高校野球

1: 風吹けば名無し 2019/01/03(木) 19:53:09.20 ID:gZ5fyg9k0
──プロ野球やメジャーリーグなど、野球は観ますか?  

西谷監督:ゆっくりと観ることはあまりないですが、メジャーリーグもプロ野球も時間があれば観ます。また、教え子の選手情報は自然と入ってきます。寮の壁には上の舞台で活躍する選手の新聞の切り抜き張っています。都市対抗野球や明治神宮大会で出場選手名簿が出たら、蛍光ペンで塗って、壁に張っています。大阪桐蔭高校OBが活躍していることを、今いる選手たちにできるだけ目に入れるようにしています。

──平成が終わり、新しい元号の年になりますが、今後の目標は?

 西谷監督:毎日、しっかり子供たちと向き合い、大阪桐蔭に進学して良かったと思ってもらいたいです。その中で勝ちたいですし、OBたちには活躍して、いつまでも刺激を与える選手でいて欲しいと思っています。その中で、勝つことは分かりやすい目標の一つです。私は、全部勝ちたいと思って、戦っています。だからこそ、私には余裕は全くないのです。
https://www.news-postseven.com/archives/20190103_836320.html?PAGE=1#container 

【大阪桐蔭・西谷監督「全部勝ちたい。だから余裕は全くない」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/31(月) 09:07:44.56 ID:kVxXumTW0
スクリーンショット 2018-12-31 18.45.39
 
清宮超えあるぞ!東海大相模1年西川もう通算30発

こちらは再来年だ! 早くも2020ドラフトの主役への予感が漂う。東海大相模(神奈川)の西川僚祐外野手(1年)は、すでに高校通算30発のスラッガーだ。「夏は思うように体が動かなかった。最近やっと打率が上がってきました」と苦笑いしながら、その数字は驚異的だ。  記録更新も夢ではない。高校史上最多とされる111本塁打の早実・清宮(現日本ハム)は高1の年末時点で22本。西川はすでに8本上回るペースだ。西川は「相模で歴代1位の大田泰示さんの通算65本は、確実に超えたい」と掲げるも、そこは高2時点でのクリアも見込めそう。右へ流してのサク越えもできる大砲だが、111発については「そこは大変です」と笑って流した。
https://www.nikkansports.com/m/baseball/highschool/news/201812310000048_m.html

【【朗報】東海大相模・西川、清宮超えペースでHR量産「大田泰示さんの65本は確実に超えたい」 】の続きを読む

353: 風吹けば名無し 2018/11/13(火) 11:39:16.81 ID:undt8vgJ0
札幌大谷おめ~ 
スクリーンショット 2018-11-13 14.22.30

甲子園出場ゼロの札幌大谷が初出場初優勝!北海道勢Vはマー君擁した05年駒大苫小牧以来

「明治神宮野球大会・高校の部決勝、札幌大谷2-1星稜」(13日、神宮球場)   札幌大谷(北海道地区代表)が、星稜(北信越地区代表)を下して、09年の大垣日大以来となる初出場初優勝を果たした。北海道勢は、田中将大(ヤンキース)を擁した05年の駒大苫小牧以来の優勝となった。北海道地区には来春センバツの神宮枠が与えられる。  
 先発の右腕エース・西原健太投手(2年)は3回までパーフェクトピッチング。五回に初安打をきっかけに1点を先制されたが、その後も好投を続けた。   打線は星稜の先発・荻原吟哉投手(1年)に好投を許していたが、七回に奮起。2安打で2死二、三塁とし、1番・北本壮一朗内野手(2年)が中前へ逆転の2点適時打を放った。「西原がいい投球をしてくれていたので。打った瞬間、ショートゴロかと思ったけどいい所に飛んでくれた」と振り返った。   西原は強力打線を1安打1失点に抑えて完投し、優勝を果たした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00000048-dal-base 

【札幌大谷が初出場で初優勝!甲子園出場ゼロ、北海道勢として05年駒大苫小牧以来の快挙】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/05(金) 08:16:38.62 ID:gjKeJvBxd
やったぜ 
スクリーンショット 2018-10-05 10.04.17

進路はプロ。今夏の甲子園で準優勝した金足農(秋田)の最速152キロ右腕、吉田輝星投手(3年)がプロ志望届を提出することが4日、関係者への取材で分かった。  今夏の秋田大会開幕前は八戸学院大(北東北、青森)への進学が既定路線だったが、福井国体後にプロ入りへの意思を固め、同大へ進学を辞退した。週明けに進路表明会見が行われる。  今夏、日本中を沸かせた吉田が、ついにプロ入りを決意した。2日に福井国体が終わり、秋田に帰郷した翌4日に家族と金足農の中泉一豊監督(46)と相談し、結論を導き出した。吉田本人は2日の常葉大菊川(静岡)戦後に「後悔しないような道を選びたい」と話していた。来週、同校で行われる進路表明会見で自らの言葉でプロ入りを宣言する。
https://www.nikkansports.com/baseball/highschool/news/201810040001173.html 

【【朗報】金足農・吉田輝星がプロ決断!ドラ1競合必至も】の続きを読む