Franklin@Filbert

サンフランシスコ・ベイエリアでのあれこれ

いろいろ書きたいことはあるんですが、ぴろ太郎が生まれてからは育児と家事に追われてブログ書いている暇がなかなか取れません。

さて、小さい子供がいるからか、それとも歳をとったからか、めっきり外食が減ってしまった僕ですが、しばらく前からちょっと気になっていたお店がありました。そして、遂に、先日(というか、もうだいぶ前ですが)足を運んできましたので、そのお店のことでも。

Foster Cityの住宅地の中にCharter Squareというものすごぉぉく裏寂れたモールがあります(郵便局や和食TOKIEの入っているモールです)。以前から垢抜けない雰囲気ありありでしたが、先日足を運ぶと、どこもかしこも空き店舗だらけで、更にいっそう寂しさ倍増していました。空き店舗には中が見えないようにガラスに目隠しが張られているので、ここはどこかのゴーストタウンですか?といった雰囲気すらあります。でも、まぁ、無理もないのかも知れませんね。このモールは住宅地に変わるとか、学校になるとか、そんな話ばかりあがっていますから、出店したいオーナーさんだって長期に店を持てない可能性のあるモールに店なんて出したくないでしょうからね。

さて、そんなCharter Squareに、しばらく前(1年以上前だと思う)にインド料理の店、Tablaがオープンしました。

オープン当時、早速、Foster Cityに住むインド人同僚にその店のことを聞いてみたのですが、イマイチとの返事が。なら行く価値ないなーと敬遠していたのですが、Foster Cityに住む日本人同僚には、なかなか好評とのこと。更に、その同僚にはぴろ子と年齢の同じお子さんがいるのですが、そのお子さんもインドカレー喜んで食べているそうじゃないですか。それなら、行ってみようぢゃないかということで、先日、その日本人同僚と一緒にまずはランチに行ってみました。

tabla


outlook


このインド料理店、ドサ(Dosa)がメニューに並んでいます。ってことは、南インド料理なのでしょうか(「ドサ=南インド」ってステレオタイプなだけ?)。ちなみに、このFoster Cityの店が3店目だそうで、ベイエリアには、このFoster Cityの店から程近い、San Mateoの101の東側にあるモール(Shoreview Shopping Center)にもう1店あり、あとの1店はテキサスにあるのだとか。しかし、ベイエリアの2店は、こう言っちゃ失礼ですが、まぁ、よく、陽の当たらないモールこんなに渋いモールに出店したものだと思います。

この日、オーダーしたのはビジネスランチというもの(だったと記憶)。数種類のカレーとナン、ライスがついてきます。なかなかボリュームもあって満足。味も美味しく、値段も安くはないものの、そんなに高くはありませんでした。チャイはセルフサービスで飲み放題です。

lunchset




さて、後日。訳あって、ぴろ子と2人で外食することになりました。

ぴろ子に、どこに行きたい?と聞くと、例によって、「マクドナルドか、(サンマテオの)うさぎに行きたい!」と言い出します。この二つの店の共通点は、玩具がもらえることなんですよね…。でも、どちらの店もその少し前にも行っているのです。なので、「インドの料理はどう?お友達の○○ちゃんも美味しいって食べているってよ」と説得し、ぴろ子をはじめてのインド料理に連れ出すことに成功!

この店、インド料理にしては珍しいと思うのだけど、キッズメニューがあるのです。

なので、キッズメニューからドサ、そして、日本人同僚の子供も喜んで食べるというバターチキン、ナン、ライスをオーダーしてみました。


まず出てきたのはキッズメニューのドサ。綺麗な三角錐を描くドサはインパクト充分。キッズメニューなのに、大人でも充分な量です。

BlogPaint


ぴろ子は、「これ、ケサディア?」と聞いてきます。確かに、メキシカンのケサディアみたいなものでしょう。僕は、「そんなもんだ」と答えて、ドサを食べさせてみます。ぴろ子、恐る恐る口にしますが、どうも口に合わない様子。オーダーしたのはチーズの入ったチーズドサで、子供は大好きなんじゃないかと思うのだけど。

