浪漫枠

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/02/26(金) 20:56:34.34 ID:Wo2Rqm3EM.net
すげー!!
56

小惑星「王貞治」が誕生 天文学者の思い


プロ野球・福岡ソフトバンクホークスの王貞治会長の名がついた小惑星が誕生した。この命名には福岡の天文学者たちの王会長への熱い思いがあった。

 「王貞治」と名付けられた小惑星は2000年に発見されたもので、火星と木星の間の小惑星帯にある。

 小惑星への命名を思い立ったのは、九州大学大学院で天文学が専門の山岡均助教たちのグループだ。去年7月、王会長の了承を直接得た上で、フランス・パリに本部がある国際天文学連合に提案、26日に正式決定したことが発表された。

 王会長「野球も不滅だと思うけど、天文学はもっと不滅で、これから先も続いていくことなので、自分の名前で興味を持ってくれる人がいれば」

 小惑星「王貞治」の大きさは直径数キロメートルとみられ、太陽の周りを3年8か月かけて1周している。

 野球界の大スターが、文字通り「宇宙の星」として輝き続ける。
http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20160226-00000071-nnn-soci
【【朗報】王貞治、惑星になる】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/03(木) 06:37:32.45 ID:24LVSidla.net
135244741505195
マヤの予言/マヤ暦の終わり(Mayan Prophecy/Mayan Doomsday)
ニューエイジ(新世界主義・霊性復興運動)関連の書物では、
マヤの長期暦(187万2000日を周期とする暦)は2012年の冬至付近で終わるとされ、
その日を終末論と絡めた形でホピ族の預言も成就する(2012年人類滅亡説)といわれている。
しかし、マヤの暦は現サイクルが終了しても新しいサイクルに入るだけで永遠に終わらないという見方もあり、多くのマヤ文明の研究家たちも終末説を否定している。
また、2010年~2011年にグアテマラで9世紀頃の遺跡から「マヤ最古のカレンダー」が発見され、
その結果2012年の終末を窺うものは見つからなかったと米科学誌サイエンスで発表された。
しかし、マヤ文明の暦を研究しているロバート・ワナメーカーは「マヤ暦にうるう年の計算が入っていなかった為に誤った情報が流れた」と言及し、
うるう年を考慮した完全な滅亡の予言は「2015年9月3日」であると発表した。
さらに、2015年9月3日滅亡説の信憑性を高める証拠として、古代エジプトのイシス神殿に祀られている「1465体の神の加護が1年ずつ失われる時、世界が水没がする」という予言があり、
イシス神殿が西暦550年に閉鎖したので1465年後の2015年がXデーだという話、ジョン・タイターの「2015年に核戦争が起こる」予言、世界三大予言者の1人ジーン・ディクソンの「2015年に混乱がピークを迎える」予言などが挙げられている。
【【悲報】マヤ暦の人類滅亡説、本当は今日だった】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/11(水) 23:46:11.37 ID:yAPUigQE0.net
a8a0db2
横浜市教委は11日、横浜市泉区の市立中学校に勤務する40代の男性教諭が理科の授業中に、
パソコン操作を誤って生徒にわいせつな静止画像を見せてしまったと発表した。
市教委は今後詳細な聞き取り調査を行い、教諭の処分を検討する。

市教委によると、教諭は10日午前8時55分ごろ、理科の授業中に私物のパソコンで
宇宙に関するDVDを見せようとしたところ、パソコンの操作ミスで、インターネットを通じて
自宅で閲覧したわいせつな静止画像16枚が約10秒間映し出された。

教諭は授業を受けていた1年生の男女生徒38人に謝罪し、授業を続けた。
同中は11日夕、全校保護者説明会を開催し、状況の説明と謝罪を行った。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150311-00000586-san-soci

【生徒に宇宙を見せようとした結果wwwwwwwww】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/12(木) 19:56:26.83 ID:CEIzpDXI0.net
001

土星:衛星に熱水…「生命育む環境」 東大など発表

土星から約24万キロを回る衛星エンセラダス(直径約500キロ)の海底に熱水があり、微生物などの生命を育む環境があると、東京大や米航空宇宙局 (NASA)などが12日付の英科学誌ネイチャーに発表した。地球の深海にある熱水噴出孔は生命誕生の有力候補地と言われる。地球以外の天体で見つかった のは初めて。

 土星を周回する無人探査機カッシーニの観測データを解析し、エンセラダスが宇宙に噴出する海水に、二酸化ケイ素からなる微粒子を含むことを発見。90度以上の水と岩石が反応し、岩石成分が水に溶けて作られていることも分かった。

 宇宙に噴出した海水由来の水蒸気には有機物などが含まれていたが、微生物がエネルギーに使う熱水は未確認だった。関根康人・東京大准教授は「水や有機物、エネルギーという生命に必須の3大要素が確認できた」と話す。
http://mainichi.jp/select/news/20150312k0000m040128000c.html

地球ヤバイwwwww



【東大「宇宙生命体が生息可能な環境発見したンゴ」】の続きを読む