新球場

1: 風吹けば名無し 2018/12/15(土) 09:10:02.27 ID:mQRPQsHs0
img_b19d3582e75c4b6e6181613979facb94377906

現状では、めったにない平日デーゲームを多くするプランもある。三谷取締役は「平日の昼なら会社員の方が商談の場として球場を使用することもできる」と例を挙げた。また、働き方改革が叫ばれる昨今。日本ハムの試合に合わせて仕事を切り上げたり、福利厚生としてデーゲーム観戦を取り入れる企業が現れるかもしれない。そうやって、これまで球場と縁のなかった新規の来場者が増えれば、再び足を運んでくれるリピーターにつなげられる可能性も生まれる。  日本ハムの新球場建設は、日本におけるスポーツビジネスの概念を変える可能性が高い。そのためには魅力いっぱいのボールパークにする必要がある。三谷取締役は集まった報道陣へ「共同創造空間です。みなさんからも、いろいろなご提案をいただければと思います」とお願いした。世界一のボールパーク建設へ、幅広く意見を聞きながら進んでいく。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812120000625.html

【日ハム新球場、平日デーゲームを増やし商談の場所として活用へ 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/15(木) 15:27:48.20 ID:e2ulB6BY0
スクリーンショット 2018-11-15 18.11.05
 
道議会の特別委員会で高橋知事は、プロ野球・日本ハムが北広島市に建設する予定の新球場の交通アクセスを改善するため、新たな道路を整備する方針を示しました。
 14日の道議会決算特別委員会で高橋知事は、日本ハムが北広島市に建設予定の新球場について、「現状では重要なアクセス道路が1つしかないため広範囲にわたり渋滞が発生し物流など経済活動に影響がある。道が主体的に整備を進める必要がある」と述べました。 その上で高橋知事は、きたひろしま総合運動公園に建設する新球場と札幌市を結ぶ新たな道路を整備する方針を示しました。 道によりますと、新たな道路はJR千歳線と並行して新球場と札幌市の2.6キロを結ぶ片側1車線で、およそ37億円の費用を見込んでいるということです。
新球場はJR北広島駅からおよそ1.5キロ離れ、交通アクセスが課題となっていることから、道はアクセス改善に向け北広島市とも連携しながら取り組みを強化したい考えです。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20181114/0005665.html 

【【朗報】日ハム新球場、新道路整備で交通アクセス改善へ】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/10(土) 23:31:01.47 ID:94qEhzC20
スクリーンショット 2018-11-11 9.35.56

北広島市に建設されるファイターズのボールパークについて、敷地内に大学の誘致を計画していることが新たに分かりました。  8日の北広島市議会で、ボールパークについて調査する特別委員会が開かれました。その中で市は、ボールパークの詳細を発表し、ボールパークの敷地内に大学を誘致する計画を明らかにしました。計画では学生1700人規模で、スポーツや医療など、ボールパークと関連する分野を想定した大学の誘致を目指しています。また寮の建設も計画していて、既存の大学法人も含めて、今後事業パートナーを募るということです。市はこのほか数千人から1万人を収容できるアリーナや、マンションなどの建設も計画していて、2030年度までにエリア内のすべての施設の完成を目指すということです。
https://www.htb.co.jp/news/archives_2783.html 
 
リアルシムシティやん

【北広島市「球場建てるぞ。大学誘致するぞ。アリーナも作るぞ」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/09(金) 14:19:05.70 ID:iJzLX4M60
スクリーンショット 2018-11-09 22.59.30
新球場関連施設、30年度めど

日本ハム球団などが北広島市に建設する「北海道ボールパーク(BP)」(仮称)をめぐり、同市は8日の市議会ボールパーク等調査特別委員会で、全ての関連施設が完成する時期について、2030年度をめどとする見通しを示した。あわせて、BP周辺に2本の道路を新設することも明らかにした。   
市によると、球団側は3万5千人収容の新球場をメインに、ホテルや飲食店、商業施設、アリーナなどを関連施設として整備する
https://www.asahi.com/articles/CMTW1811090100004.html 

 
駐車場もっと増やせよ 
【日ハム、北海道ボールパーク周辺に道路2箇所新設へ 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/06(火) 05:04:06.38 ID:QilYvy1h0
スクリーンショット 2018-11-05 22.15.42
 
 北海道日本ハムファイターズの新本拠地球場について、日本ハム側がネーミングライツ(命名権)売却を検討していることを関係者が明らかにした。
買い取る企業は球場に自社やブランド名をつけ宣伝効果を期待でき、日本ハム側は売却費を管理・運営費などに充てるメリットがある。

 広告代理店がすでに国内大手企業に10年間で総額100億円で売却を打診中。実現すれば国内最高額の契約になると見られる。

 命名権事業を担当するのは、日本ハムと球団、広告大手の電通が出資し新球場建設計画を推進する「北海道ボールパーク」(札幌市)。
電通が大手メーカーなどに働きかけており、関係者は「手を挙げればどこでもありではなく、売却先企業の選択が重要」と説明している。

 プロ野球の球場では、インターネット大手・ヤフーがソフトバンクの本拠地、福岡ドーム(当時)の命名権を2005年から5年約25億円で取得した例などがある。
一方、札幌市が所有する札幌ドームは11年に市が「5年間以上、年5億円以上」の契約条件で募集したが買い手が付かなかった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181105-00000109-mai-base

【日ハム新球場、10年100億円でネーミングライツの売却を検討 】の続きを読む