Franklin@Filbert

サンフランシスコ・ベイエリアでのあれこれ

かつて同じチームで働いていた同僚が会社を去ることになり、送別のランチに参加。彼のチョイスで、San MateoダウンタウンにあるBoiling Pointという店に足を運ぶ。

良く足を運ぶSan Mateoダウンタウンながら、Boiling Pointなんて店は初耳。どうやら火鍋(中華風鍋)の店らしい。店があるのは、4th St.沿い。ここ、頻繁に店が入れ替わっていた建物だ。果たして今回は長続きするのだろうか…。

IMG_20171206_133502256_HDR


この店、店内は極めてモダンな内装。天井は高く、ダイニングエリアもシンプルで広々していて好印象。

IMG_20171206_132115338


店内左手には街中でよく見るようなタピオカ中華ドリンクが並ぶコーナーがある。右手には受付用タブレットが置かれ、そこでグループの人数を入れると番号札が発行される。ちなみにこの店は予約を受け付けておらず、テーブルに着席できるのも全員が揃ってから。

火鍋の店はこの界隈にも多々あって珍しくもないし僕もそんなに嫌いじゃない(というよりむしろ好き)のだが、鍋を複数人でシェアするスタイルに多少の懸念がある。というのも、ベジタリアンがいるため、その人と鍋をシェアするとなると、その鍋には肉が入れられなくなってしまうから。この日、集まったのは7名で、インド人のベジタリアンは1人、日本人1人、台湾人2人と本土からの中国人3人。ベジタリアンが複数人いれば彼らで鍋を占有することで問題はないが、ベジタリアン1人となると、どうしたものか… とひとりで懸念していたが、どうやらそれは杞憂なことが分かった。

この店、1人に鍋がひとつ用意されるスタイル。鍋はシェアしないのだ。これは悪くない。昔、会社の面々と行った火鍋屋で、アメリカ人上司が生卵を殻付きのまま鍋に入れてゆで卵をつくるなんてことをしていたのが、そんな訳わからん人がいても安心なのだ。

さて、メニューはセットメニューとなっていて、海鮮火鍋、韓国風鍋、羊肉火鍋、牛肉火鍋、カレー風味火鍋、日本風鍋…とある。古くからある火鍋と違って、具をいちいちオーダーする必要はない。

値段はいずれも$15程度で、ドリンク(ブラックティまたはグリーンティ)とライスがついてくる。また、辛さは調整できる。

僕が選んだのは羊肉火鍋、辛さはレギュラー。ドリンクはブラックティ。
オーダーしてまず出てきたのは、ドリンク。

IMG_20171206_124202495


よく街で見かける甘いブラックティ。これはこれで美味しい。氷が入っているが、同僚は氷なしで頼んでいたので、甘くしないこともできるかと思われる。

そして、鍋登場。

IMG_20171206_124654806


IMG_20171206_124712654


日本の温泉旅館で見るような固形燃料を使った鍋。テーブルに置かれたあとで、スタッフが着火するが、どうやら、既にキッチンで火は通してあって、既に食べられる状態になっている(鍋の上に載せられた、火の通りが早い春菊や白菜といった葉物はまだ生)。

これがなかなか美味い。辛さもそれほど辛くもなくてちょうど良い感じ。

テーブルにはガーリックオイル、ピーナツペースト等々の調味料が置かれているので、辛さが足りなければ、調整もできる。

食べ終わったら、一口分だがデザートもついてきた。タピオカみたいなのが入ったレモネードのような飲み物。タピオカみたいなのには黒い点があって、どうみてもカエルの卵なのだが、話ではこれはバジルの実なのだそう。

IMG_20171206_131934961_HDR


スタッフもてきぱき動いていて、なかなか好印象なお店でした。
ディナーはランチよりも値段が上がるようです(内容も若干変わるのかも)。

Boiling Pointは結構大きなチェーン店のようで、米国西海岸、カナダ、中国に店舗を持っているようです。北カリフォルニアだと、San Mateoの他に、San Jose, Fremont, Cupertinoに店舗があります。

Boiling Point
111 EAST 4TH AVE.
SAN MATEO, CA 94401

ちょっと前の土曜日、ランチに家族でLos Altosにある炭家に行ったんですが、店には席待ちの長い行列ができていてビックリ。炭家、美味しいのは認めるけれど、こんなに行列できるほどになっているとは。

この日、僕が食べてみたのはカレー。

メニューに載せられた写真を見ると、プレゼンテーション的にはあまり美味しそうに見えませんが、炭家のカレーだけに何かひとひねりあるのでしょう。

出てきたのは、メニューの写真同様に、お世辞にも美しいとは言えないカレーでした(プレゼンテーション的には)。ただ、ボリュームは充分!

