昨日の日曜日がサンフランシスコジャイアンツの最終試合でした。今年は全然振るわずで、64勝98敗でリーグ最下位でシーズン終了でした。

その前の土曜日、球場に足を運んで試合を見てきました。
AT&Tパークの外野席にあるコカ・コーラのオブジェは中が滑り台になっており、子供たちが遊べます。消化試合だったので、チケットの値段も安かったため、その滑り台に近い席を取って、子供たちが頻繁に滑り台で遊べるように配慮した試合観戦でした。

ところで、以前に友人からお勧めされて車を停めたことのあるTownsend Stのパブリックパーキングに停めようとしたら、すでに満車。その向かいのパブリックパーキングはまだ空きがあったので、ではそちらに…と思ったところで、飛び込んできたパーキング料金$60との表示に、反射的にハンドルを切ってしまいました。

さすがに2時間ちょい程度の試合(チケットは$11程度だったと記憶)なのに、駐車料金 $60はないだろう!と憤慨するものの、とは言え、停めるところはあるのだろうか。

うーん、どうしよう…とTownsend St.をもう1ブロック先に走らせたところに、なんと2時間無料のストリートパーキングが空いているのを発見!幸運にもそこに停めることができました。


しかし、駐車料金高すぎません!?
なにもが高いサンフランシスコだから、それでも需要があるのでしょうね。ちなみに、AT&Tパークのホームページに記載のあるパーキング料金は$30 - $38 でした。それでも高いけど、$60って…

駐車したのが1時半で、試合は2時間経っても終わりそうになかったので、僕ひとりで先に車に戻ったところ、隣の車がちょうど出たので、ひとつ隣のロットに移しました。

しかし、駐車違反切符を切られている車があったのだけど、チョークでタイヤに時間をマークしてあるような跡はどこにもありません。昨今の駐車時間オーバーってどうやってチェックしているのでしょう?