かみさんと子供たちが帰ってくる前日、せっかくなので一人でいるうちにしか出来ないことをしなくちゃ!と思い立ち、アメリカで一番新しい国立公園、Pinnaclesにてトレッキングしてきました。靭帯手術したあとに通っているリハビリでも、トレッキングするように言われていたのでちょうどよい機会かなーと。

PinnaclesがあるのはGilroyの南南東方向。
公園内には東西それぞれに入口がありますが、両者は車道ではつながっていません(トレイルを歩けば反対側に行けるが、車で通り抜けはできない)。この日は東のビジターセンターから入って、トレイルヘッドとなるBear Gulch Day Use Areaを目指します。



Pinnaclesには数年前キャンプに友人家族らと行ったのだけれど、キャンプして帰ってきただけ。なので、その時は、高い入園料払ったのに、国立公園に行った〜という実感は全くありませんでした。

この日はせっかくだから、朝5時とか早くに出て公園を満喫するぞ!と思ったのに、結局家を出たのは午前8時でした。

Gillroyを過ぎて、25号線に入ると、あたりはのどかな牧草地帯です。
1-DSC_5184



途中、Hollisterの街が最後の大きな街です。スタバやマクドナルド、セーフウェーにウォルマートもあります。マクドナルドで朝飯を食べましたが、ビジターセンターには午前10時には到着。ベイエリアから極めて近いです。ビジターセンターで入園料を払い、トレイルヘッドのBear Gulchまで車で移動します。トップシーズンにはBear Gulchのパーキングが満車になるためビジターセンターからシャトルバスに乗り換えてBear Gulchまで移動することになるそうですが、この日のこの時間帯はそこまで混雑していませんでした。ただ、午後にはシャトル待ちの列をところどころで見たので、もうちょっと遅かったらシャトルを使ってねと言われたのかも。


装備を整えて、いざ、Bear Gulchから山歩き開始です。膝をかばうために、トレッキング用のストックも用意していましたが、結局、ストックを使うことはありませんでした(歩きやすいトレイルだった)。

この日のルートは次のとおりです。
Bear GulchからCondor Gulchトレイルを経て、Pinnaclesのハイライトと思われるごつごつした岩山の稜線を行くHigh Peaksトレイルを歩き、人造湖を経て、真っ暗闇のBear Gulchケイブを通り抜けて、出発地点のBear Gulch Dai Use Areへと戻ります。

HighPeaks-Detail


トレイルヘッドから稜線を見たところ。稜線はごつごつした奇岩が連なって、戸隠山か妙義山といった感じでしょうか。園内の標高は高くなく、最高峰でも1000m程度です。今回、歩いたHigh Peaksトレイルも最高地点は標高800m程度。トレイルヘッドが384m程度なので、標高差は400m程度とそれほど厳しい登山ではありません。この日は霧があって、歩き始めたときは山頂部分は霧に隠れていました。

1-DSC_5119


最初に歩き出したCondor Gulchのトレイルは良く手入れされて歩きやすい道でした。
今回は低山とあって、トレイルはほぼ土面。斜度も均一で、歩きやすい緩い登りが続きます。ヨセミテの健脚向きトレイルを歩くと、岩がごろごろしていて足元が若干不安定だったり、トレイルを見失うようなこともありますが、そんなことは皆無でした。トレイルの分岐では案内板も十分に設置されていました。

1-DSC_5121


歩き始めこそ林の中でしたが、ほどなくして稜線に抜けると視界が開けます。

1-DSC_5129


1-DSC_5132


High Peaksへの分岐です。High Peaksは急斜面で狭いと書かれていますが、ここまでの歩きやすさを思うと想像できません。
1-DSC_5136


分岐を過ぎたあとも、これといってトレイルは普通。なんだよー、大したことないじゃんと思いきや、ほどなくして、あ、なるほどね〜ってなことになりました。ここからいよいよ核心部分。稜線の大岩を登ります。ちょっと見難いですが、岩に階段が刻まれていて、手すりを伝って岩を登ります。刻まれたステップはそれほど奥行がないので、足の前半分程度しか入りません。一段一段慎重に登ります。

