Franklin@Filbert

サンフランシスコ・ベイエリアでのあれこれ

あっという間に2週間に及んだ東京出張も終わり、ベイエリアに戻りました。今回は出張ですので、平日はホテルからオフィスに通勤してました。週末を挟みましたが、親がポリープ摘出の手術を受けるとかで顔見せに実家に帰省したのですが、手術は既に終わっておりピンピンしていました。なんだよ。

東京ではいろいろなものをいただきました。食べている時は、記事にしよう!と思うものの、喉元過ぎれば熱さ忘れるとはよく言ったもので、もうイチイチ書いてられないのでざっと紹介。

IMG_0527-COLLAGE


大阪風お好み焼き「きじ」と、広島風お好み焼き電光石火
東京滞在中、大阪風お好み焼ききじと広島風お好み焼き電光石火に。偶然にも、大学時代の友人が同じビルに勤務していることが分かり、昼飯を一緒に食べに行ったのが、きじというお好み焼き屋。一方の電光石火はミシュランガイドにも掲載された店で、そのお好み焼きの形がドーム状になっていて独特。

いきなりステーキ!
この店が話題になっていることは耳にしていたので、ある日のランチに、たまたま見つけた店舗にふらりと入ってみました。肉をグラム単位でカットしてもらい(目の前で切られる)、それが焼かれます。一番単価の高い国産和牛を食べてみましたが、正直、ゴムみたいな食感でちょっと残念。

田酔(人形町)
昔の友人に、神田にステイしていることを話したら、人形町界隈のオススメの店を教えてもらいました。その一軒、田酔に閉店10分前に入らせてもらいました。ジャズの流れる席数少ない焼き鳥屋でしたが、若い店長が上品に一本一本焼いてくれた串はどれも絶品でした。人形町界隈、はじめて足を踏み入れましたが、老舗と新しい店舗が混在する面白いエリアでした。またぜひ足を運びたいです。

他、キテレツいま村という2店も紹介してくれましたが、この2店はどちらも営業終了していたので、今回は田酔に。

天ぷら つな八(新宿)
せっかくだからベイエリアで食べられないような美味しいもの食べておかなくては…と、新宿を歩いていた時に通りかかった店、天ぷら つな八に。昨今、スマホで店の評判が調べられるので便利ですよね。

一品一品丁寧に揚げてもらった天ぷら、なかなかの絶品でした。

そば みなとや2
一説では、”蕎麦界の二郎”(ラーメン二郎のこと)と呼ばれているそうで、同僚が日本でしか食えないものを…と連れて来てくれました。丸の内店は、高層オフィスビルの一階にあるのですが、店舗には看板も何もありません。入口にも何も書いてありません。窓はマジックミラーになっていて、外からは中の様子が伺えません。入口前には千円札のみ受付ける券売機がありますが、メニューもなにも書いてありません。

なんとも不思議な店舗です。中に入ると、壁も床も一面真っ黒。大きな立ち食いテーブルがひとつあるだけで、そのテーブルも真っ黒。カウンターで食券を渡すと、どんぶりに蕎麦、肉、ネギ、そして海苔が山盛りに盛られ、そしてツケだれと共に渡されます。

蕎麦は今まで食べた蕎麦の中で一番コシがあってびっくり(言い換えると硬い…)。ツケだれは出汁ベースにラー油か何かが入れられていて、ピリ辛のエスニック風な味わいでした。これがまたなかなかうまくてびっくり!

羽田空港で串揚げ
いつもそうなんですが、出発前は羽田空港でゆっくり食事したいなんて思うものの、なかなかそうは行かないんですよね。この日も何か美味いものをと思いつつ、搭乗開始までそれほど時間もない。店が空いていて、早く食べられそうなもの。で、見つけたのが串揚げ屋。

カウンターで店主と話しながら日本最後の晩餐を手短に済ませました。しかし、今時の店主は英語も話せるんですね。隣にいた外国人客になんの串なのか丁寧に説明していました。



上記は写真にあげたものですが、他にも、吉祥寺の魚金(西洋風魚貝料理)、もつ鍋、Coco壱番屋、そして、東京駅周辺での同僚とのランチ各種、などなど、多種多彩なものをいただきました。

基本どれも美味かったし、高いものはそれなりのクオリティですし、安くても(ランチなんて1000円前後)十分美味いものばかりで改めて東京クオリティの高さに驚きました。


