1: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:42:33.99 ID:aKH6mlncM
G20130525005879480_view



白井球審と〝トラブルの歴史〟 ダル、中畑監督、雄星らも判定めぐり大もめ NPBは「おとがめなし」の方針

2013年5月25日、日本ハム・栗山監督  守護神の武田久の投球は、阪神・浅井のバットのグリップエンドに当たったかに見えたが白井球審は死球と判定。栗山監督が「あれが死球なら審判を辞めろ。俺を納得させられないのなら、退場させてくれ」と暴言を吐き退場。 
 
 






4: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:44:37.96 ID:/Z4B3hVV0
ガッツリ抗議栗山英樹

5: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:45:48.49 ID:nBD2m9Yh0
ガッフェ…(´・ω・`) 

7: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:47:53.03 ID:LMCXbvKBd
ガッフェお前と戦いたかった 

6: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:46:50.39 ID:0YVFaheg0
火の玉ストレート

3: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:43:44.19 ID:mJq2Yn/00
サンキューガッフェ 
佐々木朗希に詰め寄った白井球審「アァ~イ!!」独特コール【過去の判定メモ】

昨年11月の日本シリーズ・ヤクルト-オリックス第4戦では、オリックス・富山の内角球が、ヤクルト・青木の右手付近に直撃。白井球審は一度は死球と判断したものの、青木が自らグリップエンドに当たったと申告。白井球審は驚いた表情を浮かべつつ、ファウルとして続行し、死球判定は“取り消し”となった。   

2018年4月の広島-阪神戦では、阪神・メッセンジャー投手が暴言を吐いたとして退場処分に。その試合は、「白井球審のストライクゾーンは試合を通じて一定していなかったように映った」とも報じられた。   

14年10月の日本シリーズ・ソフトバンク-阪神第5戦では、1点を追う阪神が九回1死満塁の好機に、阪神・西岡の走塁を守備妨害とジャッジ。和田監督は抗議するも判定は覆らず、阪神が4敗目を喫して、日本シリーズの幕が閉じた。   

13年5月の交流戦・日本ハム-阪神戦では、死球判定を巡って猛抗議した日本ハム・栗山監督を、退場処分に。栗山監督にとって監督就任後、初の退場だった。
 






https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1650962553/