栗山監督

1: それでも動く名無し 2022/05/16(月) 23:10:04.22 ID:T0BpFBH6p
スクリーンショット 2022-05-15 8.45.52

テレビでのプロ野球チェックと並行して、今はアマの現場に足を運ぶ。ほぼ初見の選手を見ることで、世界大会に通じる勝負勘を研ぐ狙いもある。「勝つ確率が高いなら、何でもしてやる。そういう戦い」と強調した。栗山監督が抱く二刀流のスタイルは、エンゼルス大谷のような「4番&先発」に限らない。
 
【栗山監督、WBC世界一へ禁じ手なし「何でもしてやる」】の続きを読む

1: それでも動く名無し 2022/05/14(土) 18:46:09.27 ID:akkFMqw40
 2022-03-22 午後2.35.48

二刀流については「どっちかというと例えば1番で足を使って引っかけ回すようなタイプの選手が、なんか急にマウンドに上がるとか、そういうイメージを持たせてくれる。みんな二刀流というと大谷翔平をイメージする。先発で4番。そんなタイプばっかりではないはず」。外野から救援登板するプランを想定していたことなども明かしていた。   
大谷との共通点については「ひと言で言うと、完全に野球小僧。なんかセーフティーバントやってみたりとか、自分がピッチャーで投げているとかは関係なく、この瞬間、瞬間、野球に対して後のことを考えずできる限り前に進めるという、それくらい野球小僧じゃないとみんなが『エッ』と思えるような野球選手にはならない。そこはすごく似ているなと思いました」と証言していた。
 

【栗山監督が日体大・矢澤を視察「翔平とはタイプが違うけど野球小僧なところが似ている」】の続きを読む

1: それでも動く名無し 2022/05/01(日) 03:16:08.51 ID:obnAZNqkr
20211202s00001004585000p_viewのコピー

来年3月に開催予定となっているWBC。右腕の快投を刺激に若い世代がさらに成長することを願う。「佐々木朗希君が前に進めば、あの世代の若い人たちも一気に。プロ野球で中心になっている投手たちも何かを感じているから。みんなで切磋琢磨(せっさたくま)してくことはすごくいいことなので。ジャパンを預かる立場としては『ありがとう、朗希』という感じ」と話した。
 
【栗山監督「ありがとう、朗希」】の続きを読む

1: それでも動く名無し 2022/04/26(火) 17:42:33.99 ID:aKH6mlncM
G20130525005879480_view



白井球審と〝トラブルの歴史〟 ダル、中畑監督、雄星らも判定めぐり大もめ NPBは「おとがめなし」の方針

2013年5月25日、日本ハム・栗山監督  守護神の武田久の投球は、阪神・浅井のバットのグリップエンドに当たったかに見えたが白井球審は死球と判定。栗山監督が「あれが死球なら審判を辞めろ。俺を納得させられないのなら、退場させてくれ」と暴言を吐き退場。 
 
  【栗山監督、白井球審に「審判を辞めろ」】の続きを読む

1: それでも動く名無し 2022/04/15(金) 09:01:43.93 ID:gI6PQ0TKp
 2022-04-15 午後2.16.45

野手については根尾、石川昂、さらにDeNAの森にも触れ「1軍では結果が出ていないけど、その世代までこっちが枠を広げるかどうか。今言った子たちも個人的な感情から言ったらオレ好きそうじゃん。でもそこまで広げるとメンバーが60人になるので、どう選択するのかそこは考えます。死ぬほど悩むでしょう」と語った。
 
【侍・栗山監督「オレ、好きそうじゃん」と根尾、石川昂らの名前を挙げる←これ】の続きを読む