松本剛

1 :名無しよ大志を抱け 00:00:00:00 ID:fightersmatome
20171118_matsumoto-560x373
松本、新2番で2点二塁打「韓国戦で勝ち切った勢いのままにいけた」

アジアプロ野球チャンピオンシップ2017予選リーグ(18日、台湾2-8日本、東京D)日本の松本(日本ハム)は左投手対策として2番で先発に起用された。四回に期待通りに先発左腕から中前打を放つと七回一死満塁では右投手の速球を右翼線へ2点二塁打。この一打で5-0として試合の大勢を決め「差はまだ開いていなかった。必死にいった」と喜んだ。   東京・帝京高から入団6年目の今季は115試合に出場した。昨季の12試合から大きく飛躍した24歳。同世代の今永(DeNA)に負けじと決勝進出に貢献し「韓国戦で厳しい中、勝ち切った勢いのままにいけた」とチームの充実ぶりを強調した。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20171118/npb17111823480014-n1.html 

【【朗報】日ハムの若き帝京魂、侍ジャパンでも躍動】の続きを読む

1 :名無しよ大志を抱け 00:00:00:00 ID:fightersmatome
せめてこれくらいポジらせてクレメンス...
 50
日本ハム松本剛内野手(23)が1試合2発を放った。
3回1死一、二塁の好機。難攻不落のソフトバンク先発千賀のスライダー133キロを、左翼席に突き刺した。プロ6年目、通算27試合目での待望の1発は、試合の流れを引き寄せる先制3ラン。鮮烈なプロ初アーチで、先制点をたたき出した。「(プロ初本塁打は)会心の当たりでしたけど(スタンドに)いくとは思いませんでしたね。うれしいです」と喜んだ。 2点を追う8回には、再び左翼席へ2号ソロ。
マウンド上の千賀に、両手を膝に置き、悔しがらせる一撃を見舞った。8連敗中のチームの起爆剤として、起用に応えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170425-01813312-nksports-base 

【日ハム松本剛が千賀から2発放ったという事実】の続きを読む