Franklin@Filbert

サンフランシスコ・ベイエリアでのあれこれ

ウチと同じコミュニティにアメリカ人の老夫婦が住んでいます。年は夫婦それぞれ80歳を超えていますが、二人ともとても明るく、祝日にはアメリカ国旗(それも独立当時の13州だったときの旗)を掲げています。会えば声を掛けてくれるし、イースターにはウサギのチョコレートをこっそりとウチの自宅ドア前に置いてくれるお茶目な面もあります。ぴろ子がプリスクールに通っていた時にあったグランドペアレンツデーには二人で参加してくれました。

お子さんもいるようですが離れて暮らしているようです。二人暮らしなので車は必須で、奥さんはベンツを、旦那さんはBMWを所有していました。が、数年前に旦那さんはBMWを手放して、スバルのSUVに乗り換えていました。

しかしながら、寄る年波には勝てないようで、旦那さんは数年前に足を怪我してしまい、それ以降、歩行が多少困難になったようで以前ほど歩く姿を見ることがなくなりました。奥さんも以前ほど元気ではなくなったように見受けられますが、それでもまだまだ矍鑠(かくしゃく)とされています。


そんな先日のこと。

僕が会社から帰宅して、一時的に家の外の来客用パーキングに一時的に車を停めたところ、ちょうど後ろから、その奥さんがBMWを運転して隣にやってきました。車から降りた彼女は、僕に良いものを見せてあげる!と言いながら、その近くに停めてあった車を指差し、


「新車を買ったのよ。スバルにしたわ!」


と言うではありませんか。


僕は一瞬状況がわかりませんでした。だって、スバルのSUVは数年前に買っていたじゃないですか。



それ以上に訳がわからなかったのは、彼女がスバルと言いながら指差したのは、





HYUNDAI




なのです。




いったい何がどうなっているのでしょう?どこから聞いたら良いのかわからずにこちらも混乱してしまいました。それとも、まさか、いよいよ彼女が混乱してしまったのでしょうか…


続いて、彼女は説明してくれました。今乗っているベンツは18年経過して買い替えを検討し、スバルにした。このベンツは売ろうとしたが流石に古くて引き取り手もないので近日中に寄付することにした。なるほど、新車を買ったと言いつつまだベンツに乗っていた理由は明らかになりました。


が、まだ大きな謎が残ります。スバルを買ったのか?それともHYUNDAIなのか。


彼女は、自分が指差したHYUNDAIを見ながら、




「あ、あれ、なんで、ここにELANTRAってロゴがあるのかしら?」



と言うではありませんか。


ここで全てが分かりました。

彼女が買った新車のスバルはHYUNDAIの2台隣にあったのです。このHYUNDAIが形も色もスバルに似ていたので、彼女が一時的に自分の車と間違えてしまったという訳でした。

全てが解決してスッキリでしたが、一時はどう対処したら良いのかとオロオロしてしまいました。



80歳を超えて新車を買うお二人には、まだまだ末長くお元気であってほしいものです。

2週に渡って開催されたSan Francisco日本街のさくらまつりが今年も無事に終了しました。

最終日には、市庁舎から日本街までパレードが行われたのですが、なんと、このパレードに、かみさんとぴろ子が参加することに。なんでも、ぴろ子が以前にSan Mateo仏教会のイベントで着物で踊ったのが縁で、その時の踊りの先生から誘われてパレードに参加、ついでにかみさんも誘われたという次第。

パレードでは、着物を着て、五木ひろしの歌に合わせて(なぜに五木ひろし?)踊りながら進んでいくのだそう。

そのために、週末は何度も練習に参加し、本番に合わせて調整してきました。

で、本番当日。かみさんとぴろ子は着付けもあるので早くに家を出て、僕とぴろ太郎はパレードの始まる1時くらいに San Franciscoに到着するように向かいました。

さて、僕たちはVan Nessにあるパーキングに車を停め、パレードがやってくるPolk St.にて待機。この界隈は日本街から離れているため、見物人はほとんどいません。

ほどなくして、San Francisco市警の騎馬隊を先頭にパレードがやってきました。

最初の方のグループには派手さはなく、普段着でぞろぞろ歩いている団体が多く、あまり面白くないのが正直なところ。

また、パレードはいくつもの団体が参加しており、団体と団体の間では、交差点に配置された警察官が、Polk St.に交差する道路の交通を流していました。なので、Disneyのエレクトリカルパレードみたく先頭から最後尾まで密集してはおらず、一団体(または数団体)やって来てはちょっと間が空き、また次の団がやってくるみたいな感じでした。