次に、バターチキンを一口食べさせてみたのですが、こちらは辛いとのこと(そんなに辛くなかったけどなー)。ナンも口に合わないようで、全然食べません。

結局、このとき、ぴろ子が口にしたのは、ライスのみでした。ぴろ子、家でつくるバーモントカレーは大好きだからバターチキンは行ける!と思ったんだけど、玉砕でした。まだインドカレーは早かったのかも知れません。


ちなみに、写真のキッズドサにはカレーみたいなものとスープのようなものがついてきますが、これが結構辛くてびっくり。店員さんに、これキッズメニューでしょ、子供たちこんなに辛いの食べるの?と聞いてみたら、普通にyesとの返事が。

キッズドサをオーダーする際、「これ、辛い?」って聞いたら辛くないっていうからオーダーしたのに、まさかこんなに辛いとは…。インド人と日本人の辛さに対する感覚が違うのでしょうかね。


店内にはインド映画がずうっと流れていて、ぴろ子はその不思議なダンスに夢中でした。


Tabla

ぴろ太郎が月齢一ヶ月になりました。

生後一度落ちた体重も順調に増えて、顔のラインがふくよかな健康的な赤ちゃんになりました。2〜3時間おきにミルクを欲しがるので、かみさんは寝不足な日々が続いています。

ぴろ太郎は、病院で取り上げられたときは、すぐに「オギャーオギャー」と大きな声で泣いたのですが、退院して家に来てからは、どういう訳か、オギャーと泣くことはなく、昼寝から目覚めるときは、眉間にしわを寄せてウーンウーンと唸りながら目覚めていました。

なんで、こんなに苦しそうに唸るのだろうと思っていたのですが、月齢一ヶ月を迎えるころからは、再び大きな声でオギャーと泣くようになりました。

しかし、大変なのはかみさんです。
出産で体はボロボロなのに、子供が生まれたら、2〜3時間おきに母乳を与えなければなりません。それでも、まだ母乳がすんなりでればまだ良いのでしょうが、授乳はかなりの痛みを伴うそうで、個人差はあるのでしょうが、かみさんに言わせると出産以上の痛みなのだそうで。

ぴろ子の時に、授乳で苦労したものの、苦労の甲斐あって順調に母乳が出るようになったので、今回は問題なくスムースに母乳がでるものと楽観視していました。が、現実はそんなに甘くはなく、前回同様、母乳を出すための桶谷式マッサージを受けることになってしまいました(これが効果抜群ながら、激痛を伴うマッサージなのです)。

さて、一ヶ月を迎えましたが、上記の他に次のような違いが見られるようになりました。
  • ゲップが上手に出せるようになってきました。いままではほとんど出せていませんでした。
  • ミルクを飲んだあとに寝なくなりました(以前はほぼ寝ていた)
  • 目でモノを追うようになりました
  • 大きな声で泣くようになりました(ご近所さん、すいません)


月齢一ヶ月、親馬鹿ながら、めちゃくちゃカワイイです。

しばらく前に、キンダーガーテンオープンハウスに参加した記事を書きました。

その記事に書いたとおり、Foster Cityはキンダーのキャパに対して申し込み児童数が多いため、希望したキンダーに入れるかどうかは抽選になり、もし、抽選に漏れた場合には、キンダーがはじまる8月17日の2週間前までに連絡するという話でした。

ウチにはそういった連絡がないまま日が経っていきました。連絡がないということは抽選に漏れていないということなので良いことなのですが、直前まで白黒はっきりしないのはどうも落ち着かないものです。

そして、先日、Foster City Elementaryのプリンシパルの名前でレターが届き、希望していた地元のFoster City Elementaryのキンダーに入園できますとのこと。ふぅ、これでようやく安心です。

ちなみに、キンダーカーテンオープンハウスから、この入園確定のレターが届くまでの間に、キンダー絡みのイベントとして、

  • キンダー入園の希望を確認するボイスメッセージ(お宅のお子さんはFoster City Elementaryを希望しているが、もし希望変更するなら連絡頂戴とのメッセージが電話にあった)
  • 英語のレベルチェック