IMG_20171119_131211693_HDR-2


写真で見ても分かるように、具沢山のカレーです。

お味はと言うと、鶏ガラ出汁が十分に効いたカレーで、鶏肉もたくさん入っていました。トマトをはじめとする野菜類もたくさん煮込まれているようで、さっぱりとした味わいのあとで辛さがジワジワとやってきます。結構辛いので子供には厳しいかな。

$15と決して安くはないものの炭家ならではのカレーです。

Cupertinoの某企業に勤務する友人T氏より、San Joseにデミヤなるカレー屋がオープンしたとの情報を聞き、早速行ってみました。

デミヤがあるのは、San Joseミツワからほど近い、ラーメン晴の入った小さなモールの中。
IMG_20171201_122824211


一見するとレストラン風ですが、店内はカフェテリアスタイル。ドアを開けて中に入ったら、そのまま正面のカウンターまで進み、そこでオーダーと会計を済ませます。いったん空いている席に座って、レシートに書かれた番号が呼ばれたら、カウンターまで取りに行くという仕組みです。

以前書いたように、僕は毎週金曜日にSan Joseオフィスにミーティングのため出向いていまして、それが終わった帰りにサウスベイでランチしているんですが、この日はミーティングが早めに終わったので、デミヤに到着したのは12:15pm頃。さすがに人気店らしく、店内は満席でした。

とりえあずはじめてのデミヤだけに、定番メニューと思われる豚カツカレーをオーダー。お腹空いていたので、ライス大盛にしてもらいました。辛さもレギュラー、ホット、エキストラホットの3段階から選べますが、僕はレギュラーを選択。

この店では、Cloverという会社のレジを導入しています(今流行りのカードリーダーとタブレットが連携したレジで店側の初期投資が少なくて済むというメリットがあるようです)。クレジットカードを読ませると、タッチパネル画面に請求額が出ますので指で画面上にサインをします。この時、チップを選べる仕組みがあるのですが、ちょっとだけ好印象だったのは、チップの選択肢が比較的低めのパーセンテージが用意されていたこと(はっきりと覚えていませんが、5%,10%, 15%とあったような)。昔行ったSan Mateoのサンドイッチ屋はチップの選択肢が20%, 25%, 30%で、ふざけるな!と思ったことがあります。

あ、ただ、この店のチップの計算は、消費税を合算した額からチップを計算しています(消費税にはチップ付けなくて良いよね)。

お水もセルフサービスでキャッシャー脇に置いてあります。

カウンター席が一席空いていたので、そこに座り、番号が呼ばれるのを待ちます。

さて、豚カツカレー(大盛り)です!ミニサラダがついてきてます。
※ピンボケ御免!

IMG_20171201_130202653


えっと…、知らなかったのだけど、大盛りにすると、ご飯茶碗に盛られてくるのですね。これはちょっと多すぎるよ。

カレーには目に見えるような具は全く入っていません。

IMG_20171201_130206434_HDR


豚カツは、衣はサクっと、中はジューシーに揚がっていていました。うん、合格です。
IMG_20171201_130308980_HDR



さて、カレーですが、思ったよりも辛い〜。これで本当にレギュラーなの?って感じです。

カレーの感じは、リンガーハットのカレーに似ているような気がします(と言っても、リンガーハットのカレー食べたのはだいぶ昔だから記憶違いしているかも)。

このカレーを食べて改めて思ったのは、僕が好きなカレーのタイプって、あまり辛くなく、具が入ってて、ダシ(魚介系とか、鶏ガラとか)の利いたカレーなんだなってこと。リンゴとはちみつ入りのバーモントカレーとか、銀座中村屋のカレーとか…そういうのが好み。うん、これって、お子ちゃまカレーが好きってことなんだろうな。

デミヤのカレーはなんていうか、ストイックなカレーな感じがしました。こういうカレーを好む人もいるので、これはこれで美味しいのでしょうが、僕の求めるタイプではなかったです。Coco壱番屋のカレーってこんなのだったような(違うかな?)