となると、必然的にパレードの歩みが遅く、そして、この日は風が強くて外にいると肌寒く感じます。

かみさんからは、「私たちは28番目のグループで最後の方だと思うよ」と聞いていました。であれば、もうパレードの最後尾に向かって歩いていこうと思いたち、ぴろ太郎と歩きはじめました。

途中、ベトナミーズクイーンの派手な団体や、JAL、太鼓道場の賑やかな団体なんかもあって、おおっ、パレードらしくなってきたなぁと盛り上がりを感じます。その後、次の団体がなかなか来なくて、あれれ、どうなっているんだろう?と思っているうちに、Polk St.の交通規制が解除されてしまいました。

最後には神輿があると聞いていたのに、神輿も見ませんでした。

日本舞踊の一団はいずこに? 見過ごしてしまったのでしょうか?

急いで、Gearyラインのバスに乗り、日本街へと向かいました。日本街周辺はすごい人混みです。パレードが通るPost St.に向かいました。が、結局、ここでもJALから後しか見ることができませんで、かみさんとぴろ子の一団は見つけられず。

ががーん!

大失態です。


結局、この後、パレードを終えたかみさんとぴろ子に会ったのですが、彼女たちの日本舞踊一団は、ベトナミーズクイーンの前にいたのこと。うーん、なんだかタイミング悪く見過ごしてしまったのでしょうか。

高知家というよさこい踊っている一団。盛り上がってましたね。
kouchiya

Foster's Squareの一角にオープンしたタピオカティーの店、Happy Lemon。



もうオープンしてから数ヶ月は経ってますが、タピオカティーって好んで飲みたいと思わないんですよね。なので足が遠のいていました。その隣のスタバは何度も行っているんですが。

IMG_0713


でも、先日、ふらりと立ち寄ってみました。


中華資本のタピオカティーの店って、昨今、あちこちにありますよね。どの店も、メニューに並ぶ品数がめちゃくちゃ多いという特徴があって、この店も例外ではありませんでした。なので、何をオーダーしたものか悩む…

そこで、カウンターに書かれていた、人気商品ランキングから一番人気のものをオーダーすることに。一番人気の商品は、



ソルテッドチーズブラックティー


なのだそうで。これ見たときは、首をかしげてしまいました。塩チーズって何?

何はともあれ、一番人気なのでオーダーしてみます。サイズはミディアムとラージの2種類なので、当然ミディアムで。甘さと氷の量をパーセンテージで指定するらしく、100%がレギューラの甘さ・氷の量になるのだそう。甘さ控えめが好みなので、25%でお願いしました。

会計をすませると番号札が渡されます。出来上がると番号が呼ばれる仕組みです。客は僕一人なのにご丁寧に番号札渡されました。

出て来たのはこんなのです。

IMG_0712


上澄みが白くクリーム状のものが層をつくっています。これが塩チーズのようです。ちなみに、一番上に青のりみたいなのが振ってありますが、これは抹茶パウダーです。

お店の人がご丁寧に飲み方を教えてくれました。口をつけて斜め45度にして飲んでくださいね!とのことでした。が、僕はストローに手を伸ばしました。

早速飲んでみましたが、なんかちょっと不思議な味です。

塩チーズは思ったよりもチーズっぽくないです。塩気は全く感じません。味は、癖のないチーズケーキのような味でした。クリームと言われれば、そうかもと思えてしまいます。


塩チーズ、もうオーダーすることはないでしょう。

お店自体も短命に終わりそうな匂いがプンプンします。Foster City、あちこち再開発進んで商業用施設にはぼちぼち新しいお店がオープンしていますが、なんか、垢抜けてないんですよね。画期的なお店、オープンしないかなー。

Happy Lemon




話題はがらっと変わって、この日のランチに、Palo Altoのラーメン凪に行ったんですが、そこのバジルラーメンを食べて来ました。こちらもパルメザンチーズが乗った一品でしたが、

IMG_0711


これは美味かった。バジルとチーズがラーメンに良く合っていて、イタリアンな味わいでしたね。

この日、午後2時に店に着き、その時点では行列はなく、すぐに席に案内されました(でも、店内はほぼ満席)。僕が食べ終わって店を出たときには、長い列が出来ていて驚きました。ラーメン凪、いつが一番空いているのだろう。

