1 :名無しのエゾリューション 00:00 ID:fightersmatome
22




40

侍ジャパンが1次R全勝突破ながら苦戦続きだった理由とは…

世界ランキング上位12の国・地域に出場権が与えられる野球の国際大会、第1回「プレミア12」が日本と台湾で開催されている。日本代表は藤浪(阪神)、 柳田(ソフトバンク)の辞退はあったものの、各球団から主力選手が集結。MLBが、メジャーリーグ出場の前提となる40人枠に入っている選手の参加を認め なかったこともあり、戦力比較で優勝候補に挙げられている。

 しかし、何が起きるか分からないのが国際大会。日本代表は6チームが2グループに別れて行われる1次ラウンドで、B組を全勝1位通過したものの、思わぬ苦戦続きだった。

 同ラウンド2戦目となった11日・メキシコ戦(台湾・天母)は、九回に中田(日本ハム)のサヨナラ打で辛勝。12日・ドミニカ共和国戦(台湾・桃園)も4-2の接戦。15日・ベネズエラ戦もサヨナラ勝ちだった。

 メキシコ代表は開幕前に出場辞退報道が流れたように、FA選手らで構成された寄せ集めのチーム。第3回WBCを制したドミニカ共和国代表も、将来有望な若手選手はウインターリーグに参加。1A、2Aレベルの選手が多かった。

 そんな両国の代表が、侍ジャパンを苦しめた。理由の一つは、日本戦が“オーディション会場”となっていたからだった。

 大谷(日本ハム)、前田ら注目選手が多い日本戦では、バックネット裏で多くのスカウトが目を光らせていた。前田が先発したメキシコ戦にはメジャー15球団50人が集結。韓国や台湾のスカウトもいた。

 彼らの目に留まれば、オファーが舞い込む可能性がある。願ってもないアピールチャンスにメキシコ、ドミニカ共和国の選手は燃えた。実際、ある球団のスカウトが、今季まで広島の育成選手だったドミニカ共和国・デヘススの球速に興味を示したこともあった。

 ドミニカ共和国の代表で、09~11年まで広島に所属したディオニ・ソリアーノが率直な思いを話してくれた。「本来、代表に選ばれる選手の力と比べれ ば、ここにいるメンバーの力は落ちる。だけど、僕らはどこかのスカウトの目に留まればと思っている。日本の独立リーグでも、安い給料でもいいんだ。とにか くステップアップしたい。新しいチャンスが欲しい。だから、みんな頑張っている」。国の威信をかけると同時に、新たなチャンスを狙うハングリー精神が、日 本代表を苦しめる一因となった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151116-00000034-dal-base



侍日本Vローテ!マエケン先陣、準決大谷、決勝菅野

プレミア12初代王者を狙う侍ジャパンの「世界一ローテ」が固まった!! 決勝トーナメントは球界屈指の前田健太投手(27=広島)、大谷翔平投手(21=日本ハム)、菅野智之投手(26=巨人)の先発3本柱で挑む。

  敗戦=即敗退のノックアウト方式の戦いが、16日の準々決勝プエルトリコ戦から始まる。初陣はエース前田が先発。前回登板のメキシコ戦から中4日での先発 も「シーズン中でもやっているし、問題ない」と万全を強調。エースの後を受け、帰国後初戦の準決勝は大谷がマウンドに上がる。最後は東京ドームを本拠地に 戦う菅野が締める。慣れ親しんだ“庭”での投球は地の利も生かせる。球界が誇る3本柱で一気に駆け上がる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151116-00000005-nksports-base



この記事のコメント欄は試合実況用として自由にご利用下さい


2aff563b

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい

【実況コメントについて下記の注意事項を必ずご一読下さい】

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。

あからさまな対立煽りや批判的なコメントを連続して投稿するなど悪質だと判断した場合は即刻書き込みの規制措置を取らせて頂きます。

またそういった煽りや悪質なコメントには一切干渉せず無視してください。
反応するとコメント欄が更に荒れる原因となってしまう場合がありますので、何卒ご協力お願い致します。


また悪質なコメントを通報する際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。確認次第、対処致します。

なお実況記事につきましてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございますが予めご了承下さい。