野球ニュース

1: 風吹けば名無し 2018/12/13(木) 22:02:46.11 ID:IAcOaNcb0
スクリーンショット 2018-12-14 3.05.34
 
 アンケートは10月8-29日に開催された教育リーグ「みやざきフェニックス・リーグ」に参加した12球団の265人が対象。252人が回答し、平均年齢は23・5歳、平均在籍年数は3・6年だった。 

 「引退後にやってみたい仕事」は昨年7位の「一般企業で会社員」(15・1%)が最も多く、「大学・社会人の指導者」(12・3%)、「社会人・クラブチームで現役続行」(11・5%)、「高校野球の指導者」(11・1%)、「海外球団で現役続行」(8・7%)と続いた。「プロ野球の指導者」は6位(8・3%)で、初めて5位以内に入らなかった。2013年から昨年まで5年間は、「高校野球の指導者」が1位だった。   
「引退後の生活に不安をもっているか」は156人(61・9%)が「不安がある」と回答。年齢が上がるにつれて、不安要素は「進路」よりも「収入」の割合が高くなった。NPBの担当者は「指導者として声がかかっても、いつまでやれるかという不安から選ばない選手が多く、より現実的になったのではないか」と分析した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000543-sanspo-base 

【プロ野球選手の引退後の希望職業、初めて「一般企業で会社員」が1位に 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/07(金) 23:26:15.49 ID:XuWxQICV0
172309757-1024x671
 
プロ野球の1軍の公式戦に出場選手として登録できる人数が来シーズンから1人増えて29人となることが関係者への取材でわかりました。

プロ野球では現在、1軍の公式戦に出場選手として登録できる人数は28人以内と野球協約で定められています。

関係者によりますと、来シーズンからはこれを1人増やして29人以内に変更することで12球団で合意した一方、ベンチ入りできる選手の人数は25人のままだということです。
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181207/k10011739291000.html

【プロ野球、来季から1軍登録枠が29人に 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/06(木) 14:52:50.04 ID:YUmuA6Gl0
スクリーンショット 2018-12-06 17.05.46
 
【プロ野球選手会、現役ドラフト制度の導入に向けた交渉へ】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/02(日) 21:21:15.25 ID:qp9gbt9u0
スクリーンショット 2018-12-02 22.46.10
 
 大谷は高校3年の夏、岩手県大会の準決勝で高校野球史上最速160キロをマークするなど、野球ファンの注目を一身に集めていた。そんな中、県大会決勝で大谷から決勝3ランを放った盛岡大付の4番打者・二橋大地選手(24)は「本当に甲子園に行っていいのか」と苦悩したという。「大谷対策」として6メートル前に打撃マシンを設置するなど、猛練習の成果として生まれた一打が、左翼ポール際に飛んだことで「ファウルでは」と騒動を呼んだことが原因だった。
 
「やっぱりあれはファウルだったんじゃないかとかいろいろ言われ悩んだ。高校にもの電話がかかってきたとかうわさに聞いていたんで。悪いことしてないのに悪いことしてしまったみたいな。ちょっと野球をやることが嫌になってしまった」。その影響は想像以上だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181202-00000169-spnannex-base

【大谷からHRを打った高校生「本当に甲子園に行っていいのか」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/01(土) 13:04:06.28 ID:IuNwbw1hp
スクリーンショット 2018-12-01 13.53.01
 
“消えた天才”の第2の人生を追跡するTBS系ドキュメントバラエティー『消えた天才』。次回、12月2日(後7:00)の放送では、“世界の大谷翔平に勝った同世代の天才たちは今”と題し、かつて大谷を倒した天才たちを追跡。高校時代、甲子園で大谷から唯一ホームランを打った選手の現在に迫る。
その天才は、高校野球屈指の強豪校・大阪桐蔭の4番打者として活躍。3年時には同級生の藤浪晋太郎投手(阪神)や一学年下の森友哉捕手(西武)など、現在プロの一線で活躍する選手の中で主軸を担い、史上7校目となる甲子園春夏連覇を達成した。

唯一、甲子園で怪物大谷にホームランを浴びせてから6年、天才はどのような日々を送ったのか。今回、番組のインタビューに応じた“消えた天才”は、大谷との対戦エピソードを語るとともに、ドラフトで起きたまさかの事態に「かなりショックで、何も考えられませんでした」と、当時の心境を吐露。さらに、意外な転身を遂げた現在にも迫る。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181201-00000323-oric-ent  

【大谷から甲子園で唯一HRを打った天才スラッガーは今 】の続きを読む