1 :名無しの道@15周年 00:00:00:00 ID:fightersmatome
スクリーンショット 2018-10-27 14.40.36




全国の暇してるハムファンならびに他球団ファンの皆様


こちらで気軽にまったり日本シリーズを楽しみましょう!



日本シリーズ史上初の「福岡×広島」 

 シーズン2位から「SMBC日本シリーズ2018」への進出を果たしたソフトバンク。工藤公康監督は「パ・リーグの代表としてファンの皆さんに喜んでもらえるシリーズにしたい」と高らかに宣言した。  
 相手は広島。西日本の雄を決する対決となった。ホークスとカープが日本シリーズで対戦するのは史上初で、さらに西鉄ライオンズ時代に遡っても「福岡×広島」の顔合わせはない。   レギュラーシーズンの戦績は、ソフトバンクが82勝60敗1分だったのに対し、広島は82勝59敗2分と、リーグは違えどもほぼ互角だった。工藤監督は広島について「足を使った打撃のチーム」と印象を語っている。打線はどこからでも点を取ることができて、中軸には長打力もある。ソフトバンクと同タイプと言えるだろう。   続けて「逆転の広島って言われるように、試合の後半になると勝ちへの思いをより強くして、チームとして1つになって戦っている」と警戒を強めるように言葉を継いだ。今年と昨年が41度、2年前は45度の逆転勝ちを収めている。   となれば、「パーソル CS パ」でも威力を発揮したソフトバンクのブルペン陣が大いにカギとなる。日本シリーズでも武田翔太投手や石川柊太投手、大竹耕太郎投手といったレギュラーシーズンでは先発ローテを担った投手たちがリリーフで待機する。その中でも、特に武田の好調ぶりが光る。シーズンでは4勝9敗とプロ入り後で最も苦しんだ。投球フォームも登板のたびにコロコロ変わっていて迷走が明らかだったが、それも現在では安定している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181027-00236667-fullcount-base 




2aff563b

この記事のコメント欄は試合実況用として自由にお使い下さい

【実況コメントについて下記の注意事項を必ずご一読下さい】

暴言や煽り、閲覧者が不愉快と感じるもの、また管理人が不適切だと判断したコメントについては予告なく削除、訂正致します。

あからさまな対立煽りや批判的なコメントを連続して投稿するなど悪質だと判断した場合は即刻書き込みの規制措置を取らせて頂きます。

またそういった煽りや悪質なコメントには一切干渉せず無視してください。
反応するとコメント欄が更に荒れる原因となってしまう場合がありますので、何卒ご協力お願い致します。


また悪質なコメントを通報する際はお問い合わせフォームよりご連絡下さい。確認次第、対処致します。

なお実況記事につきましてはコメント数が膨大になる為、対応に時間を要する場合もございますが予めご了承下さい。