ウチの2歳児(2歳9ヶ月)ぴろ太郎ですが、最近、とくに活発でイタズラ好きなり、手を焼くことが多々発生するようになりました。ぴろ子の時には、こんなことなかったので、個性差もあるのでしょうが、個人的には、男女の違いが大きく寄与しているのではと思っています(確かめようはないのですが)。

デイケアでも、先生の言うことを聞かず、ダメと言ったら、もっとそれをするなんてこともあるようです。悪いことした際には、Sorryと言うように指導しても、最近は、笑いながらSorry!っていう始末で、全くもって反省している様子は微塵もありません。どうしたものか…

さて、今日あった出来事です。

今日の夕方のこと。ぴろ太郎はすでに夕食を済ませて僕と遊んでいました。そこへ、習い事を終えたぴろ子が帰って来て、夕食を食べ始めました。

ぴろ太郎は、どうやらおねーちゃんのぴろ子と遊びたい様子で、おもちゃを持ってぴろ子のところへ行きます。ぴろ子もぴろ太郎と遊びたいので、食事を中断して遊びだす始末。ぴろ子には「まず、食事を終えなさい!」と言って、食事に戻らせるのですが、またぴろ太郎がぴろ子にちょっかい出す…ということが繰り返されました。

ぴろ子を食事に集中させるために、僕がぴろ太郎にこっちに来て遊ぼうとしきりに呼びかけるのですが、効果なし。なので半ば強制的にぴろ太郎をおもちゃ部屋に連れて来ました。

すると、ぴろ太郎は、その部屋に置かれているピアノのところへ行き、「ダディはピアノ弾いて」と言い出しました。これはものすごぉく意外。というのも、実は、僕は個人的に隙間時間を見つけてはピアノの練習をしているのですが、いつもぴろ太郎は邪魔をしにくるのです。

なのに、ぴろ太郎の方から、「ピアノ弾いて良いよ」って言ってくるなんて… ビックリしながら、僕もピアノに触りたかったので、それじゃと遠慮なくピアノを弾きはじめました。

すると、ぴろ太郎、スタスタとぴろ子のところに行くではないですか。


やられた〜


お分かりですよね、ぴろ子と遊びたいぴろ太郎は、その邪魔をする僕をピアノに向かわせて、その間にぴろ子と遊ぶという頭脳プレイを見せてきたのです。

こんな悪知恵どこで学んだんだ!

先行きがちと怖いっす…

とある日の早朝、朝飯を求めてSan Franciscoの金融街にあるサンドイッチショップのSubwayに入った時のこと。

カードで支払いを済ませた際に、何故かチャージ額が大きく異なっていることに気づき、店員にその旨を伝えた。当然、その店員は多く払ったトランザクションの無効化を試みるもなかなか上手くいかないようで、奥にいる別な店員を呼んできてレジであれこれと試行錯誤していた。

店内には僕一人。そこに、30才後半から40才台と思われるアフリカ系アメリカ人がふらりと入ってきた。服は薄汚れていて手ぶら。その人、Subwayの店員に水をくれと言うが店員は無視。次に、店頭に置かれたクッキーを買いたいが金がない言い出したが、これも店員は無視。すると、今度は僕に話しかけてきて、「クッキーを買ってくれ」「小銭をくれ」と言い出してきた。

正直、あまり関わりたくはないし、できればこの場を立ち去りたいが支払いがまだ終わっていないので、逃げ出すこともできない。

すると、その人、キャッシャーの上に置いてあった小さなプラスチック容器に入ったコーヒーミルクをひとつ手に取ると、おもむろに口に持っていって飲み出したではないか。ひとつ飲み終えると、もうひとつ飲み出した。

自分の経験からすると、こういった場合には店の人が追い出すが、今日の店員はアジア系のおばちゃんで、キャッシャーの操作に没頭していてこちらにはお構いなし。なんとも気まずい。