が、一点だけいただけなかったものが…

大学時代の友人と急遽会うことになり、新橋駅前で落ち合い、ニュー新橋ビルの地下街へ。ここは小さな飲食店が軒を並べているのですが、大半が中国・台湾・韓国系の店らしく、日本語カタコトのスタッフが呼び込みをしてきます。

そんな中、秩父という居酒屋がありまして、そこのおかみさんが店の前を通りかかった僕たちを捕まえて愚痴ってきました。

「最近はね、この周りも中華系の店が増えちゃってね、もうウルサイったらありゃしない」

「うちの板前は年季の入った日本人板前だから、他の店とは全然違うよ」

で、地下街をウロウロと2−3周してから、やはり「秩父」にしようかということになり店に入って、アペタイザー数品をオーダーしたのですが。

出て来た焼き鳥がもうカピカピで、なんじゃこりゃな一品でした。こんなの出していて「うちは日本人板前がー」なんて良く言えたものだと。

なので、この店は、アペタイザーだけで終了〜。

東京駅地下街なら行き当たりばったりで入ってもまず失敗しなさそうですが、ニュー新橋ビルの地下街はそうではなかったというお話でした。

ただ、秩父の食べログ評価を見てみると、そんなに低い訳でもない。たまたま運が悪かった?

時折、飛行機の貨物室に乗せた愛犬が寒さのため死亡するなんていうニュースを耳にします。機内の貨物室っていったいどのくらい寒くなるのでしょう?

機内モニターで、現在の飛行地点を示してくれる地図がありますよね。その地図には外気温も表示されますが、安定高度に達した時の気温はマイナス40度とか物凄い低い温度を指しています。

ちょっと興味を持ったので、今回の出張の際、気温を定期的に記録してくれる温度計をスーツケースのポケットに入れてみました。利用したのは、Elitech社の気温データロガーRC-5というもの。

IMG_20190107_073642509


温度測定の間隔も自由に設定できるので、1分おきに測定するように設定。スーツケースはソフトスーツケースを利用。次の写真のようにRC-5をソフトスーツケースのポケット部分に入れておきました。

IMG_20190107_073657861


このスーツケースには冷蔵品や冷凍品は詰め込んでいません。入っているのは衣類と土産のスナック程度。

気温をロギング開始したのは、まだ自宅にいる午前9時。12時半頃に呼んだUberで空港へ向かい、1時過ぎにSan Francisco国際空港でチェックインして荷物を預け、3時過ぎに離陸、羽田で荷物を受け取るまでの時間をロギングしています。

縦軸は気温(セルシウス)。縦軸はマイナス5度〜25度までをカバー。
横軸は時間(サンフランシスコの時間)。

temp_jan5


値を読み取るにはちょっと文字が小さいですが、最低気温はマイナス3.9度でした。貨物室、氷点下になっていたんですね。

過去、冷凍品を持ち帰る際に十分な保冷剤を詰めていましたが、なるほど、保冷剤があまり溶けていなかったのは貨物室も十分に冷えていたからなのでしょうね。

しかし、このグラフを見ると、貨物室の気温は、離陸時にはゆっくりと下降していくものの、着陸前には急上昇していますよね。これって、どうしてなのでしょうね。日本側の方が外気温が低いということなのかな。

追記:指摘を受けて納得したんですが、気温が急上昇した時点ではすでに着陸していて、貨物室の扉が開き、暖かな外気が一斉に流れ込んできたからだと思われます。次回は、離陸や着陸したときの時間も記録しておきます。


一度だけの測定では十分ではないので、またSan Franciscoに戻る際に測定してみます。

転職後、はじめての出張となりました。行き先はトーキョーです。

キャー、子供達のいないひとりフライトなんて何年振り!? トーキョーではあれもしてこれもして、と色々楽しみが膨らむ‥ イヤイヤ、カミさん一人で子供二人の面倒みるのが心配で心配で。

と、有る事無い事盛り込んでブログ書いてやろうと思っていたんすが、ある社内製品を調査して東京でプレゼンしなさいという課題が出され、そのことで頭がいっぱいに。だって、この課題、クリスマスから年末のみんないない時期にやることになり、その製品担当者が捕まらない〜

とりあえずプレゼン終わるまでは気を抜けないけど、フライト前だから飲んどく!

