北海道関連

1: 風吹けば名無し 2018/10/07(日) 19:06:29.99 ID:LHSy2Z7f0
post_24754_09
 
9月6日の地震で被災した自治体の復興に役立ててもらおうと、札幌市豊平区の男性が6日、札幌市や北海道厚真町、安平町など6市町に総額9億円を寄付した。
男性は以前不動産業などに携わっていた札幌市在住の小竹正剛さん(86)。
札幌市に5億円を、残る4億円は建物などの被害の状況に合わせて北広島市、厚真町、安平町、日高町、むかわ町に配分し、被災者支援に充てられるという。
札幌市中央区の市民交流プラザで感謝状の贈呈式があり、小竹さんは「お金は使って初めて価値が出る。被災した方が一日も早く元の生活に戻れるように使っていただきたい」と話した。
市によると、小竹さんはこれまでも市に計12億円を寄付しており奨学基金などに使われている。【野原寛史】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181007-00000024-mai-soci

【札幌の86歳男性、被災6市町に9億円寄付 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/12(水) 14:42:47.25 ID:PBnOye68p
スクリーンショット 2018-09-12 18.30.59
 
ネギなしのそば× 漬物がない弁当× 会社幹部くやし涙

「そばはあるんですが、ネギがない。弁当の素材はあるんですが、漬物がない。そうすると『ざるそば』や『幕の内弁当』という商品は作ることができないんです」。大手コンビニチェーンの道内店舗に弁当類を供給する会社の幹部は目いっぱいに涙をためながら、苦しい胸の内を吐露した。「食材はいっぱいある。でも、チェーンの規格に合わない商品は出せない。この苦しいとき、地域の役に立てない。非常に切ない」   
この工場に電力が戻ったのは、地震発生から丸1日以上たった7日午後9時。地震で飛び散った揚げ油の処理や、使えなくなった食材の廃棄などに時間を要し、弁当の生産を再開したのは10日朝だった。その後、多くの食材を確保したものの出荷できる弁当はわずか2品目にとどまっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180912-00010000-doshin-soci 

【北海道のコンビニ「蕎麦はあるけどネギが無いので出せない」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/17(金) 10:16:53.89 ID:RSZc8qRR0
スクリーンショット 2018-08-17 15.00.19
 
早くも大雪山系黒岳で初雪 1974年以降では最も早い観測

北日本の上空に寒気が流れ込んでいる影響で、大雪山層雲峡黒岳ロープウェイを運営する株式会社りんゆう観光によると、本日17日(金)早朝に北海道の大雪山系黒岳の石室付近では雪が降り、初雪となりました。

これは、1974年以降では最も早い観測で、8月に初雪が観測されたのは2003年の8月30日以来、15年ぶりのこととなります。
http://weathernews.jp/s/topics/201808/170065/  

【【悲報】北海道、もう初雪 】の続きを読む