北海道関連

1: 風吹けば名無し 2018/12/03(月) 06:43:07.28 ID:BDSxDkDz0
スクリーンショット 2018-12-03 11.23.10
 
JR北海道「過去最悪の赤字」…辞めた社員の声に見る“行きづまり”感

北海道の交通インフラを担う企業が“過去最悪”の赤字を計上しました。   北海道旅客鉄道株式会社(以下、JR北海道)は11月9日に9月中間連結決算と2019年3月期業績予想を発表しました。この発表は、営業損益などの各利益の数字で過去最悪の数字が並ぶ厳しい内容となりました。   そして同時に公表した2017年度の線区別収支状況では、4年連続で道内27線区すべての線区が赤字となり、約半数の13線区で赤字幅が拡大しました。
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181202-00091132-bizspa-bus_all

【【悲報】JR北海道さん、もうだめ「史上最悪の赤字を計上」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/10/07(日) 19:06:29.99 ID:LHSy2Z7f0
post_24754_09
 
9月6日の地震で被災した自治体の復興に役立ててもらおうと、札幌市豊平区の男性が6日、札幌市や北海道厚真町、安平町など6市町に総額9億円を寄付した。
男性は以前不動産業などに携わっていた札幌市在住の小竹正剛さん(86)。
札幌市に5億円を、残る4億円は建物などの被害の状況に合わせて北広島市、厚真町、安平町、日高町、むかわ町に配分し、被災者支援に充てられるという。
札幌市中央区の市民交流プラザで感謝状の贈呈式があり、小竹さんは「お金は使って初めて価値が出る。被災した方が一日も早く元の生活に戻れるように使っていただきたい」と話した。
市によると、小竹さんはこれまでも市に計12億円を寄付しており奨学基金などに使われている。【野原寛史】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000024-mai-soci

【札幌の86歳男性、被災6市町に9億円寄付 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 12:09:40.27
スクリーンショット 2018-07-22 21.53.20
スクリーンショット 2018-07-22 21.53.20
 
経営難のJR北、赤字5路線5区間廃止へ 国・道は容認

JR北海道が廃止方針の区間

 深刻な経営難に陥っているJR北海道は、赤字の5路線5区間(311・5キロ)を廃止する方針を固めた。
全路線の営業距離の1割強にあたる。
沿線自治体の同意を得たうえでバスに転換する。
国鉄時代に決まっていた路線の整理以来、最大規模の廃線に踏み切り、国の財政支援を受けながら経営再建を進める。

 国と北海道は廃止を容認しており、JR北海道は早ければ年内にも廃止を決めたい考えだが、一部自治体との協議はまとまっておらず、同意を得られるかが焦点だ。

 対象は留萌線、石勝(せきしょう)線夕張支線の全線と、札沼(さっしょう)線の北海道医療大学―新十津川駅間、根室線の富良野―新得駅間、日高線の鵡川(むかわ)―様似駅間。
1列車あたりの平均乗車人数が10人前後と少なく、島田修社長は「国や地域に負担を求めて鉄道を残すより、バスに転換した方が利便性が高まる」としている。
https://www.asahi.com/articles/ASL7P5HWBL7PIIPE023.html
【JR北海道、超赤字の5路線5区間を廃止へ 北海道J民集まれ! 】の続きを読む