IMG_0524

食べ掛け写真ですいません。しかし、このバー、こんなターミナルの端っこにあってお客入るのかな?

あと五分で搭乗開始なので、一気に飲み干して移動します!

そうそう、どうやら、私、エアチケット予約時に席を指定したのだけど、間違って三列席の真ん中を選んだ模様。涙。


が、ラッキーなことにゲートで座席変更できて通路側になった!加えて、隣り席が空席かも(もうすぐゲート閉まるとのアナウンスあり)!

San FranciscoのWestFieldモールにオープンした、ダイソーと無印良品を足して2で割ったような雑貨店、メイソウがオープン。この店、同じくSan FranciscoのStonestownモールにも店舗があり、ダイソーと見間違えて入店したことがある。

商品のラインナップやロゴ、インテリアの雰囲気どれをとっても、ダイソーと無印のパクリじゃないかと思わずにはいられない。いったい全体、これってどんな店なんだろうとググってみたところ、やはり中国の会社。Wikiにもエントリーがあって、社名は名創優品。一応、本社は東京銀座にあるのだそう。

IMG_0521


スナック菓子はすべて日本のもの。
IMG_0520


(この写真では文字が小さくて読めませんが)商品には、本社所在地として東京銀座の住所が記載されている。
IMG_0519


IMG_0518


IMG_0517


Wikiによると、当初は案の定、日中双方のユーザーに、この店の商品に書かれた変な日本語を指摘されていたらしいが、会社側は謝罪してイメージ払拭に努めたとのこと。ネットで笑われて終わるだけに留まらないのかも。どこまで食い込んで行けるかちょっと注目。

しかし、不思議なのは、カタカナロゴは「メイソウ」なのに、英語ロゴは「MINISOU」。この違いはなんなんだろう。

これ、僕がアメリカに来た当初からとても気になっていたコト。

ベイエリアの大学には、数多くの中国人留学生が在籍しているし、IT企業には中国生まれのエンジニアも多数働いている。中国本土は共産党一党独裁だから、自分たちの代表を選挙で選ぶなんてことはできないし、政権批判をしようものなら投獄されるかもしれない。民主化運動の天安門事件は武力弾圧されたし、Google検索も使えない。ネット検索は政府の管理下に置かれている。そんな不自由な環境で生活して来た彼らがアメリカ社会で生活したら、もう中国には帰れなくなるんじゃないか。

そんな風に思っていた僕は、そのことを直接中国人の友人に聞いてみたかったものの、そんなことを聞いても、本心で答えてはくれないのではないか、もし、本心で中国共産党が嫌いだ!なんて言おうものなら、誰かに密告されて当局から要注意人物に指定されてしまうのではなかろうか。それとも、海外で生活している中国人はそれこそ共産党のお偉いさんの関係者で、共産党万歳な人たちばかりなのかもしれない。などとアレコレ考えてしまって聞けないでいたのでした。

それでも、仲良くなった中国人友人に一度このことを聞いてみたことがあるのだけれど、彼の回答は「政治参加はできないけれど、中国での普段の生活にはなんら支障はないし、不自由もない」というもの。いやいや、だって、ほら、中国政府が道路つくるために土地の強制収用したり、理不尽なことも多々あるみたいだよーなんて食い下がろうかとも思ったのですが、問題ないっていっているのにそこまで食い下がるのもアレなんで止めときました。

と、そんな疑問を常々抱いていたんですが、先日、QuoraというQA SNSサイトに、まさにこの質問が投げられていました。

以下、その質問です。

中国政府はなぜ、国民の海外旅行や留学を認めているのでしょうか?海外で民主主義に触れれば、共産党独裁に不満を持つ人が増える事は容易に予想できると思うのですが。そうした危機感は持っていないのでしょうか?


