1 :名無しよ大志を抱け 00:00:00:00 ID:fightersmatome
20180302_3_1-7






20180303_4_1-1

【侍ジャパン】初陣で快勝 稲葉監督「いい試合だった」先制打・柳田「足が震えた」

◆代表強化試合「ENEOS 侍ジャパンシリーズ2018」 日本2―0豪州(3日・ナゴヤドーム)   
初めて侍ジャパンのトップチームを率いた稲葉篤紀監督(45)が2―0で初陣を飾った。   先発・千賀が2回完全6奪三振の好投を見せると、今永、東浜も2イニングずつ投げ、7回を田島、8回を岩崎が無失点で続き最後は山崎が締めた。   
5回まで元楽天の左腕・ブラックリーに2安打無失点に抑えられていた打線は6回1死二塁から柳田が中前に先制タイムリー。続く筒香が右越え二塁打で2点を挙げた。   試合後、稲葉監督は「投手陣が良い形で回してくれた。しびれる展開だったがいい試合だった。(千賀は)さすがといいますか、しっかり調整してやってくれた。それぞれのピッチャーが持ち味を出してやってくれた」と笑顔で語った。   
柳田の先制打について聞かれた指揮官は「その前に秋山選手が粘って四球を取って、送って、そこで返して点を取るのはさすがだと思います」とスモールベースボールを具現化した選手たちをたたえた。   柳田は「足が震えました。(その前に)2三振していたので、自分にプレッシャーをかけて前に飛ばせと思った。やっとチームの一員になれたと思います」と語ると「あしたはもっと点を取れるように頑張ります。日本を盛り上げられるように頑張ります」と結んだ。
http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180303-OHT1T50270.html 



通常の勢いある実況コメントはこちらの実況記事をご利用下さい



まったりと雑談しながら楽しみたい方はポリ速トークをご利用下さい
ポリ速トーク
http://blog.livedoor.jp/fightersmatome/archives/cat_1275071.html





2aff563b

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい

【実況コメントについて下記の注意事項を必ずご一読下さい】

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。

あからさまな対立煽りや批判的なコメントを連続して投稿するなど悪質だと判断した場合は即刻書き込みの規制措置を取らせて頂きます。

またそういった煽りや悪質なコメントには一切干渉せず無視してください。
反応するとコメント欄が更に荒れる原因となってしまう場合がありますので、何卒ご協力お願い致します。


また悪質なコメントを通報する際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。確認次第、対処致します。

なお実況記事につきましてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございますが予めご了承下さい。