大谷翔平

29: 風吹けば名無し 2018/08/19(日) 13:52:05.49 ID:J0lxGE5pd
きたああああああああああああああああああああああああああああああああああああ 
スクリーンショット 2018-08-19 15.36.11
 エンゼルス大谷翔平投手(24)が7回に代打で登場し、13号3ランを放った。  7-6と1点を勝ち越してなお1死一、二塁から起用され、レンジャーズ2番手のバトラーの152キロの直球を捉えた。点の取り合いとなっていた試合展開の中、中越え3ランで貴重な追加点を奪った。   打った直後は体をのけぞらせるほどのフルスイング。高めの直球をパワーで中堅スタンドへ運んだ。推定飛距離は410フィート(約125メートル)で、代打での本塁打は今季2本目となる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180819-00304203-nksports-base 

【大谷翔平の反り返り打法wwwwwwwwwwww】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/04(土) 11:08:34.04 ID:9uqXUsau0
2HR
スクリーンショット 2018-08-04 13.22.23
大谷2発含む4安打「やっと良い形になってきた」

エンゼルス大谷翔平投手(24)が10号、11号と初の2打席連続本塁打を放った。   この日は初めて3番(DH)に入り、1回表1死一塁の第1打席でインディアンスの右腕クリビンジャーの155キロ直球を捉え、左翼席へと運んだ。   日本人大リーガーで1年目に2桁本塁打をマークしたのは、01年新庄(10本)03年松井秀(16本)05年井口(15本)06年城島(18本)08年福留(10本)12年青木(10本)に大谷を加え7人となった。   2-3と逆転されて迎えた3回表1死走者なしの場面では、フルカウントから時速151キロの速球を、今度は右中間最深部へ飛距離135メートルの同点11号ソロ。自身初となる1試合2本塁打をマークした。   大谷の本塁打はすべて右投手から。ビジターゲームでの本塁打は10本目にして初めてとなった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180804-00289394-nksports-base 

【大谷翔平4安打wwwwwwwwwwwwwwww】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/01(水) 17:02:25.79 ID:QtcXLFCA0
スクリーンショット 2018-08-01 18.45.29
 
大谷の影響で高校生“二刀流”が大量発生!? 学生の「エースで4番」珍しくないが…最も可能性高いのは「岩手の2年生右腕」

大谷翔という成功例が現れたからこそ、それに続こうという高校生が激増しているわけだが、大谷翔はメジャーでも群を抜く才能だけに、待ち受けるハードルは相当高いと覚悟しなければならない。   あるプロのスカウトは「マスコミがゲタをはかせて二刀流、二刀流と騒ぎ過ぎ。“エースで4番”の高校生は昔からはいて捨てるほどいる。最近になって変わったわけではないよ」と苦り切っている。   そんな中、大谷に続ける人材はいるのか。あるパ・リーグのスカウトは「最も可能性があるのは、大船渡の佐々木だろう」と明言する。岩手大会で1番打者を務めつつ最速154キロをマークした佐々木朗希(ろうき)投手(2年)。189センチ、81キロの細身の体形は大谷翔の高校2年時にそっくりともっぱらだ。   16歳の右腕は9月に宮崎市で開催される「第12回BFA U18アジア野球選手権大会」に出場する高校日本代表1次候補名を連ねている。岩手大会3回戦の西和賀戦(14日=岩手県営)でマウンドに上がることなく敗退した剛腕は、秋に真価を見せてくれるはずだ。
http://news.livedoor.com/article/detail/15097300/ 

【大谷翔平の影響で、二刀流の高校球児が大量発生! 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/27(金) 09:03:42.46 ID:DCusG/eLa
スクリーンショット 2018-07-27 12.54.23

【大谷翔平、女子バレー日本代表と和気あいあい記念撮影】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/20(金) 09:19:35.12 ID:iOv1+RyJa
スクリーンショット 2018-07-20 10.30.27
 
 エンゼルス大谷翔平投手(24)が、19日(日本時間20日)に右肘の2度目の再検査を行い、投球練習を開始できると診断された。球団が発表した。   
ロサンゼルス市内の病院で検査を受け、チームドクターによれば右肘の靱帯(じんたい)は回復しているという。大谷のリハビリ予定については、球団が今後、改めて公表する。   
大谷は6月7日(同8日)に右肘の検査を受け、右肘側副靱帯(じんたい)損傷と診断され、3週間ノースロー。フリー打撃を開始した6月28日(同29日)の再検査後も、7月19日(同20日)の次回の検査日まで3週間ノースローと制限があった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180720-00273884-nksports-base

【【朗報】大谷、右肘靱帯回復 投球練習開始OKの診断 】の続きを読む