僕はこの質問者と全く同じ疑問を抱いていました。

で、これについて今現在で10件の回答がついていまして、中国人からの回答も多数ありました。

その回答はこちらでご覧になれます(このページを開くにはQuoraアカウントが必要かも)。

ざっとかいつまんで言うと、確かに中国では政治参加はできないが経済的な自由度は高く、経済活動をするならアメリカや日本と大差はない(むしろ中国の方が進んでいるかも)。そして、共産党の悪い点もあるけれど、資本主義にも悪い点があり、中国共産党のやり方もそう悪くないように感じる。

確かに、経済的に潤っているなら、中国政府のやり方が多少気に食わなくても大目に見るでしょうね。

でもねぇ、中国が今のような経済発展を今後も永久にし続けられるとは思えないですよね。いずれ経済が停滞する。特に、今の中国はよく言われるように、無茶な投資をしまくって資金回収できそうにないと言う話をあちこちで耳にします。そうなっても、共産党一党独裁が維持できるのだろうか。

逆に、経済的発展が今ほどの拡大はしなくとも、恐慌などは怒らずに、それなりに落ち着いて安定したとする。人々の素養はあがり、経済以外の分野でもいろいろな要求を求めるようになる。そのひとつに、民主化があるのではないかな。そうなったときに、共産党政府はどうするのだろう。それとも、そんなことは起こらないのだろうか。


ってなことを書いて見ると、自分は中国共産党は悪だと思っているのですよね。実際にはそんなに悪くはないってことなのでしょうね。

むしろ、民主主義社会に生きながら政治参加していない自分こそ悪なのかもしれません。

San Carlosにあるクリスマス電飾で有名なストリート Eucalyptus Ave。

電飾が有名なストリートは多々あれど、自分が今まで見た中でここに勝てるところはない!と思います。飾り云々以前に、このストリートの家々は上品で高級感があり、どの家を見ても「住んでみたい!」と思わされます。それでいて、多くの家が電飾飾りをつけていて、家一軒一軒も大きな家ではないので、ぎゅっと集約された感じがあります。

たった2ブロックの短いストリートですが、この界隈ではかなり有名なストリートです。このストリート、クリスマスだけじゃなく、ハロウィンも凄いのです。

ところが、今年のハロウィンに見に行った友人曰く、今年は例年より飾りがぐっと少なかったとのこと。そう聞いたら、クリスマスも大したことないのかなーと思っているうちにクリスマスは過ぎ去ってしまいました。でも、やっぱり見に行っておきたい!と12月26日にでかけてきました。

年内いっぱいくらいは電飾つけてくれているんじゃなかろうかと楽観視していましたが、さにあらず。クリスマス翌日の時点で、既に電飾取り外しはじめている家もあるし、まだ電飾がついているものの通電していない家も多々。

それでも、半分程度の家はまだ電飾をつけてくれていました。

2


1


ざっと見た感じ、クリスマスは例年どおりに賑やかだった様子。

また来年、お邪魔します!

IMG_0447

IMG_0445

今日は久々に霧に包まれた街でしたね。

午後には晴れましたが、Fog Cityの名にふさわしい眺めでした。

San Mateoにオープンしたとあるラーメン屋のお話ですが、まずはこのラーメン屋のロゴをご覧ください。少し小さいですがご容赦を…

RamenLogo


さて、問題。

このキャラクター、いったい何でしょう?

このキャラクターが、このラーメン屋の店名になっています。


正解は…続きをご覧ください。

続きを読む

僕がアメリカに来た最初の年、クリスマスが近づくと、ツリーの生木が街角やスーパーなどに並んで売られているのを見て、「アメリカではツリーに生の木を使うのかっ、なんと贅沢な」と驚いたものです。そしてさらなる衝撃を受けたのが、1月末になると、それらツリーがゴミ捨て場に無残な姿になって積まれていることでした。山から伐採されたまだ若きツリーは、各家庭に運ばれ、数週間だけ綺麗に飾り付けられその家族から大切にされていたであろうに、クリスマスが終わるやポイ捨てされてしまう…エコじゃないし、それ以上に、人間のエゴの犠牲になった木々が哀れでなりませんでした。せめて日本のように、クリスマスツリー供養みたいに坊さんが念仏唱えながらツリーを火にくべるイベントでもあれば許せなくもないのに(なんか違うか?)。

…なんて思っていたのは遠い昔。郷に入っては郷に従えなのか、アメリカ大量消費文明に毒されたのかは分かりませんが、生木って香りが良いので部屋に飾るのもアリだな、なんて思うようになりました。それに、捨てられたツリーも有効に再利用されるという話ですし(真相不明)。

で、先週の週末、うちでもツリーを飾ろうかと、生木を買いに行くことにしました。いつもなら、近所のスーパーで買ってくるのですが、今年は、Half Moon Bayに向かう途中にある、ツリーファーム Santa's Tree Farmに行って、自分の好きな木を選んで伐採してくることにしました。以前から気になっていたんですよね、このクリスマスツリーファーム。92をHalf Moon Bay方面に西へ進み、山を降りたところにあります。