カレーの他に丼もの(カツ丼、エビフライ丼)、定食(豚カツ、ハンバーグなどのカレーのトッピング品を皿に載せたもの)やカレーうどんなどもありました。

セルフサービスなので、食べ終わったお皿はトレイごと返却棚に置く必要があります。

オープンキッチンで、ダイニングエリアを含め店内は清潔感があって好印象です。カレーも僕の好みとはちょいと違いましたが、美味しいカレーだと思います。

ただ、まぁ、これは昨今の事情からすると致し方ないのかもですが…安くはないですよね。

豚カツカレーが $13.50 、大盛り$1.50、それに税金とチップ(15%)を加えると、$18.85もしてしまいます。日本円で2000円越えています。 高っ!

ちなみに、この店、一番安いのが野菜カレー(温野菜トッピング)で$12です。もうカレーですら$10越えている時代なのですね…。トッピングなしの素なカレー(ライスとカレーのみ)はメニューにはありませんでした。

Demiya
375 Saratoga Ave, San Jose
408-564-5503

※Foster City在住な方が頭の片隅に入れておくといつか役立つかもな情報


我が家は昨晩カレーでした。


食材は前もって買ってありました。が、夕方になって、





福神漬けが無い!!




ことが発覚。

福神漬けなんて、真っ赤に着色してあって体に悪そうなこと間違いないのだけど、習慣とは恐ろしいもので、カレーにはやはり付け合わせたくなってしまいます。

まだSan Mateoのニジヤが開いている時間だったのでニジヤまで行くのもアリですが、そこまで行かなくとも福神漬けは手に入ります。San Mateoの中華スーパーMarinaに置いてあるのです。福神漬けが並ぶのは、店内入って一番左手の冷蔵ケースの中(キムチが並んでいるあたり)。福神漬けは一種類しかないのですが、日本からの輸入物。ただ、製造年月日が書かれていない。この福神漬け、いったいこの棚にどのくらい長い間並んでいるのだろうか…。

MarinaにあるならRanch99にもあるんじゃないかと思うかも知れませんが、Ranch99には福神漬けは置いていないようです(今までに何度か探したが見当たらず。どなたか見つけた方います?)。という訳で、福神漬けが切れたらMarinaです。

ちなみに、福神漬けと並んでカレーの付け合わせに使われる甘らっきょうは、Marina、Ranch99のどちらでも売っています。


という訳で、無事、福神漬けを入手して帰宅。が、帰宅したら、今度は





カレーのルーがなかった!!




ことが判明。いつも買い置きしている引き出しを開けたところ、ルーの箱があったので安心していたら、なんとその箱の中身は半分使われていて、半分しか残っていなかったことが判明。

シチューのルーはたくさんあったので、シチューに方針変更するか?という案もでましたが、わざわざ福神漬けを買いに行った身としては、ここはカレーで行きたいところ。

という訳で、今度はRanch99に行ってカレーのルーを買ってきました。

ちなみに、日本のカレーのルーは中華スーパーのみならず、Safewayなどの米国スーパーでも買えますよね(少なくともベイエリアでは)。便利な時代になりました。


ところで、中華スーパーで売られている日本製のお菓子や加工食品などは、結構高くて、日系スーパーで買った方が安いようです(今まで何品が比較してみたが、日本のモノは日系スーパーの方が安かった)。野菜や肉類なんかは中華スーパーの方が格段に安かったりしますが。

今年の11月23日はサンクスギビング。例年同様、ターキーを焼いてくれる友人宅にお呼ばれしてきました。感謝!


