wopenerこれなんだか分かります?
日本にいるときは、同じ目的でこれじゃない形のものを使っていました。日本ではこのカタチのモノは見たことなかったけど、きっと探せば日本にもあるんだろうな。

取っ手に2本の細長い先のとがったナイフのような金属板がついています。この2本の金属板は長さが違っていて、どちらもやや外側に向かって沿っています。

金属板がむき出しだと危ないから、ケースがついています(下側にあるのはケースです)。


ヒントは… お酒を飲む人が利用するものです。
回答です。実際使ってみますね。

wopener1まず、長い方をコルクと瓶の隙間に押し込みます。そのまま押し込んで短い方もコルクと瓶の隙間に押し込みます。






wopener2両方ともコルクと瓶の間に押し込んだら、左右に振るようにしながらそのまま金属板すべてを入れ込みます。






wopener3根元まで入ったら、グルグルまわしながら引き抜くとコルクが綺麗に取れます。







という訳で、正解はワインオープナーでした。
これ日本でもフツウに普及しているんでしょうか?


安くて美味しいワインが手頃に入手できるので、アメリカに来てからワインの消費量が増えました。当初は日本にいたとき同様にらせん状のワインオープナーを使ってましたが、ワインによっては(特に安ワイン)コルクを壊してしまうことが度々。これ、コルクのせいだと思うんですが…。友達から聞いてこのワインオープナーに変えてからはコルク抜きに失敗することがなくなりました。

という訳で、今、昨日空けたRieslingを飲んでます。Riesling、最近のお気に入りです。フルーティで飲みやすくておいちい♪