ファーム入口のゲートにて、ノコギリと簡単な地図が手渡され、簡単な説明を受けます。曰く、好きな木を選んでカットしてOKで、料金は木のサイズによらず一律(木の種類によって$61.77または$80.16)。現金払いだと割引あり、支払いはゲートを出る時に行い、ノコギリと地図もそこで返却。$4.59の追加料金で木の枝を縛るネッティングを行うとのことでした。

ファームは意外と外から眺めるよりも広く、谷に広がって奥に長く伸びていました。ファーム内は車で移動できますが、道は細くて未舗装。一部、降った雨の影響でぬかるんでいるところもありました。

入口で渡された地図です。

IMG_20181202_151659476


もう12月だからでしょうね、ファームの木々は結構刈り取られていて、残っている木は小さいものか、または不恰好なものばかりでした。遠目にはまだ残っているように見えたのですがね。

IMG_20181202_151812257_HDR


IMG_20181202_151816991


ゲートで渡されたノコギリはこんなのです。

IMG_20181202_153222749


園内を移動しながら、それでも、なんとなく良さげなツリーを見つけました。だいたい高さ180cmくらいでしょうか。

枝のつき方が、片側に偏っているものの、360度全体を飾り付ける必要もないので(壁側に置くことを想定)良しとします。

IMG_20181202_153238614


ノコギリ入れます。

IMG_20181202_153330674


切った木をどうやって運ぼうかと思っていたら、木を運搬してくれる人がやってきました。なんでも、ネッティングしてくれる場所まで運んでくれるというのでお願いしました。

IMG_20181202_154323042_HDR


この機械に木を入れると枝を縛り上げてくれます。

IMG_20181202_154332833_HDR


ネッティングしてくれる場所は園内にいくつかあるようでした。

また園内にはサンタと記念撮影するイベントもやっていました(我々は立ち寄りませんでしたが)。


さて、今回買い求めた木ですが、Noble Firという種類で。ネッティング料金($5)と合計で $85 でした(現金払いの場合。カードだともう少し高くなる)。

この金額、高いか安いか?…ですが、WholeFoodsでは同じ高さの木は$60程度、近所のスーパーでは$50程度で売られていましたので、結局、高くついてしまいましたね。ちなみに、この界隈のスーパーで売られている木は、ワシントン州などで栽培されたもので、見た目には枝付きのバランス良さそうでした。

でも、まぁ、子供達とどれにしようかと園内を歩きながら気に入ったのを選び、自分たちでカットしたという体験をお金で買ったということで良しとしましょう。来年からは行かないけど。

Santa's Tree Farm

いやぁ、みなさん、ついに、私、ベイエリアのローカルTV放送局、KPIXのニュース番組に出演しました。もちろん、犯人扱いじゃないっすよ。えっ、ニュース番組に出たくらいで嬉しいのかって? そうですねぇ、なんだか僕の年代だとやっぱり、TVに出るってのは凄いことみたいな感覚があるので、嬉しいですねぇ。

では、まずは早速そのTVニュース番組をご覧ください。

僕が出ているのは、17秒から18秒の2秒間。つぶらな瞳に笑顔で手を振る僕の勇姿をご覧ください。たった2秒なので、まばたきしないでね。

KPIXのニュースを見る

どうですか、僕の笑顔。惚れました?

えっ、なんのことか分からなかった?うーん、ではまずこちらを読んでから、もう一度ニュースを見てくださいね。


先日、サンフランシスコ交響楽団の本拠地、デイビスシンフォニーホールにて、San Francisco市内の小学生を招いたホリデーコンサートが開かれまして、それにボランティアとして参加してきました。

ボランティアの内容は、クリスマスらしいキャラクタ(雪だるま、ペンギン、衛兵(くるみ割り人形に出てくるおもちゃの衛兵)、ニンフ、お姫様、トナカイ、ジンジャーブレッドなど)に扮してホールにやって来た子供達を盛り上げるというもの。

このボランティアの話、僕の同僚がこのボランティアを仕切っていたので、数名の同僚らと参加させてもらいました。拘束時間は結構長くて、午前8時半から午後1時まで。というのも、生徒数が多いので、2公演になっていたのです。当然、会社を抜け出す平日のボランティアなんですが、ウチの会社は年間56時間をボランティアに費やして良いというシステムがあるのでそれを利用しました(このあたりの話は近いうちに別な記事にしますね)。

