契約更改

1 :名無しよ大志を抱け 00:00:00:00 ID:fightersmatome
171129_contract_740x420_pcsp



【日ハム鍵谷、石川直ら契約更改 吉田「日本語の勉強したい」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/11/21(火) 14:10:11.29 ID:WswMJ3oC0
54
日本ハムのソフトボーイ大嶋が契約更改 現状維持も「契約に感謝」

日本ハム・大嶋匠捕手が21日、2軍施設のある千葉・鎌ケ谷で契約更改交渉に臨み、現状維持の年俸560万円でサインした。   今季は1軍出場を果たせず、イースタン・リーグで打率・273、3本塁打、23打点。捕手陣に故障者が続出したチーム事情もあり、球団からは2軍での奮闘に一定の評価も与えられたが、「バッティングで納得できる形、結果をファームですら出せなかった。思った通りに行かなかった」と厳しい表情を浮かべた。   早大ソフトボール部から異例の転身を果たし、来季は7年目。年々、立場は厳しくなるが「契約していただいたことに感謝して、がむしゃらにやりたい」と誓った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171121-00000069-dal-base 
 
なんでこいつこんなに居れるんや?

【ソフトボーイ大嶋が契約更改 現状維持も「契約に感謝」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/05(月) 15:33:51.99 ID:Q4PF1wa/0
33
【日本ハム】大野、微増提示に一発サイン「素晴らしい言葉をいただいた」

日本ハムの大野奨太捕手(29)が5日、札幌市内の球団事務所で計や更改交渉に臨み、
今季年俸4500万円から微増提示に一発サインした。

球団幹部から交渉の席で「1年間キャプテンとして選手会長として、チームをまとめてくれた。
日本一になれたのは大野のおかげ」と声をかけられ、
「(増額は)多少です。それ以上に素晴らしい言葉をいただいた。それだけで十分です」と満足気だった。

今季は自己最多の109試合出場し、打率2割4分5厘、5本塁打。キャリアハイとなる35打点をマークした。「一番いい成績を残せて前に進めたと思う」と振り返った。チームの日本一連覇に必要なことを問われると、「(大谷)翔平の力」と笑い飛ばした。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161205-00000145-sph-base

【日ハム大野、微増提示に「素晴らしい言葉をいただいた」と大満足】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/01(木) 12:04:26.68 ID:grCqUHUS0
04

日本ハム】中村、減額制限超の大幅ダウン提示にサイン「自分が悔しい」

日本ハムの中村勝投手(24)が1日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、今季年俸2400万円から減額制限を超える大幅ダウン提示を受け入れてサインした。中村は「プロ野球選手なので覚悟はしていた。期待してもらう中で何も出来ていない。球団から言われた額で押そうと思っていた。大幅ダウンですけど、取り返すチャンスはあるのでポジティブに捉えている」と話した。

 09年ドラフト1位でプロ入り。14年に8勝2敗、防御率3・79と結果を残したが、今季は2試合登板、0勝1敗、防御率6・00。10年ぶり日本一に輝いたチームの戦力となれなかった。「もう1度頑張って欲しい、と言われて、ずっと期待してもらっている中で、期待に応えられない自分が悔しい。来年はなんとか頑張りたい」」と悔しさをにじませた。

 シーズン終盤に右肘を痛め、9月末に自身の血液から分離した多血小板血漿(けっしょう)を注射する「PRP療法」を行った。「もう同級生、年下がローテーションに入っている。なんとか負けないように、勝てるようにしたい」と意気込んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000045-sph-base


【日ハム中村勝が2400万からの減額制限超(金額不明)で契約更改】の続きを読む

1 :爆ぜる名無し 00:00:00:00 ID:fightersmatome
27

日本ハム】中田、3億円届かず2・8億円サイン「節約して子どものためにお金を残したい」

日本ハムの中田翔内野手(27)が1日、札幌市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、3500万円アップの年俸2億8000万円でサインした。恒例のご褒美を問われた大砲は、「欲しい物を全て手に入れているので、節約して将来のためにお金を貯めたい。子どものためにお金を残したい」と話した。

 今季は打率2割5分と苦しんだが、25本塁打、自己最多の110打点。2年ぶりの打点王のタイトルを獲得し、パ・リーグの一塁手のベストナイン、ゴールデングラブ賞。不動の4番としてリーグ優勝、日本一へ導いた。「優勝して、日本一になれた。そこは良かった。いい経験をさせてもらった。個人的にはもう少し出来たなと思う」と振り返った。

 来年3月の第4回WBCでは4番と期待されている。1月は例年通り米ハワイで自主トレする。「大事な1年になる。さらに気合を入れて頑張りたい。すべてにおいてキャリアハイの数字を残して、終わりたいなと思います」と意気込んだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161201-00000089-sph-base

【中田翔、3億円届かず2.8億で一発サイン「節約して子どものためにお金を残したい」】の続きを読む