基本的にはレビューブログとしてやっていますが、たまには日記形式の記事も上げていこうと思います!
ぶっちゃけレビューだけだと間が持たない。
ただの近況報告というか、ほぼ自己満足みたいなものなので、内容の薄さと文章のド下手さは見逃してください←

昨日初めてグループディスカッション(以下GDとする)に参加してきました。
ちなみにGDというのは企業によって行われる選考の一つで、集団でひとつのテーマに関して討論し、結論を出すというのが一連の流れ。
これがなかなか曲者でした・・・。
面接の方が一対一でやるぶんまだ全然気が楽でした。時間も30分程度と短めですし、予め話す内容を考えておき、感じ良く振る舞っておけば結構乗り切れます。
しかしGDの場合は与えられる課題は予測できないので事前準備も出来ず、アドリブで他の就活生たちと会話しなければならない。。ほぎゃああああ!!!

そもそも私は頭の回転がとてつもなく鈍い。
なので普段からパッパッパッと言葉が出てくる人をとても羨ましく思ってる。語彙力もないしね(擬音大好き~)
また、同年代と会話するのがかーなーり久々で呂律回るか不安でした。

そんな感じでも本番までは「意外となんとかなるかも」と思ってました。全然ならなかったけどね!!
5人ぐらいのメンバーで入室するとまず面接官が「この中でGD経験ある人挙手~!」
手を挙げましたよ。私以外の全員が。しかもみんな顔つきが頭よさそうだし!!!
「千晴さんだけ初めてなんだね。じゃあ今日は緊張するね^^」とにこやかに面接官。
あはははは・・・(苦笑)。気分はサバンナに放り込まれたひな鳥。帰れるもんなら帰りたいわ!!!

そのあと与えられたテーマについて各自で相談する時間が設けられ、私は隣の男の子と組みました。
私「(とりあえず何か喋らねば・・・)じゃあ、●●についてどう思いますか?」
男子「それは~で、~だと思います」
私「なるほど、それはいい案ですね!」
私&男子「「・・・・・・」」
会話、終わる。
気まずい沈黙の間、向かいの男女は活発に意見交換してる。まずい。出だしから非常にまずい。だんだん私と組まされた男子に申し訳ない気持ちが湧いてくる。
次に各グループで相談したことを全体で意見交換する時間。次々と意見が出されて議論が進んでいく。
(俺はみんなが何を言っているのか・・・さっぱりわからねぇぜ・・・)
わからないのでとりあえず首だけは人一倍振っておくことにした。
相手が話している時間も無駄にはしない。そう、他人より意見が言えない代わりにとにかく相槌を打ちまくることで協調性の高さアピールだ!しかしこの光景、面接官の目にはどう映っているのだろうか。一人だけ赤べこみたいな変な人がいるみたいに思われてないか心配だ。
また、考えたことや気付いたことはとりあえず口に出し、適度に積極性を出すことで参加してますアピールも欠かさないでおこう。
最終的にはなんとか全員で結論を形にし、魔のGD終了。

全く意見が言えず空気化するという最悪の事態は免れたものの、問題は中身のある提案ができなかったところ。面接官は「見ているのは内容の良し悪しではなく、あくまでも人柄」と念を押して言っていたのが、かすかな救い。
周囲のレベルが高かったので、助けられた場面もかなりありました。
まー、ぶっつけ本番にしては上出来だとポジティブに捉えて次に行きたいと思います。あわよくば受かってるといいな。というか受かってて(本音)。

はーーー、さっさと終わらせて焼肉食べたい(´・ω・│壁