北海道日本ハムファイターズ

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 10:26:29.01 ID:LDWYpa/vp
スクリーンショット 2018-10-16 23.57.07
 
野球は4番って言葉は嘘なんやね…

【日ハム、SB4番の柳田を完全に封じるも敗戦してしまう 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 20:10:38.00 ID:DyitCO/N0
スクリーンショット 2018-10-16 21.11.10
 
日本ハム退団の吉井コーチ無念「ファイターズは新しい道を進むと言っていた」

今季限りで日本ハムを退団することが球団から発表された吉井理人投手コーチ(53)が16日、自身のブログを更新。無念さをにじませた。  
 日本ハムは前日15日にパ・リーグのクライマックスシリーズ(CS)ファーストステージでソフトバンクに敗れ、CSファイナルステージ進出を逃したばかり。吉井コーチは「みんな、頑張ったのですが、力尽きてしまいました。でも、選手たちは、最後までよく戦ったと思います」と選手たちの頑張りを労った後で自身の去就について触れ「さて、わしは、ファイターズでの役目を終え、今季限りで退団することになりました。(ファイターズは新しい道を進むと言っていた)」と退団を報告。   「本当は、もう少し、若い子たちの成長を近くで見ていたかったんやけど、コーチの入れ替えはプロ野球の世界では良くあることです。今度は、遠くから応援したいと思います」と続け、退団が自身の意思ではなかったことを明かした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000130-spnannex-base

【吉井コーチ、退団は自分の意志ではなかった「ファイターズは新しい道を進むと言っていた」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 02:49:20.53 ID:bD9x0YhO0
Cxtx_D6UQAAgZEi.jpg-small
 
こんばんは。まりあです。
今日まりらぶの収録がありました
ありがとうございました

ぶどうがごろごろ入ってるジュースのんだよ
スタジオの近くの自動販売機で見つけました

収録が終わって、携帯つけたら6回
中継みながら帰りました。

おうちに着いて
CS(FOXスポーツ)で、CSみました。

今日も試合があってまりあは嬉しかったです
ありがとう。
LOVEファイターズ

まりあより
https://ameblo.jp/mm-12ki/entry-12412162410.html

【熱狂的日ハムファンの牧野真莉愛ちゃん、今日の試合を見るも結果には触れず】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 09:07:53.50 ID:rR4CRwgqH
thumb-12133-225057-sports
 
日本ハム、金足農・吉田と面談 巨人とオリも訪問し計11球団に

今夏の第100回全国高校野球選手権大会(甲子園)で準優勝に輝き、10日にプロ野球志望届を提出した金足農・吉田輝星投手(3年)に対し、巨人、オリックス、日本ハムのスカウトが15日、秋田市内の同校を訪れた。3球団は中泉一豊監督(46)に調査書を手渡して会談。日本ハムは大渕隆スカウト部長(48)が出向き、吉田との面談も行うなど、改めて評価の高さをうかがわせた。   
直々に足を運んだ。日本ハム・大渕スカウト部長は、白井スカウトとともに金足農を訪れ、中泉監督もまじえて約40分間、吉田と面談を行った。   
「上位候補と考えている高校生とは、こうして面談をするようにしている」。大渕スカウト部長は改めて吉田が高評価であることを明かした。   
同部長は、試合や練習で見せる能力だけでなく、普段の態度やしぐさなどもチェックし、これまで大谷翔平(現エンゼルス)や清宮幸太郎ら高校生を上位で指名してきた。この日の吉田に対しても「非常に立派な受け答えだった」と評するなど、約15分だった阪神の倍以上の時間を使って、じっくりと見極めた。   
この日は昼過ぎから巨人、オリックスのスカウトも調査書を手渡しに同校を訪れた。10日に吉田がプロ志望届提出後、プロ球団の同校訪問が始まったが、関係者の話を総合すると、この日が最後。日本ハムは、11球団(西武以外)のトリを飾った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000037-sanspo-base 

【日ハムが吉田輝星と大トリ面談 他球団の倍以上の時間を使いスカウト部長が直々に 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/16(火) 06:23:27.63 ID:2IeRfUKFp
32178160_172441036775653_3003642256985948160_n
 
2年契約2年目の日本ハムのブランドン・レアード内野手(31)が15日、来季の残留を希望した。

本塁打を打った際の「すしパフォーマンス」でおなじみの助っ人は、本拠地のある札幌に愛着を持っており「ファイターズという球団が好き。戻ってこられるとうれしいけど、どうなるか分からない」と話した。

来日4年目の今季は120試合に出場し、打率・233、26本塁打、65打点。左腹斜筋の肉離れで9月19日に出場選手登録を抹消され、CSファーストステージは欠場した。阪神など数球団が調査していたが、阪神は新体制となり白紙の状況となっている。
レアードは今季の年俸3億円からの減俸は避けられない状況で、今後は球団と本格的な交渉に臨む。また、来日1年目で10勝を挙げたニック・マルティネス投手(28)も、残留を希望している。
https://www.sanspo.com/baseball/news/20181016/fig18101605010002-n1.html

【【朗報】レアード&マルティネスが来季もチーム残留を希望】の続きを読む