1-DSC_5145


オーバーハングしている岩の下を体を小さくして進みます。立つと肩が岩にぶつかってしまうので、中腰で歩きます。大きなバッグパックを背負っていたら歩けないかもです(小さな公園なので、そんな人いないと思われるが)。

1-DSC_5147


左手は切れ落ちているので慎重に。高所恐怖症の人には厳しいかも。
1-DSC_5148


1-DSC_5157


稜線上は巨岩がごろごろ並んでいます。向かいの岩山に人がいるの見えます?
1-DSC_5161


拡大
1-DSC_5160


更に拡大
1-DSC_5159


このHigh Peaksの狭くて高度感たっぷりな区間はそれほど長くなくてちょっと残念。物足りなさが残ります。途中、わき道があって大岩の上に立てたりもしました。また、親切にも、この稜線上にトイレがあったりします。すごいな。

この公園は、ロッククライマーも見られるよ〜とのことでしたが、いました、いました。
1-DSC_5164


拡大
1-DSC_5163



そして、山を下りると突然に小さな湖が現れました。人造湖だそうです。
1-DSC_5165


なんでこんなところに湖つくったんでしょうね。それもこんなに小さいのを。

で、この人造湖から車を停めたBear Gulchへのトレイルが、Pinnaclesでも屈指の人気のケイブを進むトレイルです。

人造湖のダム直下の狭い階段を降りていきます。さすが人気トレイルとあって行列です。子供も大勢いました。
1-DSC_5166


そして、岩と岩の隙間を降りていきます。
1-DSC_5167


1-DSC_5169


ケイブの中は真っ暗でヘッドライトか懐中電灯は必須です。
1-DSC_5172


明かりがないと何も見えないほどの真っ暗闇もあったんですが、カメラには何も映りません。なので、少し日が差し込むところの様子を。ナイトモードで撮影していますので、実際には写真で見るよりも暗いです。
1-DSC_5174


実は、この公園のケイブと呼ばれているトンネル、いわゆる鍾乳洞のようなものではなく、どうやら崩れ落ちた岩が積み重なって出来たトンネルだそうです。Pinnaclesにはこういったケイブが2箇所あるそうです。

ケイブ内にはコウモリが住み着いていて、繁殖期にはケイブは閉鎖されてしまいます。なので、ケイブに行ってみたい!という方はPinnaclesのサイトにあるケイブの状況を確認してみてください。

サイトを見ると、Bear Gulch CaveにはUpperとLowerの2つがありますが、この両者はビジターセンターでもらえる地図には記載されてません(Bear Gulch Caveとのみ記載されている)。実際歩いてみて分かったのですが、このBear Gulch CaveにUpperとLowerの2区間があり、僕が行ったときはUpperは閉鎖されていたのですが、Upperの区間は極めて短いようです。なので、Lowerだけ歩ければ、Bear Gulch Caveの9割は歩いたことになるようです(と、レンジャーが言っていた)。

Bear Gulch Day Use Areaから、人造湖までの2マイルが、ケイブのあるトレイルで、このトレイルは多くの人が歩いていました。子供連れも多く、小さなお子さんでも探検気分が味わえる楽しいトレイルだと思います。時季外れの週末でもこれだけ人が多かったことを考えると、夏休み期間中はものすごい人がやってくるのでしょうね。ケイブ内は狭い階段なためすれ違うのが大変かも。

一方のHigh Peaksトレイルは、この日、ほとんどハイカーに出会うことなく、静かな山歩きを楽しめました。こちらは小さな子供には厳しいかな。


今回のトレッキング、10時半に歩き出して2時に車に戻れたので、所要時間は3時間半程度。手術した膝に負担をかけないようにゆっくりと歩き、途中、ランチ休憩も入れたのですが、気軽に楽しめるトレイルでした。

また、この公園もFoster Cityから2時間かからずに行けたので、朝8時に家を出て、トレッキングを楽しんで帰宅しても、夕方5時には自宅到着できるという手ごろさも嬉しいかもです。

ただ、同じ国立公園でも、ヨセミテやグランドキャニオンにあるような圧倒的迫力みたいなのは皆無でした。正直、ここを国立公園にする価値って本当にあったのかな?と思ってしまっています(僕が無知な故そう思うのでしょうが)。

Pinnacles National Park