こちらが今年のターキー!相変わらず大きくて、ちょうど良い焼け具合。

1-DSC_5022


この集まりは各自持ち寄りのポットラックスタイル。ウチのかみさんはケーキを作りました。ターキーデザインです。

1-DSC_5030


この集まりは長いこと続いているんだけど、昔は、集まりの途中で一部の人が深夜0時にギルロイのアウトレットへ買い物に行き、そこから帰ってきてもまだ飲みが続いている・・・なんてこともあった。しかし、今となっては、参加者の面々は変わらないが、その多くが結婚して子供がいるため、子供が寝る時間にはお開きになるようになった。

と、いう訳で、うちも夜10時頃には帰宅。

Milpitusにある「俺の丼」なる店に足を運んでみました。

店があるのは、CISCOのオフィスの向いにある中華系モールの中。


このモール、Koi Palaceがあるためか、めちゃくちゃパーキングが混雑していて駐車できず。パーキングスペース以外の空きエリアにクルマをねじ込んでいるツワモノもちらほら。仕方ないので、ストリートパーキングを試みたが、ストリートにもずらっと車が停められていて、隣のモールの前のストリートに停めることになった。

「俺の丼」なる一風変わった店名からすると、日本人がやっているのかなと思われるが果たして…。

お店は、コの字型のモールの一階の真ん中にあった。

IMG_20171122_120620291


店内はまだ改装したばかりと思われるほどに綺麗。

ここはカフェテリアスタイルで、キャッシャーで注文をしてお金を払うと、ページャーが渡される。

IMG_20171122_121144758


ページャが鳴ったら再度キャッシャーに取りに行くという仕組み。

「俺の丼」というからにはどんぶり物がメイン(店頭に並んだサンプル、左は麻婆豆腐丼、右はテリヤキチキン丼)。
IMG_20171122_120628687


一緒に行った友人はかつ丼を(味噌汁付き)、
IMG_20171122_122230871


僕は担々麺をオーダー。
IMG_20171122_123053492


器は使い捨ての紙皿(紙どんぶり?)。耐久性はあるようで、担々麺が入れられていても漏れたりしてはいない。

さて、肝心のお味。
かつ丼を食べた友人の評価はまぁ普通。値段からすると高すぎるので、友人は、もうここのかつ丼は食べないとのこと。

僕の担々麺は、結構美味しい。病みつきになるような味ではないけれど、日本人が食べても十分に美味しいと思えるレベルだと思う。麺は太麺で、茹で方も良い。肉味噌も美味い。奇を狙ったところはなく、全体として完成度の高い担々麺でした。満足。

もし、この店の近くに行くことがあれば再訪しても良いけれど、わざわざウチからMilpitusまでこの店に食べに行くってことはないだろう。

キャッシャーにいた女性は中国人らしい。厨房には男性1名と女性3名いた。この男性が日本語で他のスタッフと話していたように聞こえたので、日本人かな?(見た目は日本人に見える)。

668 Barber Lane, Milpitus, CA

日曜日、かみさんがウチで女子会をやるので、ぴろ太郎を連れてどこか遊びに行っていて〜と言うので、久々に太平洋へ。

この日は抜けるような青空が広がる気持ちの良い陽気でした。夏には渋滞する92号線も、11月とあって全く渋滞はなく、30分弱で1号線に到着。1号線を南へと向かい、適当なビーチを探します。

1号線からも水平線がくっきりと見えました。

IMG_20171112_154053630


多少風は冷たいものの、日差しは暑く、ビーチにいてもそれほど寒くありません。

今回が、ぴろ太郎にとってははじめてのビーチだったかも。裸足にしたところ、最初は恐々としていましたが、すぐに砂遊びをはじめました。
IMG_20171112_144922265


そういえば、砂遊び自体もぴろ太郎にとってはじめての経験だったかも。公園に行くことはあっても砂場には連れて行っていません。

ぴろ太郎は、砂を手ですくっては、指の間から砂を落とす…そんなことを楽しそうに繰り返していました。

一応、濡れても良いように着替え一式とタオルを持っていきましたが、ぴろ太郎は海には近づきませんでした。

ビーチで楽しそうに遊ぶ人々を見るのも一興だけど、誰もいないビーチもまた一興。

IMG_20171112_151805809


今回は敷物持っていくのを忘れたので、次回は忘れないように…

帰りにハーフムーンベイのハーバーで休憩。カニ取りの仕掛けを満載した漁船がたくさん並んでいました。カニでも売っていれば買っていこうと思ったのですが、さすがに夕暮れ時とあって、何も売っておらず、そのまま帰宅しました。

ローカルネタですが…

Foster CityのRanch 99があるモール内にあったStarbucksが移転してました。新しいロケーションは、今まであった場所からほど近いPJCCの隣。新規建設された住宅兼商業施設の一角です。住所だと780 Alma Lane。店員曰く、1週間前に移転したそう。