朝8時半にデイビスシンフォニーホールのボランティア事務室(驚いたことに、こういう立派な部屋があるのです)に行ったところ、僕以外にはボランティアを仕切っている同僚しかおらず、どれでも好きなコスチュームを選んで良いとのことだったので、生姜パン(ジンジャーブレッド)を選択! 実は、あとで分かるんですが、違うコスチュームを選択しておけばTV出演とはまた違う、物凄いことになっていたのに…うぅぅ悔やまれるぅ。でもこの時点では、まだそれは分からなかったのです。

さて、チャッチャッと着替えて、こんなのになりました〜

IMG_0419



その後、同僚らがやってきて、それぞれにコスチュームを選択。ほどなくして、子供達がやってくる時間になったところで、簡単な注意事項を受けます。と言っても、話しちゃダメ、手振りは大きくといった基本的なこと。そして、外に出て、この界隈に続々集まったスクールバスから降りて来た子供達に手を振ります。

正直、San Franciscoの小学生なんて、ひねくれている輩が多いんじゃないかな、なんて勝手に思っていたのですが、全然違いました!

子供達、僕を(生姜パン)を見つけるなり、


「ああ!ジンジャーブレッドだぁ!」


と、満面の笑みで駆け寄ってくるではありませんかっ。

もうね、目がキラキラと輝いた笑顔でね、本当に純粋そのもの。子供たち全然すねてない!
チャイニーズもアフリカンもアングロサクソンも、人種関係なく子供達可愛すぎるぅ。

そもそも、生姜パンがこんな人気キャラクターだとは知らなくてびっくり。他のペンギンや雪だるまやトナカイなんかより物凄い人気があったと思います。だって、子供達、遠くからでも、ジンジャー!ジンジャー!って呼んでくれて、キャーキャー言いながら取り囲んでハグしてくれるんですよ。

人生最高のモテ期到来でしたよ、マジで。もう、このまま残りの人生、生姜パンでも良いって思えたほどに。

あ、もちろん、一部には可愛くない子供達もいましたね。僕の顔をじっと凝視して、「先生、この人メガネしているよ」とか言ってくるやつ(もちろん、高学年の輩ですが)。そして、演奏会終了後の子供達を見送っている時には、一部暴徒化した小さな子供にキックされました(着ぐるみが厚いからか、全然痛くなかったけど)。

個人的にはものすごく楽しい経験させてもらいました。また来年も是非やりたい!


という訳で、生姜パンでも十分楽しかったんですが、もし、トナカイか雪だるまを選んでいたら、どうなっていたと思います? なんと、ステージに上がることが出来たんです。

今回のコンサートはホリデーコンサート。サンフランシスコ交響楽団の生演奏に、サンフランシスコバレエ団によるバレエ、そして、ビーチブランケットバビロンの歌と盛り沢山な演目。そのプログラムの最後に、「赤鼻のトナカイ」と「フロスティ・ザ・スノーマン」の歌をオーケストラに合わせて子供達が歌うという演目があって、そこで、ボランティアのトナカイと雪だるまがステージにあがって踊ったんです。ま、踊るって言っても、手足を即興で動かしている程度なのですが。

もし、そのキャラクタのどちらかを僕が選択していたら、僕の履歴書に




サンフランシスコ交響楽団と共演!




っていう、履歴書に箔がつくような経験を得られた訳です。

まぁ、それはオーバーなんですが、サンフランシスコ交響楽団のファースト・バイオリンパートに友人がいまして、その友人も今回のホリデーコンサートで演奏していたので、彼女をびっくりさせられたのになーなんて思ったりした訳です。

ちなみに、同僚のトナカイと雪だるまがステージで踊っている時に舞台袖まで入らせてもらいました。
ステージ裏の通路には、サンフランシスコ交響楽団と共演したマエストロたちのサイン入り写真がずらりと飾られていて、それはそれは荘厳な雰囲気でした。残念ながら、その写真すべてを見ることは出来ませんでしたが、ざっと見た中では、現存する指揮者の中で、僕の一番好きなゲルギエフの若き頃の写真があって、ちょっと感激でした。良い経験させてもらいました。

このページのトップヘ