木佐貫洋

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/26(木) 10:12:04.57 ID:84Ahre1E0.net
d5b8c5c1
週刊ベースボール12/7号 第5回「惜別球人」木佐貫洋

本当に充実した野球人生でした。関東、関西、北海道と様々な球団に所属することができ、多くのファンの方からの声援は一生忘れることはできません。本当に感謝です。
(中略)
ファイターズは北海道の寒い気候と対照的に球団もファンも優しくて温かった。『よく来てくれたね』と両手を広げて迎えてくれて、監督を始めコーチやスタッフの方々、チームメイトもみんなが本当に温かい。
一言で言うと「ウェルカム」な球団で、自分のような外から来る選手はとてもやりやすく馴染みやすい球団ですよ。
ファンもとても優しいんです。登板のときは拍手で迎えてくれたし、打たれても野次は飛ばないし、ピンチのときは声援が聞こえてくる。本当に励みになりました。

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/26(木) 10:12:25.13 ID:84Ahre1E0.net
ただ、逆に厳しさというものに関しては少し他球団と比べるとそこは足りないように思えます。ミスをしても厳しく注意したり居残りを指示されることはまずありません。選手を信じてくれて自主性を重んじてくれているからです。
ただ、それに甘んじて不甲斐ないプレーが続いてしまうと、ファンの方たちは愛想を尽かして試合を観に来てくれなくなります。
さらにミスが続いてもどう改善していけば良いかまだ分からない若い選手は、不安定な気持ちで次の日も試合に出続け、 いつかまた同じミスを繰り返す…といった負のスパイラルに陥りやすいデメリットもあると個人的に思うんです。
ときには監督やコーチが選手を呼び出して叱咤するのも必要です。ファンの方も僕らがつまらないミスをしたときは「なにやってんだ!しっかりしろ!」って言ってくれた方がプラスになるときも絶対あると思うんですよね。
ファームの鎌ヶ谷も同様の雰囲気で、厳しさというよりは励まして伸ばすといった感じでしたね。
オリックスにいたときは、一つのエラーで凄い野次が飛んできましたからね。フォアボールを出しただけでもブルペンまで聞こえるんじゃないかってくらい温かい叱咤がありましたから(笑)
【木佐貫「日本ハムは温かいが、厳しさが足りない」】の続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/09/29(火) 05:27:39.47 ID:XpuSXCCr0.net
05

【日本ハム】木佐貫現役引退!30日ロッテ戦が最後の雄姿


日本ハムの木佐貫洋投手(35)が今季限りで現役を引退することが28日、分かった。

  「松坂世代」を代表する実績十分の右腕が、ユニホームを脱ぐ。木佐貫は1年目の03年に先発の一角として10勝7敗の好成績を収め、新人王。交換トレード で09年オフにオリックス、13年1月に日本ハムに移籍し、先発として活躍した。球宴には3度出場。今季は1軍登板のチャンスはなかったものの、巨人、オ リックス、日本ハムの3球団で通算62勝を挙げた。

 チームでは大谷を始め、有原、中村らが台頭。木佐貫は2軍では3日のイースタン・DeNA戦(横須賀)で中継ぎ登板したのが最後だった。その後も千葉・鎌ケ谷市の2軍施設で練習してきたが、ここに来て、ユニホームを脱ぐ決断を固めた。

 律義で実直な性格はファンからも愛された。球場まで電車通勤するなど、球界屈指の鉄道ファン。移動時には自身の直筆サイン入りのベースボールカードを持参。直接ファンに手渡すなど、誠実な人柄でファンサービスにも積極的だった。

 すでに近い関係者には現役引退の決意を伝えている。30日のロッテ戦(札幌D)で引退試合が行われる見通しだ。誰からも愛された右腕が13年の現役生活に別れを告げ、第二の野球人生を突き進んでいく。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150928-00000205-sph-base

【日ハム木佐貫、現役引退!30日ロッテ戦が最後の雄姿】の続きを読む

1 :名無しのエゾリューション 00:00 ID:fightersmatome
19
日本ハムの木佐貫洋投手(35)が今季限りで現役引退することが18日、決定的になった。巨人、オリックス、日本ハムと3球団を渡り歩いた62勝右腕だ が、13年目の今季はここまで1軍昇格できず、2軍でも16試合で0勝6敗、防御率7・67。来季の戦力構想から外れており、近日中にも大きな決断を下す ことになる。

 木佐貫は昨季わずか1勝に終わり、今季を背水の陣として臨んでいたが結果を残せなかった。チームは12年以来、3年ぶりの リーグ制覇を逃したが、先発陣は大谷を筆頭に吉川、有原、中村、浦野、上沢、斎藤ら20歳代投手が先発ローテーションで回り、現在2位で19日の西武戦に 勝てばCS進出が決まる。世代交代の時を迎えていることも受け止めている。

 鹿児島・川内で甲子園出場はならなかったが、150キロを超 える直球と落差の大きなフォークを武器に亜大4年には東都大学リーグで春秋連続でMVPに輝き、世界大学野球選手権にも出場。巨人では新人だった03年に 10勝を挙げ新人王に輝いた。右肩甲骨下の手術などで一時低迷したが、07年に自己最多12勝と復活した。

 オリックスに移籍した10年 も10勝を挙げ、日本ハム1年目の13年も9勝をマーク。球宴にも3度出場した。13年には史上12人目となる12球団勝利を達成。プライベートでは鉄道 マニアとして有名で、球場まで電車通勤し、ファンとの交流を大切にするなど、人柄も誠実で人気も高い。来季以降に日本ハム以外でプレーする意思がなく、こ のままユニホームを脱いで第二の人生を歩む。
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/09/19/kiji/K20150919011159480.html

【【悲報】日ハム木佐貫、来季戦力外で引退決定的・・・】の続きを読む