がありました。

英語のレベルチェックは、キンダー申し込み時に提出したアンケートで、英語以外の言語を家庭で話す子供全員が対象とのことでした。指定された日に指定された会場に行き(私の場合は中学校の図書館だった)、そこで、試験官とぴろ子が一対一で英語のスキルをチェックするというもので、親は同席しません。ぴろ子の場合、試験官に呼ばれてから、一時間弱も英語のレベルチェックを受けていました。ぴろ子に聞いた話では、英語でのヒアリング、スピーキングの他に、リーディングやライティングもテストされたそうです。リーディング、ライティングは、DogやCatと言った単語を読んだり、書いたりといった程度だったようですが。

ちなみに、英語レベルチェックは、希望するキンダーに入れる・入れないといったこととは全く関係がなく、キンダー入園時のクラス分けや、英語があまり話せない生徒に英語の補助クラスを薦めるといったことに使われるようです。

キンダー初日は8月17日(水)ですが、その前日16日の午後1時にクラス分けが張り出され、午後2時から先生との顔合わせが行われます。

いよいよキンダー開始です!

見送られるのは嫌いじゃないけれど、見送るのはどうも苦手。

いっぱい遊んでもらったジジババとバイバイするのはぴろ子も辛いんじゃないかな…なんて思っていたけれど、ぴろ子は終始笑顔でジジババがセキュリティゲートの人ごみの向こうに見えなくなるまで笑って手を振っていました。

image


ぴろ子に、「ジジババが居なくなって、寂しくないの?」と聞いてみたら、「ぴろ太郎がいるから大丈夫」だって。
続きを読む

毎週、土曜日に開催されているサンマテオカレッジのファーマーズマーケット。この界隈では一番規模が大きく、野菜や果物の他に、生花、ベーカリー、オリーブオイル、コーヒー、はちみつ、肉類と多種多様なテントが並びます。

規模も年々大きくなっているようで、今年はテントが並ぶ通りが三つできていました。

そのテントのひとつに魚屋があります。いつもはサーモンの切り身を売っているのだけど、時折、イワシも売っています。ハーフムーンベイにあがったイワシです。

今日は、ヒラメにカレイ、そしてバターフィッシュ(日本では何と呼ばれるのでしょうか?)も売られていました。

カレイを一尾買って帰りました。煮付けにでもしようかな。

image


image

週末の昼下がり、同じFoster Cityに住む友人一家に誘われて、Foster Cityのラグーンで舟あそびなんぞに繰り出してみました。

image


日差しは痛いほどでしたが、水の上を吹いてくる風は心地よく、大人たちは船上でキンキンに冷えたビールをごくごくと喉に流し込み、子供たちはジュースで乾杯。水辺につらなる豪邸を冷やかしながら、ひと時の涼を楽しみました。

機会があれば、船上で天ぷらなぞ揚げつつ、お酒で乾杯してみたいものです。


お誘いいただきありがとうございました〜。

7月12日午後3時9分、我が家に男の子「ぴろ太郎」が生まれました。

出生体重3770グラム、母子共に健康です。

ぴろ子はお姉さんになりました。


5年間のぴろ子の出産時には、かみさんと僕の二人で乗りきりましたが、今回はぴろ子の面倒もみなくてはならないため、7月4日に僕の両親に渡米してもらいウチに滞在してヘルプしてもらっています。

ぴろ子もじーじ・ばーばと一緒の生活を楽しんでいますし、ぴろ子なりに弟の世話も一生懸命みてくれています。弟くんはちょっと迷惑そうですが、耐えるしかありません…

先日、家の引き出しの奥から、$30分のVisaギフトカードが出て来ました。

このカード、まだ未開封のパッケージに入っていて全く手を付けていません。開封してみると、有効期限が2018年になっていました。

そこで早速、日頃の買物に使ってみたのですが、受け付けてくれません。

カード裏に書かれたサイトに行ってカード番号を入力して、残高を調べてみると、なんとゼロ。全く使っていないカードなのに残高ゼロってどういうこと!?

