1 :名無しのエゾリューション 00:00 ID:fightersmatome
22




19

日本の3位決定戦の相手はメキシコ 先発予定M・ペーニャ「すべてを使って抑えたい」

「プレミア12・準決勝、米国6-1メキシコ」(20日、東京ドーム)

 米国に大敗したメキシコが、21日に3位決定戦を戦う日本の相手に決まった。先発予定のミゲル・ペーニャ(25)は「直球も変化球もすべてを使って抑えたい。特に速球には自信がある」と日本打線封じを誓った。勝った米国は、同日の決勝で韓国と戦う。

 メキシコは四回、先頭の4番ソーサの左中間越えソロで先制したが、その裏に四球をはさむ6連打で5失点し、逆転された。五回にも追加点を許した。

 日本は11日の1次リーグ第2戦(台湾・天母野球場)でメキシコと対戦し、中田翔内野手(26)=日本ハム=の右前適時打で6-5のサヨナラ勝ち。日本は5戦全勝のB組首位、メキシコは2勝3敗の同4位で決勝トーナメントに進んでいた。

 日本は20日の準決勝・韓国戦で3点をリードしながら九回に救援陣がつかまり、4失点で3-4と悪夢のような逆転負け。初制覇を逃したが、日の丸の誇りを懸けてメキシコとの最後の一戦に臨む。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151119-00000000-tospoweb-base


04

米コーチはどう見る? 侍Jでも好投、大谷はMLBで「最低でも先発3本柱」に

日本ハムの大谷翔平投手が世界野球「プレミア12」で圧巻の投球を見せた。今月8日の開幕戦、韓国戦では6回2安打無失点、10奪三振。19日、同じ韓国 との再戦となった準決勝では6回まで無安打ピッチングを見せ、7回1安打無失点、11奪三振。計13回を投げて被安打3、三振21、四死球3、防御率 0.00と圧巻の内容だった。

 今季、所属する日本ハムでも22試合の登板で15勝5敗、防御率2.24、196奪三振、勝率.750の好成績を収め、最多勝、最優秀防御率、勝率1位と投手3冠を達成。二刀流として歩んだプロ3年目は、投手の各部門でキャリアハイを更新し、さらなる進化を遂げている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151120-00010010-fullcount-base



この記事のコメント欄は試合実況用として自由にご利用下さい


2aff563b

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい

【実況コメントについて下記の注意事項を必ずご一読下さい】

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。

あからさまな対立煽りや批判的なコメントを連続して投稿するなど悪質だと判断した場合は即刻書き込みの規制措置を取らせて頂きます。

またそういった煽りや悪質なコメントには一切干渉せず無視してください。
反応するとコメント欄が更に荒れる原因となってしまう場合がありますので、何卒ご協力お願い致します。


また悪質なコメントを通報する際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。確認次第、対処致します。

なお実況記事につきましてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございますが予めご了承下さい。