバンク=が満塁弾を放つなど、米国を圧倒。投げては2番手の則本昂大投手 (24)=楽天=が好救援で今大会初勝利を挙げた。

 二度あることは、三度あった。今大会、大当たりの中田が3戦連続の殊勲打。こよいは豪快な3ランだ。

 「筒香が同点タイムリーを打ってくれて、楽な気持ちで打席に入れました。イケイケムードだけは崩したくなかった」

 メジャー登板が1試合しかない米国先発のグルーブから五回までに1点しか奪えず、苦戦した。日本にとっては嫌な雰囲気が漂いだした六回、逆転劇が始まっ た。筒香(DeNA)の中前適時打でまずは同点。なお一死一、二塁で、中田がメジャー通算20勝左腕・イブランドの140キロをフルスイング。打球は左中 間フェンスをまたいだ。

 神懸かっている。1次ラウンドは4試合で打率・533(15打数8安打)、2本塁打で11打点の荒稼ぎ。4連勝に貢献し、チームはB組1位が決定。16日の準々決勝ではA組4位と戦えるメリットがある。

 快勝した舞台は桃園国際野球場。同球場で行われた12日のドミニカ共和国戦の観衆は3500人だったが、この日は週末で内野スタンドは大入り。ちょんまげのカツラを被った日本人応援団が現れるなど、場内の雰囲気はホームだった。

 中田が停滞ムードを払拭すると、松田(ソフトバンク)がトドメを刺した。七回。左翼フェンスを越える1号グランドスラム。10点目をたたき出した。「そ れまで3打席凡退していて、小久保監督から『頭を整理して打席に入れ』といわれた。シンプルに甘い球を打てた」と声が弾んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151115-00000016-sanspo-base



この記事のコメント欄は試合実況用として自由にご利用下さい


2aff563b

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい

【実況コメントについて下記の注意事項を必ずご一読下さい】

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。

あからさまな対立煽りや批判的なコメントを連続して投稿するなど悪質だと判断した場合は即刻書き込みの規制措置を取らせて頂きます。

またそういった煽りや悪質なコメントには一切干渉せず無視してください。
反応するとコメント欄が更に荒れる原因となってしまう場合がありますので、何卒ご協力お願い致します。


また悪質なコメントを通報する際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。確認次第、対処致します。

なお実況記事につきましてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございますが予めご了承下さい。