MLB

1: 風吹けば名無し 2018/09/26(水) 08:19:02.95 ID:AX4uonrg0
スクリーンショット 2018-09-26 12.11.48
大谷、来月に右肘トミー・ジョン手術へ 20年の二刀流完全復活目指す

エンゼルスの大谷翔平投手(24)が10月上旬に右肘のじん帯再建手術(通称トミー・ジョン手術)を受けると25日、球団の公式サイトで公表された。今月5日(日本時間6日)に受けた精密検査で新たな損傷が判明し、医療スタッフから手術を勧告されていた。
手術を受けると投手復帰まで1年以上かかり、「二刀流」復活は2020年シーズンとなる。   大谷は6月6日のロイヤルズ戦に登板した後、3段階のうち中程度の「グレード2」とされる右肘の内側側副じん帯の損傷が分かり離脱。自身の血小板を注入して組織の修復などを図る「PRP注射」で回復に努め、同28日に手術の回避が決定した。7月3日に打者先行でメジャー復帰し、9月2日のアストロズ戦で投手として復帰したが、同5日に新たな損傷が発覚。手術を勧告され、決断は大谷本人に委ねられていた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180926-00000080-spnannex-base 
 

【大谷、右肘トミー・ジョン手術へ  来季「打者として戻ってくる」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/24(月) 05:04:29.95 ID:7+q38vY80
ソースはジャンクSPORTS
スクリーンショット 2018-09-23 22.17.53
新庄剛志氏、“後輩”大谷翔平に仰天注文「オーラ無い」

元プロ野球選手の新庄剛志氏(46)が23日放送のフジテレビ系「ジャンクSPORTS SP」(後7・00)に出演。同じ日本ハムでプレーし、日本人メジャーリーガーとしても“後輩”にあたる大谷翔平(24)について言及した。    番組で今年のスポーツ界の顔として大谷が紹介されると、新庄氏は開口一番「オーラ無いかな…」と発言。「野球はすごいと思う」と二刀流で活躍を続ける大谷のプレー自体は認めつつ、「プライベートが真面目くさってる。野球一本だからね。僕は野球はその次だった。僕はスーパースターだから」と注文し、番組MCの浜田雅功(55)に「皆を敵に回そうとしているやろ」とツッコまれた。   さらに「僕が日本ハムを明るくした。その後に入った選手誰がいます?」と逆質問。日本ハムには大谷をはじめ、清宮幸太郎、中田翔、斎藤佑樹ら高校、大学のスーパースターが続々と入団したことをあげ、「俺が日本ハムに入ってなかったら、このメンバーは(日本ハムに)入ってなかった。違う?」と持論を展開。浜田に「それは違うと思う」とあっさりと否定されていた。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/09/25/kiji/20180925s00001173064000c.html 

【新庄「大谷くんはオーラが無い」 】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/18(火) 08:17:01.03 ID:WW9VBgc80
スクリーンショット 2018-09-18 10.58.30
大谷は昨オフにポスティングシステムによるメジャー移籍をする際にも、右肘の内側側副靱帯を痛め10月にPRP注射を受けたことが明らかになっているが、このときに診断、治療を行ったのも同医師だという。当時の土屋医師による診断書には、さらなる損傷が起こった場合は手術が必要になる可能性も示唆していたと、記事は伝えている。  エ軍ソーシア監督は記事中で「ショウヘイはまだ、情報収集をしている段階。我々球団の医療スタッフ、医師と相談している。エプラーGMとも今後について話し合っている。我々は彼の決断を待っている状況だ」と説明。手術いかんにかかわらず、先発投手として二刀流を復活させる方針であることも強調していた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00334186-nksports-base 
 
【大谷翔平、日本での再診を球団に希望】の続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/18(火) 10:14:26.84 ID:bB7nVq+W0
スクリーンショット 2018-09-18 10.49.38
 
ダルビッシュが日ハムを通じて北海道被災地に1000万円寄付「1日も早い復旧を」

 日本ハムは18日、平静30年北海道胆振東部地震に対する義援金として、カブスのダルビッシュ有投手から球団宛に1000万円の寄付があったと発表した。
球団は「活躍の舞台をMLBに移して7年が経過した今も北海道の被害状況を案じ、いち早く被災地の再建に協力したいという気持ちをありがたくお受けし、
ご来場の皆さまから寄せられたご厚意とともにお預かりします」とした。

 また、ダルビッシュは日本ハムを通じ「このたびの北海道胆振東部地震によりお亡くなりになられた方々、ご遺族の皆様に対し謹んでお悔やみを申し上げますとともに、
被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。被災地の一日も早い復旧と、被災された皆様が平穏な日々を取り戻せるようお祈りいたします」と被災地への思いを伝えた。

 日本ハムでは、ダルビッシュからの義援金の一部を活用し、被害の大きかった厚真町、安平町、むかわ町で避難生活を送る方々を今シーズン中に試合招待する企画も検討しているという。

 また、9月14日から4日間、札幌ドーム実施した募金活動では456万8654円が集まり、募金活動はシーズン最終戦まで引き続き行っていく。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00206397-fullcount-base

【【朗報】ダルビッシュが日ハムを通じて1000万円寄付】の続きを読む