ぴろ太郎が通うファミリーデイケアに、数か月前から日本人の男の子N君が通うようになりました。

夕方のピックアップの時間に、N君の親御さんと何度か顔を合わせるようになったので、挨拶から始まっていろいろと会話するようになりました。N君は、ぴろ太郎と同い年で、誕生日も非常に近いことが分かりました。

そして、昨日、N君のお母さんがお迎えに来ていたので、ちょっとお話ししました。

そのお母さん、お仕事されている様子だったので、どんなお仕事されているのかお伺いして、僕の勤務先をお伝えしたところ驚きの事実が判明

実は、その方、アメリカ渡米前は、僕が現在勤務している会社の日本法人に勤務されていたそうです。僕も、以前はその日本法人に勤務していました。なので、現在もその日本法人に勤める僕の同期を知っていることが分かりました。

世界は狭いと感じた瞬間でした。