店員は、結局、多く払った分を現金で返してくれたが、当然、手渡された小銭を見た彼は「小銭くれ」と言ってくる。

僕はホームレスを完全無視して、店を出たが、小銭あげても良かったかもな、とか、なんならサンドイッチあげても良かったかもと、いろいろと考えが巡ってしまった。

日頃からボランティアだなんだといろいろとやっている(やらされている?)が、目の前の人に何もしないのはどうなんだといろいろと考えてしまった。

以前、このエリアのマクドナルドで、客がToGo商品を持って店を出たら、そのバーガーをひったくられるという事件があり、SNS上では、その犯人は腹が減っていたのだろうから、ドリンクもつけてあげたらいいのに、とか、俺なら奢ってあげるのにとか、同情的コメントが連なっていて、自分もそんな気分でいたけれど、いざ、そういう状況に自分が置かれても余裕を持った行動はできなさそうな気がする。

今回のケース、もし何か与えたら店に迷惑がかかるかもとか、いろいろな意見があるようだけれど、自分なりにどう行動すべきなのかちょっと考えてみたいきっかけにはなった。

来月からはじまる新しい元号が、


令和



に決まりましたね。

レイワという音の響きも今風な感じで、なんとなく好印象な気がします。多くの人も、発表直後から好意的に受け入れられているというニュースを目にします。今でこそしっくり感のある「平成」も、発表当時は今ほど受け入れられていなかったような覚えがあります。

また、この語句の出典は万葉集からとのことで、漢籍からではないことも話題になってます。

この出典となっている序文ですが、中国からもたらされた珍しい梅の花を眺める宴席の様子を描いたものなのだとか。これって、如何にも日本的だなって思いません?

今も昔も新しいものを取り入れて、楽しんでしまう。

最近でいうと、ハロウィンを楽しんじゃうみたいな。みんなで盛り上がってワイワイやりましょ! そんなノリは万葉の昔から受け継がれてきた文化なのかなーって思ったり。

ひょっとして、今から数百年後の元号には、昨今のハロウィンの様子を綴った文書が出典になったりしているかも

Charter SquareにあったFoster Cityの郵便局は、Charter Squareの売却に伴ってクローズしてしまっていましたが、新しくFoster's Squareの一角に再オープンしました。すでに営業開始しています。

IMG_20190403_085838859


新しい郵便局の場所はこちら。Starbucksのある一角です。



この郵便局の隣にはCafeがオープンする模様(現在、工事中)。その隣には、郵便局と同じく、かつてCharter Squareにあったインドのグロッサリーがオープンする模様。こちらの店は店舗面積が以前より格段に広くなっている気配です。

このエリアはまだまだ住宅増設中。新しくオープンした郵便局の前には広い駐車場があるのですが、これら住宅ができたら駐車場が足りなくなるかも。今日、偶然に郵便局ができていることを知ったのですが、まだ工事中の店舗や住宅が多々あるのに、駐車場はどう言うわけかかなり埋まっていました。

IMG_20190403_090132168_HDR

この週末は今シーズン2回目のスキーへ家族で行って来ました。

結構怠惰な旅程でして、ベイエリアを出発したのは土曜日の昼過ぎ(ぴろ子の習い事が終わってから)で、この日はAuburnにて一泊。翌日の日曜日にTahoe Donnerで滑って、そのままベイエリアへ帰宅するという旅程でした。

Auburnの宿では、偶然にも南湾在住のEさん父子にばったり遭遇。SNSで繋がっているので、あまり久々感はないものの、こうやって面と向かってお会いするのはかなり久しぶり。だいぶ長いことお会いしていないので、お子さんのNくんの成長ぶりには驚きました。

Tahoe Donnerはさすがにシーズン終盤とあって人も少なく快適でした。

IMG_20190331_104833429


IMG_20190331_111759597


3月末とあって、完全に春スキーな陽気です。雪質は良くないけれど、ジリジリと照りつける太陽の下のスキーは気分爽快。

Foster Cityで現在、再開発が進むトリトン・スクエアの一角に店を構えるカフェ Penelope's。

IMG_0696




この店、この界隈では珍しいグリーク(ギリシャ)コーヒーを出してくれる。はじめてこの店に足を運んだ時は物珍しさからグリークコーヒーをオーダーし、一口啜って、思わず吐き出しそうになった(笑)。

今回は、前回の経験を踏まえてゆっくりとグリークコーヒーを楽しむべく店内にてイートイン。
グリークコーヒーとイングリッシュマフィンサンドイッチ。

IMG_0694


はじめてこの店に来た時は、グリークコーヒーってどんなのだろう?と興味半分で注文してみたが、実は、ターキッシュ(トルコ)コーヒーとほとんど同じ。一説によると、トルコとギリシアは仲が悪いため、モノは同じでも、別の呼び名をつけているとか。

