新球場

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/24(日) 08:40:48.23 ID:1AuvXbf30EVE
600_000
 
プロ野球・北海道日本ハムファイターズの本拠地移転構想で、球団と北海道北広島市の14回目の協議が22日、同市役所で開かれた。
球団は候補地の一つであるきたひろしま総合運動公園に移転した場合、新球場に冬季はスケートリンクを造る機能を持たせることを検討していると明らかにした。
米アイスホッケー・NHLでは、冬季に大リーグのチームの本拠地球場に専用設備を設置してリンクを造り、公式戦を実施するチームがある。
新球場にも同様の環境を整えれば、プロ野球のシーズンオフも集客ができ、施設の稼働率も高められる。
球団の三谷仁志・事業統括副本部長は「球場にアイススケートリンクを造ることは海外でも実施例があるので、我々も検討していきたい」と述べた。
札幌市が候補地に加えた真駒内公園の協議でも、同様の機能が整備できるか議論される見通し。【野原寛史】
https://mainichi.jp/articles/20171223/k00/00e/050/197000c

【日ハム、何故か新球場にスケートリンク熱望 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/16(土) 07:14:25.04 ID:RJoVMxQo0
makomanai
 
日本ハムが計画している新球場の候補地をめぐって15日、札幌市は球団との実務者協議で新たに南区の「道立真駒内公園」を提案した。
日本ハムの前沢賢事業統括本部長は「自治体と住民と一緒に、より良い形を作っていきたい」と述べ、前向きな姿勢を示した。
 これまで札幌市は2カ所の土地を提案してきたが、球団が想定する面積に満たないことや、地権者の理解が得られないことから協議が難航。
市は新たに、1972年札幌冬季五輪のスピードスケート会場になった「真駒内セキスイハイムスタジアム」のある敷地を候補地に加えた。
 札幌市は既存の施設を取り壊し、敷地に新球場を建設する。
市は2026年冬季五輪誘致を目指すが、屋外スケート場については支障がない見通し。
球場誘致については北広島市も立候補しており、球団は2案に絞って検討していく。 
ソース元
https://www.jiji.com/sp/article?k=2017121501117&g=bsb
2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/16(土) 07:16:06.99 ID:RJoVMxQo0
日本ハム球団の事業統轄本部の前沢賢本部長は記者団に対し、「北広島市の候補地と、今回示された真駒内公園の2案で協議を進めていきたい。 
来年3月までの残り少ない時間を、真駒内公園の協議に充てたい」と述べ、これまでに札幌市が提示している北海道大学の構内と、豊平区月寒地区にある旧共進会場を含む敷地を協議の対象から外す考えを示しました。 
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20171215/3549823.html

【日ハムのボールパーク構想新展開へ 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/15(金) 12:51:54.11 ID:rgUVIzUQ0
sty1706290011-p1

【北広島】プロ野球北海道日本ハムの新球場を核にするボールパーク(BP)構想で、誘致を目指す北広島市は14日、JR北海道に要望中の新駅と球場を直結させる高架式歩道を整備するなど、市側の新たな支援案を明らかにした。同市と球団は両者間の協議の進展について「8、9割の段階」としており、近く住民説明会も開く。   
同日の市議会総務委員会で説明した。北広島市はJR北広島駅から北西約1・5キロの市有地「きたひろしま総合運動公園予定地」(36ヘクタール)の活用を球団に提案している。   同市は、BP実現に向けた球団への支援策として、新駅と球場を結ぶ高架式歩道や、用地取得や造成、周辺道路や上下水道整備、駅前広場のインフラ整備などを用意していると説明。球団側は球場や室内練習場、選手寮、商業施設、ホテルなどを整備するという。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/151414 

【北広島市、日ハムとの球場移転協議「進展は8、9割の段階」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/14(木) 11:56:04.27 ID:jv8RpfU70
54

 本拠地移転を目指す日本ハムファイターズが、新球場について、冬季もフィギュアスケートの大会などを開いて通年で集客できる「多機能複合型」の施設にする方向で検討していることが13日、わかった。
札幌市が招致を目指す2026年冬季五輪・パラリンピックで、新球場をフィギュア会場に活用する案を同市などに提示している。

 日本ハムは、3万~3万5000人規模の開閉式ドーム型球場を23年に完成させる構想を掲げている。
球団関係者らによると、冬季はグラウンドに設けた専用枠に水を張って凍らせてリンクにし、仮設の観客席を設ける。
準備や解体は1週間ほどかかる。米国の一部球場で既に実施されている。
http://yomiuri.co.jp/hokkaido/news/20171214-OYTNT50027.html

【日ハム新球場案に進展 「多機能複合型」の施設を検討】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/12/05(火) 10:00:13.92 ID:TSHsrBxAH
38
 
日ハム新球場、真駒内案なら 大型商業施設は併設せず 球団が方針、環境に配慮

プロ野球北海道日本ハムは4日、新球場を核とするボールパーク(BP)を道立真駒内公園(札幌市南区)で開発する場合、環境に配慮し、当初の構想で描いた大型商業施設は併設しない方針を固めた。
一方、市民ランナーの活動拠点や子育て支援施設を盛り込むなど地域のニーズに応える。市は今月中旬にも行う球団との実務者協議で、公園をBP候補地に加える見通し。球団はこの席上で新たな構想を打診する。
https://www.hokkaido-np.co.jp/article/149155?rct=s_fighters

【日ハムBP構想、真駒内移転なら大型商業施設は併設せず 】の続きを読む