新球場

1: 鉄チーズ烏 ★ 2024/05/19(日) 20:15:11.52 ID:8wn7/RZL9
2405171642_1-714x476

5月1日、築地市場跡地(東京都中央区)の再開発事業者による会見が行われた。総事業費が約9000億円にもなる大規模開発の目玉は、何といっても約5万人が収容可能な屋内全天候型の多目的交流施設「マルチスタジアム」だ。その事業予定者の一員として読売ジャイアンツの山口寿一オーナーが登壇したから、“ある期待”が高まった。

【巨人 築地新球場は屋根付き人工芝、開閉式で天然芝じゃないの?専門家は「経営側がどちらを向いているかということ」】の続きを読む

1: それでも動く名無し 警備員[Lv.8][苗] 2024/05/02(木) 17:01:25.31 ID:FwCm7zwz0
スクリーンショット 2024-05-02 20.51.27

東京都が19日、事業予定者を発表した築地市場跡地(中央区)の再開発。中核施設となるマルチスタジアムは、変幻自在に内部の形が変わるのが特徴だ。国内の既存施設に不足しているVIPルームなど迎賓機能を充実させ、新次元の多目的施設として、世界中から多彩なイベントを呼び込む。


【築地ドーム、完成予想図が「野球バカにしてるのか?」とプチ炎上してしまう】の続きを読む

1: 鉄チーズ烏 ★ 2024/02/29(木) 07:09:35.59 ID:3p3xeffO9
エスコンフィールド北海道

Fビレッジを運営する「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」が、28日、行った報告会。   開業1年目の売り上げは251億円となり、札幌ドーム時代のコロナ前の2019年と比べると、93億円の増収となりました。   

売り上げの柱となる広告収入のほか、グッズ購入や試合がない日の来場者による飲食の収入などが、営業利益を押し上げたということです。

【日本ハム Fビレッジ1年目の売上は251億円、札幌ドーム時代の2019年から93億円増収】の続きを読む

1: 名無しさん 2023/10/05(木) 11:38:37.35 ID:AZ1eOS+y0
エスコンフィールド北海道

日本ハムは5日に今季最終戦を迎える。9月28日に本拠地ラストゲームを終えた開業初年度のエスコンフィールド北海道には、計71試合で188万人が来場。Fビレッジ全体では約半年間で累計300万人を突破した。総工費約600億円の新球場構想の仕掛け人で、プロジェクトの中心を担ったファイターズ スポーツ&エンターテイメントの前沢賢取締役事業統轄本部長(49)がスポーツ報知のインタビューに応じ、新球場元年の裏側や来季への思いを語った。
 

【エスコン元年71戦188万人来場 来年球宴初開催へ向け「これまでにない新しい試みを」】の続きを読む

1: 八百坂先生 ★ 2023/09/28(木) 20:52:29.69 ID:UnlbaK2J9
main-1-scaled

3月に開業した日本ハムの新球場「エスコンフィールド」と周辺の商業施設などを含めた「Fビレッジ」への来場者が、本拠地最終戦で300万人に到達した。球団が年末までの目標として掲げていた数字を、3カ月前倒しでクリアしたことになり、小村勝球団社長は「こんなチーム成績でこれだけのお客さまに入っていただいている。感謝しかない」と語った。
 

【『エスコンフィールド』『Fビレッジ』来場者が300万人到達 小村勝球団社長「感謝しかない」】の続きを読む