グリークコーヒは、挽いたコーヒー豆ごと鍋に入れて煮出し、それをそのままカップに注ぐ。なので、コーヒーは激熱で、しかもジャリジャリのコーヒー粉が口の中に入ってくる。はじめて飲んだときに吐き出しそうになったのはそういった理由から。

グリークコーヒーは時間をおいて、粉が沈殿するのを待ちながら、上澄みだけを飲むのだそう。今回はゆっくりと時間をかけながら少しずついただきました。

カウンター内には、グリークコーヒーを淹れるための専用のポットが並んでいる。
IMG_0695



店には、グリークコーヒーの他、普通のコーヒーやエスプレッソ系、そして、スナックや軽食(オムレツやワッフルなどなど)が用意されている。この日食べたマフィンサンドイッチはごく普通。ここで食事したことのある友人も可もなく不可もなくとの評価でした。

この一角は今も住宅建設工事が進んでいて、今後、住人も増え更に賑やかになるものと思われる。

IMG_0697


ところで、不思議なことに、この店、携帯電話の電波が全く届かない。VerizeonもAT&Tもダメだった。店内には無料Wi-Fiがあるけれど、今時、携帯が繋がらないってあるの?多分、店の入る建物が携帯電話のアンテナをブロックしてしまっているのだろうと思われる。

Penelope's

僕は子供の頃から散髪が嫌いだった。

僕の実家から、車一台通れる程度の道路の反対側には床屋があって、物心ついた時にはもうその床屋で髪を切っていた。多分、散髪が嫌いだった理由は、あの無限にも感じる長い時間を動くことなくじっとしていなくてはならなかったからだろう。

やみくもに歳だけ重ねた今でも散髪はどうも苦手だ。ただ、理由は昔とは異なる。頭頂部の髪はめっきりと少なくなり、ヘアスタイルを選べるような状況ではなくなった。もっとも、自分の場合、過去、ヘアスタイルを指定したことなんて一度もなかった。ここだけの話、子供の頃から髪のボリュームが少なめで、髪を立てたり、分けたりすると広い範囲で頭皮が見えてしまっていた。今思えば、そこまで気にすることもなかったのかもしれないが、思春期の自分には、髪が薄いことが知られればクラス中からバカにされると思っていたことだろう。色気付き出した周りの友人らが思い思いに髪型を決めだしても、僕は髪をあげたりはしなかった。

時は流れ、冬の到来とともに木々が葉を落とすように僕の髪も少なくなり、なんとか残った髪は雪をいただいたように白くなった。でも、もう年相応になってきたと思うことにしよう。

今日、散髪に行った。中華スーパーRanch99の隣にある中国人経営の散髪屋だ。僕を担当してくれたのは、若い男性理容師で、20代後半くらい。青いYシャツに黒メガネをかけていて、パッと見はエンジニアのような出で立ちだ。

彼が聞く。「どんなふうにしますか?」

出た。一番苦手な質問だ。この日は自分の心の思うがままに素直に答えた。

「髪型はもう気にしてないので、適当にお願いします」

すると、彼は声をあげて大笑いした。一般には失礼な行為だと思うが、きっとこんなふうに答える客はいないのだろう。笑われたことに対しては不快に感じることはなく、素直に笑いとばしてくれたことはむしろ清々しく思えた。

これでお互いの緊張がほぐれたのか、散髪しながら、彼も思うところを口に出して来た。

「頭頂部の髪が少ないけど、これは僕にはどうしようもできないよ。ソーリー!」

「白髪は自分で染めているの? 染めるならダークブラウンが良いよ。そして、塗ったあと20分は放置した方がいいよ」

「横で分けて、頭頂部の髪を隠す? 前に下ろすよりは分けた方が薄さを誤魔化せるよ」


僕も返す。「側頭部の髪で頭頂部の薄毛を誤魔化すスタイル、日本ではバーコードって呼ぶんだよ」(笑い


と、まぁ、こんな感じで、この日の散髪は終了。

従来のケースだと、髪切る側は薄毛のことには触れないようにと妙な気遣いしてくれているのかな?みたいな雰囲気を感じてしまっていたが(自意識過剰なだけかも)、今回はそんなことなく散髪終了。この調子でこれから行きたいものです。


このページのトップヘ