カード裏の問い合わせ先電話番号に電話してみましたが、自動音声の残高照会のみでオペレーターには繋がる様子がありません。そこで、先のサイトに書かれた問い合わせフォームに「まだ有効期限前でカードは一度も使っていないのに残高ゼロなのはどうして?」と聞いてみました。

すると次のような回答がありました。

Dear Customer

Thank you for your inquiry.

Upon reviewing the card history, we can tell you that the card was originally purchased on (07/17/2011). The terms and conditions of the card indicate that a monthly maintenance fee of $2.50 is assessed to the card after 12 months of card inactivity. A purchase transaction with your gift card will stop the maintenance fee from recurring for an additional 12 months.

Details on the monthly maintenance fees are noted on the card packaging, the back of the card and our terms and conditions are also available in our web site. At the current time there is a balance of $0.00.

Best Regards,


と、言うわけで、このVisaギフトカード、inactivityな期間が1年あると、それ以降、毎月$2.50の手数料が発生するのだそう。僕が持っているカードは、発効日が2011年7月なので、2012年7月から毎月$2.50ずつ引かれて、遂には残高ゼロになったという説明。


ですが、ですが、僕は納得できません!!

inactivityな期間が1年あると毎月課金するってのは回答にあったようにパッケージやカード本体に記載されていたので納得です。でも、カードの発効日はカード本体に書いてありません(捨てちゃったけど、パッケージにも書いていなかったと思う)。そして、 "inactivity" って状態がどういうものなのかが曖昧。てっきり、僕は、このinactivityっていうのは、「一度でもカードを使ってactiveにしてから、カードを使わなかった状態」のことかと思っていました。

でも、先方の説明では、そうではなくて、カード発行してからカウントしはじめているとのこと。

と、いうことはですよ、いつか誰かにプレゼントしようと思って購入しておいたギフトカードは、もう使えなくなっている可能性がある訳です。

誰かに貰ったギフトカードは、有効期限前で未開封なのに、もうバランスがゼロになってしまっているかもなのです。

このギフトカードの発行会社ってひどくない?詐欺だ詐欺!とこの会社名をググってみたら、この会社のギフトカードはripoff(詐欺)だ〜みたいなのがいくつか出て来ました。そこで、もう一度、先のメールに返信して、お宅詐欺じゃね!?と、文句言ってみたけれど、それには返信なし…。

こうなったら、Visaに文句を言ってやる。どうにもならないかも知れないけど、あんたのパートナーの○○という会社ってこんなアコギな商売してまっせ〜って訴えてやるぅぅ!

Visaの本社はウチから歩いていけるので乗り込んでみようかとも思ったけど、当然、本社機構にお客様窓口なんてないだろうから思いとどまって、Visaの連絡先を調べるためにVisaのウェブサイトを開いてみました。

そうしたら、そこにVisaギフトカードの案内があったので、ざっと眺めてみました。

そして、Visaのサイトにて宣伝されているギフトカードがどのようなものなのかを調べるために、そこのカスタマーサポートに電話して、「お宅のギフトカードって毎月手数料取ったりするの?」と聞いてみました。

そしたら、 YES との返事が。


○○と同じく、inactivityの状態が一年あると、毎月手数料を取ります。


手数料は、






$4




です。だって。

そして、inactivityの状態ってのは、カード発行後からカードを使わなかった期間を指すのだそうです。


なんだよぉ…

騙されたと思って奉行所に訴えたら、奉行所がもっとアコギな商売をしていたみたいな、水戸黄門に出てきそうな逸話の登場人物になった気分です。


全面敗北です。諦めます。 orz


と、言うわけで、みなさん、Visaギフトカードが眠っていませんか? いつか使おうと思って引き出しに眠っているカードは早くに使ってしまった方が良いですよ〜。

そして、誰かにプレゼントしようとしていたVisaギフトカード、残金がいくらあるか確認してくださいね。ひょっとしたら、残金ゼロになっているなんてこともあるかもです。「はい、これ、プレゼント!」とお祝いに送ったギフトカードが使えない!なんてことになっていたら、相手を不快にさせてしまいかねません。


今回はVisaギフトカードでしたが、他のクレジットカード会社のギフトカードや、amazonや、各小売店のギフトカードはどうなんだろう?

