子供がアメリカのプリスクールや学校に入って驚いたことの一つに、Lice(シラミ)の報告がありまして。

どうやら、アメリカのプリスクールや学校では、シラミ等の寄生虫が見つかると、全生徒に「シラミが出ました〜、あなたのお子さんも感染しているかもしれませんから注意してね」といった案内がE-MAIL等で送られます。

はじめてこれを目にしたときは、ゲゲッ!? 今の時代にシラミなんてまだいるのかよっ! 戦後にDDTをまき散らして撲滅したんじゃないの?

なんて驚いたのですが、なんか毎年毎年この案内が出てくると、もう麻痺してきて、嗚呼、またシラミね〜くらいな感じになってしまいました。

でも、実際、シラミが頭髪に住み着くと、その除去は極めて大変なようです(とあるブログにて、お子さんのシラミ除去が如何に大変だったかつづってありました)。

その点、僕の場合は心配なさそう。だって、もう住み着けるだけの髪が…(涙