イチロー

  • カテゴリ:
1: 風吹けば名無し 2018/05/08(火) 11:22:03.31 ID:uh/uhS3G0 
49
もどかしいイチロー「ブラジルで見ているのと同じ」

実際の打席に立ち、18・44メートルの距離で「投手大谷」の力を体感したかった。同じ舞台に立つことがかなわなかったイチローは、素直な思いを口にした。「対戦したいですよ、それはそうでしょう。特別な才能ですからね、あれは。165キロを投げるというのは。それは単純に見てみたい、本当に」。   

イチローにすれば、無念さだけでなく、もどかしさを感じたのかもしれない。「テレビで見ている印象だから、日本で見ている人と変わらない印象になってしまうね。直接やれば、こんなボールだったとか言えるんだけど、皆さんと同じですからね。目線が。なかなか、生きたコメントになりづらいですね。だってブラジルで見ているのと同じですからね」。日本でも、ブラジルでもない。同じ球場にいながら映像を見ている現実を受け入れるためにも、笑うしかなかった。 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180508-00202097-nksports-base 
 
この語彙能力よ

【イチロー「大谷はブラジルで見てるのと同じ」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/04/11(水) 17:29:57.27 ID:fGrwDJY40
05
 
01
 
そしてイチローは、そのプレッシャーの中でスーパーデビューした大谷の存在感をこう表現したという。
 「スター選手は、正しいときに輝きを見せる。彼が、今していることはスター選手とそうでない選手との違いでもある。注目が集まる中ですべてをやっているのだから。ただ信じられない」  

またイチローと大谷は、プライベートでテキストメッセージや電話で連絡を取り合う仲であることを明らかにした上で、イチローの大谷評価をこう続けて記した。  
「大谷のどっしりとした心構えが身体的、精神的、感情的な面で、切り抜ける上での助けになる。僕は、他の人々と同様に大谷がマウンド上、そして打席で素晴らしい結果を残していることにも衝撃を受けている」   
投手経験のあるイチローは「大谷の二刀流が控えめであっても素晴らしいこと」とも語った。   

ただイチロー自身は大リーグでの初登板後に「二度とやらない」と言い聞かせたという。  
「大リーグで投げる、大リーグで打つということは、それぞれが共に良いパフォーマンスでなければ難しいこと。彼は両方を高いレベルでこなしている。両方でこれまで残している結果はただ信じられない」  
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180411-00000003-wordleafs-base&p=2

【イチローが大谷翔平について語る「ただ信じられない」 】の続きを読む

  • カテゴリ:
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/03/09(金) 11:19:03.76 ID:ezjuEUAPp
45
マリナーズ復帰イチロー、白Tシャツでキャンプ登場

マリナーズに復帰したイチロー外野手(44)が、入団会見から一夜明けた8日(日本時間9日)正午すぎ、米アリゾナ州ピオリアのキャンプ施設に姿を見せた。   この日は、真っ白な無地のVネックのTシャツにジーンズ姿で登場。過去数年間、メッセージ入りのユニークTシャツが話題となったが、今キャンプではどんなTシャツがお披露目されるのか、ひそかに注目を集めそうだ。
https://www.nikkansports.com/baseball/mlb/news/201803090000014.html 
【イチローさん、毎年恒例のおもしろTシャツ封印へ 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2018/03/08(木) 08:32:41.77 ID:zxrlEkVG0
55

マリナーズ・イチローが復帰会見 エンゼルス・大谷との対戦熱望「世界一の才能。野球の醍醐味」「投手で対戦したい」で笑いも

 二刀流の大谷翔平投手が加入したエンゼルスは同じア・リーグ西地区。今季の直接対決は19試合ある。「誰が見ても世界一の才能と言ってもいいんだろうと、よく聞きますし、実際に見たことはないんですけど、僕もそう思います。そんな選手と対戦することというのは野球の醍醐味の1つだと思うんですね。必ず実現させたい」と直接対決に意欲。最後には「できれば(イチロー自身が)投手で対戦したいなと思います」と話し、報道陣の笑いを誘った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180308-00000088-sph-base 

【イチロー「大谷を実際に見たことはないが世界一の才能の持ち主だと思う」 】の続きを読む