6月29日

ぴろ子、5歳の誕生日おめでとう!

6月上旬に開いたバースディーパーティには30名弱もの友人が集まってくれましたね。自宅でぴろ子の誕生日をお祝いした際には、マミー手作りのケーキを上手にデコレーションしてくれましたね。もういろいろなことができるようになっていて驚きました。

君が生まれてから、早いものでもう5年も経つのですね。5年前に病院で、顔がぷっくりとむくれた赤ちゃんが取り出されたときには、心底、パタリロが生まれたんじゃないかと思いました。と、同時に、(幸か不幸か)その顔に自分の家系に間違いないという確信を持ちました。幸いにして顔は毎日のように変わっていき、ほどなくしてごく一般的な可愛らしい乳児になってくれました。ぴろ子の寝顔の写真を見た、いつも辛口な女性の同僚は、「こんなに均整の取れた顔立ちの女の赤ちゃんは見たことがない」と手放しで褒めてくれたのは今でもしっかり覚えています。

ぴろ子は、乳児の頃から、よく眠り、よく食べ、なんにでもチャレンジして、多くの友達に囲まれた女の子に育ってくれました。あれは2,3歳の頃でしょうか、公園に連れて行くと、見知らぬ年上の子供たちに、"Hey Guys, let's play together!" と大声で話しかけていたのには驚きました。今通っているスイミングスクールでは、ぴろ子のレベルの同年代のクラスが夕方開いていないため、年上のクラスにひとり混じらせてもらっているけれど、体格の良いお兄さん、お姉さんに負けじとがんばっている姿に僕も励まされています。

乳児期は、ハイハイが出来たり、寝返りができるようになると、今日はこんなことが出来るようになった!とできるだけ書きとめるように努めましたが、プリスクールがはじまると、プリスクールでいろいろなことができるようになりました。僕が、ぴろ子が新しいことが出来るようになるのに気づいても、それはぴろ子にとってはそれはもうとっくに出来るようになっていて、ぴろ子にとっては新鮮ではなくなっているということも多々あり、そうなるといつからそれができるようになったのかが分からないため、記録をつけることも次第に減ってしまいました。そういうこともあってか、僕の中では、2歳を過ぎて話し始めるようになったあたりまでの記憶が色濃く脳裏に刻まれているのだけれど、その後の成長の記憶は多少薄いのです。なので、「このまえ単語を2つ3つ並べて話せるようになったばかりだったのに、いつの間に、文脈に沿って会話できて、謎々遊びもできるようになったんだろう?」って内心思い返すことがしばしばあります。

2年間通ったプリスクールは楽しめましたか?

お弁当は美味しかった?量は少なくない?

僕はぴろ子にとって良い父親ですか?一緒の生活を楽しんでくれていますか?

散歩すれば、すぐに手をつないできてくれますね。ぴろ子が僕の手をぎゅっと握りしめてくれる度に僕は満たされた気持ちになります。と同時に、いつまでそうしてくれるのか分からないと思い、その感触を忘れないようにしようと思っています。

大学生の女の子のお父さんであるお隣さんが「女の子はすぐに家を出ていくよ」と言っていたので、ぴろ子に、「ぴろ子もいつかこの家をでるのかな?」と聞いてみたら、ぴろ子は「ダディとマミーとずっと一緒にいるよ!」と言ってくれましたね。涙が出そうなほどに嬉しかったです。

5歳の誕生日おめでとう。

これからもずっとウチの中を明るくにぎやかにしてくださいね。

僕もぴろ子と共に成長できるようにがんばります。

ぴろ子のプリスクールが6月第2週で終わり、8月中旬にキンダーガーテンがはじまるまで夏休みとなりました。

せっかくの夏休み、めいいっぱい遊ばせてあげたいものですが、共働き家庭ではそうもできず、どこかへ預けなくてはなりません。そういった家庭の強い見方なのが、夏休み期間中にいろいろな施設で開催されるサマーキャンプ(サマースクール)です。

