ちょっと前のことですが、とある社内メーリングリストに、12月3日(日)の夕方4時ちょい過ぎが大潮のピークで、潮位がすごく下がる(確かマイナス1フィート)とのお知らせがありました。そのメールの目的は、週末の明るい時間帯に大潮になることは稀なので、このチャンスにHalf Moon Bayの潮溜まりに行けば、海洋生物が観察できるよ!というものでした。

できれば僕もHalf Moon Bayまで足を運びたかったのですが、所用のため実現せず。ならば、せめてFoster Cityの湾の様子でも見てみようと、子供たちを連れて足を運んでみました。

Foster Cityのビーチの岩の下には小さなカニがいて、時折、ぴろ子とカニ探しに遊びにいっているのですが、自分の知る限り、潮位はいつも同じような感じに見受けられました。が、この日は違いました。

1-DSC_5039



1-DSC_5038


普段なら足元まで水が来ているのに、この日は、はるか沖合いまで干潟が続いていました。こんな景色ははじめてです。

これなら簡単にカニが見つけれると思いきや、残念ながら見つけることは出来ず。残念。