店内は新店舗とあって綺麗ですが、まだ移転作業が続いている雰囲気で段ボールなどが残されていました。

starbucks


starbucks2


見たところ、この建物ではじめて営業開始したのがこのStarbucksな様子で、隣はまだ工事中でした。覗いたところ、隣には地中海料理の店や、今風なお茶の店が入るようです。

Alma Laneを挟んだ反対側の建物にも商業施設が入るのでしょうか…

atria


あまり話題になるようなラーメン屋のないペニンスラ界隈(San Mateo County)。
そんな中、一筋の光明だったラーメンはちは突然に閉店してしまったし、やはりこの地は不毛な大地だったのか!と絶望のどん底で打ちひしがれていた人も多かったでしょう。が、朗報!なんと驚きのニュースが飛び込んで参りました。

Santa ClaraとSan Franciscoに店を構える俺ん家ラーメンが、なんとRedwood Cityにも来年1月に店を開けるのだそうです。

情報源はお店のオーナーさんのFacebook。場所などの詳細は記載されていませんが、「Redwood Cityのダウンタウンに1月」とのこと。これは楽しみです!



個人的に、Redwood Cityって意外と買いじゃないかと思うんですよね。

かつては閑古鳥の鳴くダウンタウンでしたが、映画館がダウンタウンに移ってからは賑わいを取り戻し、昨今のITブームで様々な企業がRedwood Cityのダウンタウンにオフィスを構えてます。そして、Redwood City界隈には住宅が驚くような勢いでバンバン建設されています。ますます人が集まること間違いなし。それに比べると、まだダウンタウンのお店は、席数の多い店が多い気がしますが、あまり客が多く入っている様子がありません。お洒落なお店もありますし、実力を備えた店がRedwood Cityのダウンタウンに進出するのは勝算アリかと(そういう意味では、既に店を出したKemuriは良い判断をしたと思うものの…そんなに賑わってないような。応援してます!)

San Mateo CountyのCapitalでもあるRedwood Cityだけに、賑やかになってもらいたいものです。

6月末に左膝の前十字靱帯再建手術をしてから早くも4か月が経ちました。
膝の腫れは引き、多少突っ張る感じは残りますが、正座できるまでに膝が曲がるようになりました。

日常生活には全く支障はありません。今でも隔週でフィジカルセラピーに通っており、太ももの筋肉(大腿筋)と、お尻の筋肉(大臀筋)を鍛える運動を習っています。

生活には支障はないものの、左膝に全く問題がないかと言えばウソになります。現在は次のような状況です。

  • 左足に重心をかけて、膝を曲げていくとある範囲の角度で左膝に多少の痛みを感じる。そのままスクワットするようにもっと曲げると、痛みは無くなる。
  • 日常生活では一段の段差がある程度大きな階段を下る際に痛みを感じることがある。
  • セラピストも執刀医も、この痛みは左足の筋肉を鍛えることで無くなると言っているので、その言葉を信じてジムに通うことにする。
  • とっさに体を動かすと、左膝が緩んでいることを感じることがある。とっさの動きは禁物と医師から言われているのだが、日常生活ではどうしてもそういう動きをせざると得ないことがある(子供が転びそうになったので手を伸ばすとか)。
  • どう説明して良いか分からないので、膝が緩むと書いたが、膝を曲げ伸ばしする際に本来ならぶつからないはずの部位どおしが接触しているようなそんな感触とでも言いましょうか。そういうことが起きても、膝を曲げ伸ばしすればすぐに元通りになるので基本問題はないのだが、一度だけ、膝に違和感があるときに体重をかけてしまい強い痛みを覚えたことがある(その後、しばらく安静にしていたらもとに戻った)。
  • セラピストからはスクワットやレッグプレスをするように指示されているが、最近になって、加えて軽くジャンプする運動もはじまった(反復横跳びのような運動もはじめた)。
  • セラピストと医師からは、スキーができるのは来年の冬で今シーズンは見送るように言われている(ゴルフもダメ)。山歩き(トレッキング)はもう開始しても良いとのこと。



毎日、左足一本でスクワットするように言われているのだけれど、なかなか続きません…

このページのトップヘ