ぴろ子が今まで通っていたプリスクールもサマーキャンプを開いているため、そこを選ぶのが一番無難な選択肢ではありました(学校の教員も面識があるし、勝手も分かっているので)。ただ、キンダーがはじまったあとも、そのプリスクールが開くアフタースクールに通わせることが決まっていたので、それではあまりにも芸がない。ちょっと目先を変えてみようと、今回は、市が運営しているサマーキャンプと、昨年通っていた日本語プリスクールが開催するサマーキャンプにエントリしてみました。

まず、先週はFoster Cityが運営しているサマーキャンプに参加しました。ちなみに、サマーキャンプを運営しているのは、Foster Cityの "Parks and Recreations"という部でして、市内の公園管理や様々な講座などを開いている部です。

開催場所はFoster City Elementary Schoolで、ウチから極めて近いのは便利この上ないのですが、どんな子供たちがエントリしているか全く分からずで、果たしてぴろ子が馴染んでくれるのか心配でした。が、結果、その心配は全くの杞憂でした。

サマーキャンプ初日はかみさんがぴろ子を連れて行き、僕が夕方にぴろ子を迎えに行きました。

ぴろ子はサマーキャンプ初日を充分楽しんだようで、帰宅後、その日に何をしたか楽しげに語ってくれました。今まで通っていたプリスクールのクラスメイトはいなかった様子ですが、新しい友達も出来たようです。

さて、このFoster Cityが運営するサマーキャンプですが、傍から見ているとこんな感じでした。
  • 学校の体育館がその会場となっており、大学生と思われる学生たちが子供たちを指導・監督している様子

  • 体育館入口には、その学生らの顔写真と名前、自己紹介などが張り出されている

  • 朝、体育館入口に用意された受付にてサインをして子供を預ける

  • 毎日、日替わりのイベントが用意されている。工作したり、バスに乗って映画館に行き、映画を見るといったフィールドトリップもあった

  • 参加した子供たちは年齢に幅があり、同年代だけの集まりではなかった

  • 子供たちは午前・午後にスナックタイムがあり、お昼にはお弁当を食べる(午前のスナックは各自持参、午後のスナックは運営側が用意していた)

  • 夕方6時までにピックアップ。ピックアップ時には身分証明を見せ、サインをして、子供を連れて帰る(身分証明を求められたのは初日の一度だけで、翌日以降はぴろ子が走り寄って来たからか身分証明を見せろとは言われず)



こうしてFoster Cityのサマーキャンプに参加した一週間は終わりました。

ぴろ子は「来週も同じサマーキャンプに参加したい!」と言い出すほどに好評でした。できることなら、僕たちもそうしたかったのですが、残念ながら、その翌週は、僕たちが申し込んだときには既に満員御礼でした。そこで、代わりにSan Mateoが運営しているサマーキャンプに申し込みをしました(一週間単位で申し込みが可能)。

そして、今日がその初日だったのですが、ぴろ子は先週同様に十分に楽しんだ様子でした。

このサマースクールでは、明日はボーリングに行くそうで、明後日はプールに行くのだとか…ぴろ子は今からそれらを楽しみにしています。

そして、来週からは、かつてぴろ子が通っていた日本語学校のサマーキャンプに参加します。


さて、今夏のサマーキャンプ選びは、すべてかみさんにすべてお任せしてしまったのですが、いろいろと調べるうちに、意外と多くの施設がいろいろなサマーキャンプを開催していることが分かりました。アート系、運動系、科学系など、テーマを持ったキャンプもあり、子供にいろいろな体験をさせたり、興味ある分野をより深めるにも良いチャンスかと思います。


しかし、自分の子供ながら、幼稚園(キンダーガーテン)前なのに、こうやって夏休み期間中も一週間ごとに違う学校に行き、ちゃんと楽しんでしまっているってのにはビックリです。

自分がぴろ子の年頃に、毎週、知り合いもいない、環境もがらりと変わる学校に連れて行かれたら、間違いなく大泣きしていたと思います。

このページのトップヘ